« 店情報: 洋食「大吉(だいきち)」(浅草橋) | トップページ | ゲソワサをわたタレで … 立呑み「やきや」(荻窪) »

名物!岩中ロースカツ … 洋食「大吉(だいきち)」(浅草橋)

岩中ロースカツ


 高校の後輩、会社の後輩のO川さんが異動になるというので、浅草橋の老舗洋食店「大吉」で壮行会である。

 お店を選んでくれたのは、以前、神田の老舗洋食店、ビストロ「樽や」もご紹介いただいたT内さん。ブラジルでもご一緒させていただいていた、会社の先輩です。

 まずは「サッポロ生ビール(中)」(480円)をもらって乾杯し、つまみには「じゃこの和風サラダ」(540円)、「岩中豚フランクソーセージ2本」(680円)、「オムレツ」(650円)を注文した。

 創業昭和45(1970)年というこの店は、お値段もまたリーズナブル。

 そのせいか、地元の人たちからも愛されているようで、店内にも我われのようなサラリーマンのみならず、「ちょっと晩ごはんを食べに来ました」みたいな感じの、普段着の人たちも多い。

 だからといって、大衆食堂ほどはくだけてない、ちょっとお洒落な雰囲気が、とってもいいバランスです。ハレとケの、ちょうど中間に存在しているような感じかなあ。

 その雰囲気ゆえに、我われのような一見客でも、あっというまにくつろいだ気分になることができる。

 乾杯の生ビールに続いては、「ウイスキー角」をボトル(2,500円)でもらい、つまみには「フライドポテト」(350円)と、『大吉自慢の!人気メニュー』と書かれた「岩中のロースカツ320g」(2,000円)を注文した。

 この「岩中豚(いわちゅうぶた)」というブランドは、昭和39年に設立された 岩手中央畜産株式会社の略称から来ているそうだ。

 店内のメニューにも、『宮中献上のロース肉です』、『宮内庁より礼状が届いたほどの逸品』、『芝浦市場でも簡単には手に入りません』などと書かれている。

 期待に胸を膨らませながら待っていたら、出てきたロースカツが美味しいこと!

 最後は洋食屋の定番、「ナポリタン」(900円)で締めて、たっぷりと4時間ほどの楽しい壮行会となりました。

 お勘定は3人で10,970円(ひとり当たり3,660円ほど)でした。どうもごちそうさま。

【浅草橋駅から「大吉」に向かう道すがら】
Img_2439b Img_2440b Img_2441b
「西口やきとん やや東口店」 / 酒造「住吉」 / 大衆肉酒場「日本焼肉党」浅草橋店

Img_2442b Img_2444b Img_2457a
「ぶたいちろう」 / 酒寮「むつみ屋」 / そして洋食「大吉」に到着

【洋食「大吉」の店内にて】
Img_2482a Img_2480a Img_2483a
サッポロ生ビール(中) / じゃこの和風サラダ / 岩中豚フランクソーセージ2本

Img_2486a Img_2487a Img_2488a
オムレツ / ウイスキー角 / フライドポテト

Img_2491a Img_2493a Img_2494a
メニュー:岩中のロースカツ / ナポリタン / 本日のメンバー

店情報

《平成29(2017)年7月7日(金)の記録》

|

« 店情報: 洋食「大吉(だいきち)」(浅草橋) | トップページ | ゲソワサをわたタレで … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66330848

この記事へのトラックバック一覧です: 名物!岩中ロースカツ … 洋食「大吉(だいきち)」(浅草橋):

« 店情報: 洋食「大吉(だいきち)」(浅草橋) | トップページ | ゲソワサをわたタレで … 立呑み「やきや」(荻窪) »