« 定番になってきた品々 … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | 二次会は新年2度めの … 「ふみ屋」(阿佐ヶ谷) »

今年も川名に集まって … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

松竹梅 祝彩


 1月3日、水曜日。「川名」の新年初営業日である。

 開店時刻の午後4時に「川名」に到着すると、店内には開店を待ちわびていた常連客たちがたくさん集まって、それぞれ互いに新年のあいさつを交わしている。

 そんななか、我われも8人で、奥の座敷席での新年会だ。

 午後4時10分には店は満席となり、せっかく来たのに残念ながら入れないお客さんも出始めた。

 まずは大瓶ビール(519円)をもらって乾杯すると、「ひとまず、これでも摘まんでおいてください」と、店主がフルーツの盛り合わせと、年始の振る舞い酒として、純金箔入りの「松竹梅 祝彩」を出してくれた。

 開店と同時に、一気に満員となるお客さんが入ったもんだから、二人で切り盛りしている店主ご夫妻は、年頭からてんてこ舞いである。

 お店を手伝ってくれるアルバイトも募集しているようなんだけど、なかなか店員さんが来てくれないようで、従来よりもメニュー数を減らした経営が続いているのだ。

 ひとしきりビールを飲んだところで、飲みものを生グレープフルーツサワー(411円)に切り替えて、つまみを注文する。

 「ニラ豆腐」(238円)は、冷奴に胡麻油と塩で漬け込んだニラを、胡麻油ごとトッピングした一品。ドンと大きい豆腐が出されるので、ひとりで来たときにこれを注文すると、けっこう長持ちするつまみとなる。

 「山芋納豆」(324円)。納豆の上に、千切りよりは少し太めの棒状にカットした山芋をのせ、さらに白髪ネギをトッピング。これに醤油をかけて、グリグリとかき混ぜていただく。山芋のトロトロと、納豆のネバネバとが組み合わさって、おもしろい食感ができあがる。日本酒に合うね!

 「玉子たくあん焼」(411円)は、「川名」の名物メニューのひとつ。千切りにしたタクアンを、生卵に混ぜ込んで、フライパンで丸く平らに焼き上げる。ただそれだけの料理なんだけど、焼き玉子の中の、タクアンの食感と塩っけがいいのだ。

 玉子焼きメニューは、ほかにも、トマト玉子焼、玉ねぎ玉子焼、キムチ玉子焼、ニラ玉子焼、キャベツ玉子焼などがあって、いずれも411円だ。

 お正月の定番メニューが「ローストビーフ」(346円)。毎年メニューに登場し、毎年注文している。こんなに安い値段で、たっぷりと出してくれるのが「川名」なんですねえ。お正月のサービス品なのだ。ありがとうございます。

 「とちお油揚焼」(270円)。これもホワイトボードメニュー(≒日替りメニュー)なんだけど、「ニラ豆腐」と並んで、このところの定番メニューになっている。ホワイトボード左側の一番下が「とちお油揚焼」で、下から二番目が「ニラ豆腐」。これが定位置になりつつある。

 わかりやすいネーミングの「山芋ねぎチーズ」(346円)。細長く刻んだ山芋に、ふと目にカットした白髪ネギをのせるところまでは、「山芋納豆」の、納豆の上にのってる部分とほぼ同じような組み合わせ。これにさらにチーズをトッピングして温めると、「山芋ねぎチーズ」になる。女性に人気が高い一品だ。

 「昆布しめさば」(432円)。シメサバの皮側の表面が昆布でおおわれている。これを昆布ごと刺身状にスライスして出してくれる。これもまた日本酒にとてもよく合う一品なのだ。

 「マーボ豆腐」(519円)。この店には、メニューに書かれた字面から想像する料理と異なる料理があるの面白い。「マーボ豆腐」もそんな一品。中華料理屋で食べる麻婆豆腐とは『まるで違う!』と言っていい料理が出てきます。でも美味しい。

 2時間半近く楽しんで、今日のお勘定は8人で16,755円(ひとり2,100円弱)でした。どうもごちそうさま。今年もよろしくお願いします。

Img_6097a Img_6100a Img_6108a
フルーツ盛り合わせ / ニラ豆腐 / 生グレープフルーツサワー

Img_6102a Img_6104a Img_6105a
山芋納豆(混ぜる前) / 山芋納豆(混ぜた後) /玉子たくあん焼

Img_6109a Img_6112a Img_6113a
ローストビーフ / とちお油揚焼 / 山芋ねぎチーズ

Img_6114a Img_6116a Img_6117a
昆布しめさば / マーボ豆腐 / 本日のメンバー

店情報前回

《平成30(2018)年1月3日(水)の記録》

|

« 定番になってきた品々 … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | 二次会は新年2度めの … 「ふみ屋」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66278578

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も川名に集まって … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷):

» にっきーさんと新年会 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 お仕事の都合で、1月3日の「川名」での新年会に参加することができなかった、北海道に単身赴任中のにっきーさん。この週末に東京に帰ってこられたので、改めて「よじかわ」(=開店時刻の午後4時に「川名」で飲むこと)での新年会である。  「川名」の席には、それぞれ呼び名があって、店の奥に向かって左手にあるカウンター席が、入口に近いほうから1番、2番、……と進み7番まで。  右手の4人掛けのテーブル席3卓が... [続きを読む]

受信: 2018.01.18 22:26

« 定番になってきた品々 … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | 二次会は新年2度めの … 「ふみ屋」(阿佐ヶ谷) »