« 〔コラム〕これぞ呑兵衛向け弁当 … みよしの「下津井旅情」(岡山) | トップページ | 久々のグリルドサンド … パブ「ブリック(BRICK)」(中野) »

いか大根終わりました … 立呑み「やきや」(荻窪)

げそ揚げ(たれかけ)


 先週は出張で「やきや」に来ることができず、先々週以来、12日ぶりの訪問となった。

「あら、久しぶりですねえ(笑)」

 と女将さんから声をかけてもらったりしながら、かろうじて空いていた店の奥のほうに立ち、まずはいつものようにホッピー(320円)を注文した。

 さて、つまみ。まだまだ寒い日が続いているので、今日も「いか大根」(250円)から行こうかな、と思って念のため壁のメニューを確認すると、なんと! 「いか大根」の上に、白いシールが貼られているではないか!

「いか大根、終わったの?」

 と、カイト君(男性店員さん)に確認してみると、

「そうなんですよ。先週で終わりました。いい大根が入らないんですよね」

 という答えが返ってきた。

 あららぁ~。それは仕方がない。前回(先々週)いただいた「いか大根」が、今季最後の「いか大根」となりましたか。

 次に食べることができるのは、今年の11月末。9ヶ月ほど先のことである。

 それじゃあと戦略を立て直して、イカの全部位を、それぞれ異なる調理法でいただくことにする。

 この店のメニューに載っているイカ料理は、「いか刺身」、「いかみみ刺身」、「いかみみ焼」、「いかげそ焼」、「げそ揚げ」、「げそわさ」、「いかなんこつ焼」、「珍味わたあえ」、「自家製塩辛」、「いか納豆」、「いか大根」の11品。いか大根を除いて、すべて200円均一だ。

 これらのうち、終了した「いか大根」と、ちょっと特殊な「いか納豆」以外を、部位別、調理法別に整理したのが下の表だ。

 刺身焼き揚げ珍味
いかみみ刺身いかみみ焼
いか刺身自家製塩辛
いかなんこつ焼
げそわさいかげそ焼げそ揚げ珍味わたあえ

 イカの全部位を、それぞれ異なる調理法でいただこうとすると、頭は「いかなんこつ焼」しかなくて、揚げ物は「げそ揚げ」しかないので、この両者がまず確定する。

 この二つが決まると、あとは自動的に、耳は「いかみみ刺身」、身は「自家製塩辛」ということになる。

 よしっ。今夜はこの流れで行こう。

 この4品の中で、まっ先に売り切れそうなのが「いかみみ刺身」だから、まずはこれから。ワサビの代わりに、おろし生姜でいただいた。

 この「いかみみ刺身」を食べている途中で、「珍味わたあえ」が売り切れた。

 そこで、ナカ(160円)をもらうと同時に、今度は「げそ揚げ」を『たれかけ』で注文した。

 『たれかけ』というのは、「げそ揚げ」に、「珍味わたあえ」が入っていた器に残っている『たれ(=味付きのイカワタ)』をかけてもらうこと。「珍味わたあえ」が売り切れたあとじゃないと、『たれかけ』のオプションをお願いすることはできないのだ。

 さらにナカをもらって、「いかなんこつ焼」。

 最後、4杯めとなるナカを、「自家製塩辛」で締めくくった。

 残念ながら、「いか大根」は終了していたけれど、おかげで「やきや」のイカ料理フルコースを堪能することができた。

 1時間半ほどの立ち飲みタイム。ホッピー4杯とイカ料理4品で、今夜のお勘定は1,600円でした。どうもごちそうさま。

Img_6923a Img_6912a Img_6918a
立呑み「やきや」 / ホッピー / 壁のメニュー

Img_6914a Img_6920a Img_6922a
いかみみ刺身 / いかなんこつ焼 / 自家製塩辛

店情報前回

《平成30(2018)年2月20日(火)の記録》

|

« 〔コラム〕これぞ呑兵衛向け弁当 … みよしの「下津井旅情」(岡山) | トップページ | 久々のグリルドサンド … パブ「ブリック(BRICK)」(中野) »

コメント

今回の部位別調理法別整理表、なんか、宇ち多”の紹介のページっぽくて好い感じですね。よく分りました。

投稿: でじょん | 2018.02.24 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66422715

この記事へのトラックバック一覧です: いか大根終わりました … 立呑み「やきや」(荻窪):

» ワタでいただくミミ刺 …立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 火曜日の今日、「やきや」にやって来たのは午後6時20分。  せっかく早い時間に来ることができたので、今日は早めに売り切れてしまう料理から注文することにした。  すべてのつまみの中で、まっ先に売り切れるのが「珍味わたあえ」(200円)だ。  いつものようにホッピー(セット320円)をもらって、まずはその「珍味わたあえ」からスタートする。  この店で、イカワタを使った珍味系のつまみは、この「珍味わた... [続きを読む]

受信: 2018.03.04 11:14

« 〔コラム〕これぞ呑兵衛向け弁当 … みよしの「下津井旅情」(岡山) | トップページ | 久々のグリルドサンド … パブ「ブリック(BRICK)」(中野) »