« 店の造りは四の字の形 … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | 遅く起きた日の朝食は … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) »

恒例のNMBE新年会 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽)

NMBE新年会


 毎年恒例のNMBE新年会。今年も幹事団のみなさんのご尽力で、盛大に開催されました。

 鯉とうなぎの「まるます家」総本店の2階座敷を借り切って、集まったメンバーは約30人。

 いずれ劣らぬ呑兵衛(NMBE)業界(?)のツワモノぞろいである。

 このツワモノたちと、大いに飲み、語ることができるのが、この新年会の最大の魅力なんだけど、実はもうひとつ良いことがある。

 なにしろ人数が多いので、「まるます家」の名物料理を、ほぼすべて口にすることができるのである!

 ひとり二人でやって来ると、ほんの数品でお腹がいっぱいになってしまうので、「まるます家」名物のあれこれの料理を食べることはできないのだ。

 幹事が事前に、「まるます家」の名物中の名物とも言える、「スッポン鍋」、「なまずから揚」、「たぬき豆腐」、「うなぎカブト焼」、「里いもから揚」、「うなぎ蒲焼」を注文してくれていて、『あとはその場で好きなものを注文しやがれ!』という、なんとも太っ腹な新年会だ。

 実はこれらの品々の他に、「バラミポンズ和え」と「うなぎ肝焼」も注文してくれていたそうなのだが、残念ながらこれらはなかった。どちらもメニューにも載っていないので、なくなったのかも。(←未確認です。)

 それでは、これらの料理と、追加で注文した料理について、ざっくりとご紹介いたします。

 その前に、まず飲みもの。ほとんどのメンバーは「ジャン酎」(お徳用ジャンボチューハイボトル1L、1,100円)に、「モヒート」(生ライム&ミント、100円)を入れて飲み始めた。

 すぐに登場したのが「なまずから揚」(4個600円)だ。まったくと言っていいほどクセがない白身の唐揚げを、紅葉おろしを投入したポン酢醤油でいただく。

 「里いもから揚」(5個350円)は、長方形の皿に、まん丸の里芋がコロコロっとのって出される。これに「雪塩ゆきしお」という、宮古島の塩をかけて食べるのが定番の食べ方だ。

 ここで、2階の座敷席でしか注文することができない「スッポン鍋」の大鍋(3~5人前、4,000円)が、各テーブルに置かれたコンロにセットされ、着火。できあがりが楽しみだ。

 ちなみに1階でも注文できる1人前の「スッポン鍋」は、850円である。こんな安いスッポン鍋、見たことないよね!

 「うなぎカブト焼」(2本300円)は、1串にうなぎの頭が5個。つまり5尾分である。骨ごとの頭なんだけど、骨まで軟らかく仕上がっているのが素晴らしい。ホロリとほぐれる骨こそうまい逸品なのだ。

「カニみそ(冷凍)」(400円)は、同じテーブルで燗酒をやっているテラシィイさんが追加注文した一品。この「カニみそ」は、冷凍されているからこそ美味い。この冷凍が口の中で溶けていくにつれて、カニみその旨みが、舌の上にジュワァ~ンと広がっていくのだ。燗酒には最高のつまみだね!

 さぁ、スッポン鍋もできあがった。スッポンそのものも、もちろん美味いが、スッポンの出汁がよくでたスープが美味い。

 「鯉生刺なまさし」(600円)も、追加注文の品。添えられている、おろしニンニク、おろしショウガを醤油に溶いて、ツルっといただく。

 この店に来ると、私は「鯉あらい」(400円)をいただくことが多いんだけれど、この「鯉生刺」のほうが、鯉の旨みを強く感じることができる。これもいいね。

 そして定番中の定番、「たぬき豆腐」(500円)だ。きれいに盛りつけて出してくれるのを、グッチャグチャにかき混ぜてしまうのが、悲しくもあり、楽しくもあり。混然一体となったところで、小鉢に取り分けていただくのである。

 ひとりで来ると、この「たぬき豆腐」だけでも、けっこう腹にたまるもんなぁ。

 これまた追加注文の「かきフライ」(3個600円)は、10月から4月までの季節限定品。冬場に人気の一品なのだ。

 ここで、升に入った豆を手にした大女将がやって来て、外に面した窓を開け、「鬼は外! 福は内!」と大きな声で豆まきをしてくれた。今日は節分。これで邪気払いをすることができたね。

 豆まきを終えた福豆は、みんなで分けあって、つまみとしていただいた。

 「げそ天」(350円)は、1階の常連さんたちにも人気の一品。安くてボリュームがあるのがいいのだ。イカと呑兵衛は切り離せない関係なのかもなあ。

 来た来た「メンチかつ」(650円)。メニューには『ママさん手造り』と注記が入っている。「メンチかつ」は、注文してからできあがるまでに時間がかかるので、店に入ったらすぐに注文しておく必要がある。

 さぁそして、この店の看板メニュー、「うなぎ蒲焼」の登場だ。

 去年までは、うなぎの大きさによって、1,800円か2,300円だったが、うなぎの値段がますます上がったらしく、今年からはそれぞれ500円アップの、2,300円と2,800円となった。白焼きにしてもらうこともできる。

 これらがごはんに乗ると、それぞれ「亀重」(2,500円)と「特上重」(3,000円)になる。

 蒲焼+200円で、ごはん、きも吸、お新香が付くから、かなりお得だ。

 スッポン鍋の残り汁は、スッポン雑炊にしてくれる。

 これを小鉢に取り分けて、さらにうなぎ蒲焼ものせて、大ぜいたくに「うなスッポン雑炊」としていただいた。

 追加注文した「お新香」(400円)は、白菜の漬物。

 楽しい新年会も、そろそろ終盤に向かい、「なにか注文し忘れてるものはないかなあ?」と、改めてメニューを確認して追加したのが、「おもち煮おろし」(450円)だ。

 これまた、この店に来たら必ずこれを注文する、という人もいるほどの名物料理のひとつなのだ。

 3時間を超えるほどの時間のなかで、思いつくものはほぼ注文して、ツワモノたちが飲みまくって、出来高払いで割り勘にした今日の会費は、ひとり4千円。この安さが「まるます家」ならではよのぉ。

 最後に、みんなで集合写真を撮って、大満足で店を後にしたのでした。

Img_6593a Img_3945a Img_6595a
「まるます家」 / 若女将にごあいさつ / やっぱりジャン酎モヒート

Img_6601a Img_6602a Img_6603ta
鯉やうなぎのメニュー / 食べものメニュー / 飲みものメニュー

Img_6597a Img_6598a Img_6600a
なまずから揚 / 里いもから揚 / うなぎカブト焼

Img_6606a Img_6607a Img_6609a
カニみそ(冷凍) / スッポン鍋(3~5人前) / 鯉生刺

Img_6610a Img_6612a Img_6613a
たぬき豆腐 / グイグイとかき混ぜていただく / かきフライ

Img_6616a Img_6619a Img_6620a
豆巻きを終えた福豆 / げそ天 / メンチかつ

Img_6621a Img_6625a Img_6628a
うなぎ蒲焼 / スッポン雑炊 / うなぎも載せて大ぜいたく

Img_6629a Img_6631a Img_6632a
お新香 / おもち煮おろし / 小鉢に分けて

Img_6635a Img_3948a Img_6647a
参加されたみなさんの写真。ごく一部の方しかなくて、すみません

店情報倉本康子さんのブログ前回

《平成30(2018)年2月3日(土)の記録》

|

« 店の造りは四の字の形 … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | 遅く起きた日の朝食は … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66378521

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例のNMBE新年会 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽):

« 店の造りは四の字の形 … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | 遅く起きた日の朝食は … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) »