« 〔コラム〕アパートのようなホテルの定食で一杯 | トップページ | 訃報・河本眞寿美さん … 「河本(かわもと)」(木場) »

久しぶり串刺フランク … 立呑み「やきや」(荻窪)

串刺フランク


やきや 東北新幹線で東京駅を経由して、荻窪駅に到着したのは午後8時前。

 いつもよりは遅い時間だけど、ちょっと「やきや」に寄って帰ることにする。

 この時間でも、店内はほぼ満員で、かろうじてカウンターのちょうど真ん中に、ひとり分だけの空間があった。

 さっき入口で、店から出てくるお客さんとすれ違った。ここがまさに、そのお客さんが立っていた場所に違いない。

 さっそくホッピー(320円)をもらって、つまみは「げそ揚げ」(200円)からスタートする。

 この時間帯、「珍味わたあえ」はもう売り切れていたので、器に残っているワタを「げそ揚げ」にかけてもらった。

 「げそ揚げ」は、開店前に揚げ終えて、バットに置かれてスタンバイされているものを、注文を受けてからお皿に盛ってくれるので、出が早いのがいい。

 そしてもちろん、味もいい。

 この店の料理は、1品が170円から270円と安いんだけど、どれを選んでも味にハズレがない。だからこれだけ人気があるのだ。

 ナカ(ホッピーのおかわり焼酎、160円)をもらって、2品めのつまみは「しめさば」(270円)にした。

 この「しめさば」が、この店の最高値の料理である。

 でもこの値段で、半身分のシメサバが出されるんだから、実はすごく安いのだ。厚めに引いて9切れ分ぐらいある。

 ものとしては、八戸(青森県)で昭和27(1952)年に創業した水産加工会社、マルヌシの商品で、できあがったシメサバが袋詰めになっている。

 注文を受けてから、これを刺身状に引いてくれるのだ。

 なにしろイカもシメサバも、日本酒によく合う。

 だからこの店では日本酒を飲んでいるお客さんも多いのだ。

 日本酒の銘柄は「北の誉」(250円)で、燗酒と冷酒が選べる。同じ「北の誉」ブランドのにごり酒「親玉」(270円)もある。

 シメサバでもう1杯、ナカをもらったあと、4杯めとなるナカと同時に、「串刺フランク」(170円)を注文した。

 さっきも書いたとおり、この店の料理はどれを選んでもハズレがないので、あれこれと食べたいところなんだけど、どうしてもイカ料理に集中してしまう。

 今日は立った場所が、たまたま串刺フランク置き場の前だったので、久しぶりに串刺フランクを注文したのだった。

 焼き台の横に、小さい長方形のホットプレートが置かれてるんだけど、そのホットプレートは、この串刺フランクを焼くためだけに用意されているものなのだ。

 串刺フランクは、そのホットプレートの底にたまる油を利用して、揚げ焼きするように仕上げられる。

 あぁ、やっぱりこれも美味いねえ。

 ゆっくりと1時間半近く立ち飲んで、今夜のお勘定は1,440円なり。

 どうもごちそうさま。

Img_6535a Img_6536a Img_6537a
ホッピー / げそ揚げ(たれかけ) / しめさば

店情報前回

《平成30(2018)年1月31日(水)の記録》

|

« 〔コラム〕アパートのようなホテルの定食で一杯 | トップページ | 訃報・河本眞寿美さん … 「河本(かわもと)」(木場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66357600

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶり串刺フランク … 立呑み「やきや」(荻窪):

» 燗酒にはやっぱり塩辛 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 仕事が終わって、有志一同(≒呑み好きなみなさん)と、職場の会議室でウイスキーのロックをグイグイとやったあと、荻窪の「やきや」である。  店に着いたのは午後9時20分。  この時間帯なら空いてるかと思いきや、まだまだほぼ満員。  入口横の、L字カウンターの短辺部分で立ち飲んでいたお客さんが帰るのと入れ替わりに、店内に入ることができた。  蒸留酒はもう飲み足りたので、今夜は燗酒(250円)を注文した... [続きを読む]

受信: 2018.02.16 07:01

« 〔コラム〕アパートのようなホテルの定食で一杯 | トップページ | 訃報・河本眞寿美さん … 「河本(かわもと)」(木場) »