« シロクマ⇒ムートン⇒ … バー「アンカー(BAR ANCHOR)」(呉) | トップページ | 燗酒にはやっぱり塩辛 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

呉の夜を締め括るのは … 屋台「一二三(いちにっさん)」(呉)

屋台「一二三」


 呉の夜を締め括るのは、やっぱり屋台。

 なかでも呉に単身赴任しているときに通いつめたのがここ。昭和51(1976)年創業の「一二三」である。

 創業当時、近くに「ひふみ」という屋台があったため、ここ「一二三」は、「いちにっさん」と読ませるようにしたそうだ。

 でも、今はその「ひふみ」はなくなったので、この屋台のことを「一二三(ひふみ)」と呼んでる人も多い。

「よう来たのぉ。元気なんか?」

 まるで昨日もやって来ていたかのように、ごく自然に笑顔で迎え入れてくれるのは、女将の山口槇子さん(72歳)。

 呉の沖合にある島(大崎上島おおさきかみじま)出身の女将は、今もなお島の言葉が抜けていない。

 そこでは、男女の言葉の差があまりなかったんだそうで、文字で書くと男性の言葉のような感じになるのである。

「焼酎のロックと、おでんはスジと厚揚げをください」

「よっしゃ。おいさん、焼酎のロックじゃ。おでんはスジと厚揚げじゃの」

 注文を受けると「よっしゃ」と応えるのが女将の口ぐせ。

 「おいさん」と呼び掛けているのは、ご主人の俊樹さん(77歳)のこと。女将を手伝って、飲みものやラーメンを作ってくれるのだ。

 元会社員だったご主人は、開業当初は客商売は苦手で、お客さんが来るとスゥ~ッと陰に隠れたりしていたそうだ。

 創業から40年を過ぎた今では、お二人の役割分担も板についている。

 焼酎(400円)は麦焼酎「いいちこ」。飲みものは他に、ビール(キリンラガー中瓶、550円)と酒一級(白牡丹、400円)がある。

 おでんは、きんちゃく(150円)以外は、すべて100円だ。

 店主ご夫妻がご高齢になってからは、毎週、金曜日と土曜日の2夜だけの営業になっていたが、少し前に、麺を茹でる大鍋が倒れて女将が火傷をしたりしたこともあって、しばらく休業していた。

 このまま閉店しちゃったらどうしようと心配したものだが、無事に再開となった。今回、もっとも来たかった酒場なのだ。お二人ともお元気そうで、本当に安心した。

 店内には若いお客さんも多くて、今も相変わらずの大人気店のようだ。

 おでん以外の料理は、ホルモン(750円)、豚足(600円)、豚耳(600円)、メザシ(450円)、ナスビ(350円)、中華そば(ラーメン、500円)の5品。

 なかでも名物なのは、豚足と中華そばの2品。

 しかしながら、足1本分の豚足は、ちょっとボリュームが多過ぎるので、今日は豚耳を注文して、焼酎ロックもおかわりした。

 豚耳は、ゆで冷ました豚の耳を、細くスライスして、塩コショーで味つけしながら、鉄板で炒めたもの。最後に刻みネギも混ぜ込んで仕上げてくれる。焼酎が進む一品だ。

 本当は最後にラーメンで〆たかったんだけど、もうお腹いっぱい。次回のお楽しみに取っておくことにした。

 今夜のお勘定は1,600円。屋台を出たら、もう午前2時でした。

 どうもごちそうさま。お休みなさい。

Img_4670d Img_4660d Img_4662d
屋台「一二三」 / 焼酎ロック / おでん(スジ、厚揚げ)

Img_4663d Img_4664d Img_4666d
屋台のお客さんたち / 豚耳 / 焼酎ロックおかわり

Img_4668d Img_4669d Img_4672d
豚足の下ごしらえをする女将 / 鉄板上の豚足 / まだまだにぎわう午前2時

店情報前回

《平成29(2017)年9月29日(金)の記録》

|

« シロクマ⇒ムートン⇒ … バー「アンカー(BAR ANCHOR)」(呉) | トップページ | 燗酒にはやっぱり塩辛 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66389171

この記事へのトラックバック一覧です: 呉の夜を締め括るのは … 屋台「一二三(いちにっさん)」(呉):

» ここも絶対はずせない … 屋台「一二三(いちにっさん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 「ほらふき」をあとに、今夜の2軒めは、堺川沿い・蔵本通り沿いにずらりと並ぶ屋台の1軒、「一二三」である。  呉に来たら、この屋台も絶対にはずせない。  先輩の寺一さん、田村さんと3人で「一二三」をのぞき込むと、向かって右側のほうに、3人で並んで座れる空席があった。  あぁ、良かった。  もともと人気がある上に、1週間のうち、金曜と土曜の2晩しか営業していないので、その2晩に「一二三」ファンがどっ... [続きを読む]

受信: 2018.06.28 07:00

« シロクマ⇒ムートン⇒ … バー「アンカー(BAR ANCHOR)」(呉) | トップページ | 燗酒にはやっぱり塩辛 … 立呑み「やきや」(荻窪) »