« シロの味噌焼きに歓喜 … もつ焼「丸松(まるまつ)」(東中野) | トップページ | 冬の逸品、松前白菜漬 … 「兵六(ひょうろく)」(神保町) »

日登美にふられてここ … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮)

「日登美」


 もつ焼き「丸松」を出て、東中野駅から北西に延びる東中野銀座商店会を抜け、早稲田通りを渡ると、新井白石や内田百閒、吉良上野介、林芙美子といったみなさん方のお墓があるお寺エリア(中野区上高田)に入る。

 そのまま道成りに進み、左前方に上高田交番がある信号交差点を過ぎたら、右手に現れる古びたビルの1階にあるのが、隠れ家風のバー「日登美」である。

 あれれ?

 外に出ているはずの電灯看板がない。

 まだ午後11時半なのに、どうしちゃったんだろう?

 午前4時までやってるはずなのになぁ。

 店内には灯りがついているようなので、ちょっと覗いてみよう。

 入口扉を開けてみると、お客さんはいなくて、カウンターの一番奥の席で、店主が新聞を読んでいる。

「こんばんは。もう閉店ですか?」と声をかけてみると、

「えぇ、今日はもう終わりました」と店主。

 あぁ、残念。営業時間が変わったのかなぁ。でもまあ、店主がお元気そうなことが分かって良かった良かった。今度はもっと早い時間に来てみよう。

 そのまま、さらに道成りに進んで、西武新宿線・新井薬師前から鷺ノ宮へ。

 ちょうど日付けが変わる頃に、鷺ノ宮の居酒屋「満月」にたどり着いた。

 さっそくいつもの「トマトジュース割り」(350円)をもらって、つまみには、もやしたっぷりの「野菜炒め」(300円)をもらう。

 トマトに野菜炒めなんて、真夜中だけど健康的だ!

 この時間帯でも、そこそこにぎわっているのが「満月」なんだよなぁ。

 鷺ノ宮界隈の呑兵衛たちにとって、『最後のとりで』的な酒場なのだ。

 以前は、ほぼおじさんばっかりで、その中におばさんが一人か二人、混ざってるような状態だったんだけど、今は若者が多くて、女性客も多い。

 まさに隔世の感である。

 さっくりと45分ほど楽しんで、今夜のお勘定は650円なり。

 どうもごちそうさま。お休みなさ~い!

Img_6882c Img_6883c Img_6884c
「満月」 / トマトジュース割り / 野菜炒め

店情報前回

《平成30(2018)年2月16日(金)の記録》

|

« シロの味噌焼きに歓喜 … もつ焼「丸松(まるまつ)」(東中野) | トップページ | 冬の逸品、松前白菜漬 … 「兵六(ひょうろく)」(神保町) »

コメント

こんにちはご無沙汰しています。
鷺ノ宮は1号くんがしばらく住んでいたこともあって、時々通っていました。名物「豆乳割り」の秘訣はコーヒーを少し垂らすとのことでした。。。(笑)

ちなみに、広島立町の立ち呑み屋ではレギュラーメニューとなっています。

投稿: 鍋@単身蒲田 | 2018.02.28 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66432715

この記事へのトラックバック一覧です: 日登美にふられてここ … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮):

» 料理が順々に作られる … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) [居酒屋礼賛]
 いつもは日付が変わるころ、そして記憶もほとんど残っていない頃にやってくる「満月」。  GW連休中の今日は、早い時間帯(午後8時ごろ)にやって来た。  いつもはにぎわう店内も、先客はひとりだけと、とっても静かな状況である。  そしていつもはカウンター上段にずらりと並んでいる大皿料理も、まだ5~6皿しか並んでいない。 「営業しながら、1品ずつ、順番に作っていくんですよ」  以前、二代目のアキラくんに... [続きを読む]

受信: 2018.05.12 07:00

« シロの味噌焼きに歓喜 … もつ焼「丸松(まるまつ)」(東中野) | トップページ | 冬の逸品、松前白菜漬 … 「兵六(ひょうろく)」(神保町) »