« 店情報: 居酒屋「どうでしょう。」(伊予西条) | トップページ | 店情報: 大衆酒舎「美味ぇ津゛(うめづ)」(新橋) »

南予風の鯛めしで〆る … 居酒屋「どうでしょう。」(伊予西条)

俺んちの鯛めし


 出張で愛媛県西条市にやって来た。

 私自身は愛媛県出身ながら、西条に来たのはこれが初めて。

 同行のお二人は、数年間にわたって、何度もこの地に来られてて、すっかり慣れ親しんでいるご様子。

 そんなお二人が、「夕食を食べに行こう」と連れてきてくれたのが、宿泊先のホテルのすぐ近くにある「居酒屋 どうでしょう。」。

 焼き鳥などをつまみにひとしきり飲んだあと、〆にいただいたのが、

 『人気! 店長ご自慢(南予風)俺んちの鯛めし』(560円)

 とメニューに書かれている「鯛めし」だ。

 愛媛には大きく分けると2種類の「鯛めし」がある。

 愛媛県内は、東から順に東予、中予、南予という三つの地域に分けられる。

 ここ西条市や今治市、新居浜市などが東予で、松山市、伊予市などが中予。そして大洲市、八幡浜市、宇和島市などが南予だ。

 東予地方・中予地方での一般的な「鯛めし」は、鯛の炊き込みごはん。

 南予地方の「鯛めし」は、鯛の刺身を、醤油ベースのタレに、生卵、ゴマ、刻みネギなどの薬味を加えたものと混ぜ、熱々のごはんにかけて食べるタイプだ。

 ここ「どうでしょう。」は、東予の地にありながら、南予風の、鯛の刺身がのる「鯛めし」が自慢のようだ。

 中予出身の私は、子供のころから、炊き込みごはんタイプの「鯛めし」に慣れ親しんできたわけだが、この南予風の「鯛めし」もいいねえ!

 東京にも、この南予風(宇和島風)の「鯛めし」を出してくれるお店はあるようなので、今度、ぜひ探してみよう。

Img_3253a Img_3254a Img_3256a
居酒屋「どうでしょう。」 / 焼き鳥などで飲んだあと / 鯛めしで〆る

Img_3257a Img_3258a Img_3259a
タレに浸かった鯛刺身を / よ~くかき混ぜて / ごはんにかけていただく

店情報

《平成29(2017)年10月10日(火)の記録》

|

« 店情報: 居酒屋「どうでしょう。」(伊予西条) | トップページ | 店情報: 大衆酒舎「美味ぇ津゛(うめづ)」(新橋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66557615

この記事へのトラックバック一覧です: 南予風の鯛めしで〆る … 居酒屋「どうでしょう。」(伊予西条):

« 店情報: 居酒屋「どうでしょう。」(伊予西条) | トップページ | 店情報: 大衆酒舎「美味ぇ津゛(うめづ)」(新橋) »