« 卵と玉ねぎのピクルス … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) | トップページ | 焼き台上はシロばかり … やきとん「たつや」(沼袋) »

さばへしこでホッピー … 居酒屋「丸山(まるやま)」(阿佐ヶ谷)

さばへしこ


 居酒屋「丸山」店頭の電灯看板には、表側と裏側に、その日のおすすめメニューが手書きされている。

 わが家へと、トコトコと歩いて帰る道すがら、この電灯看板のメニューに引かれてしまうのである。

 たとえば今夜のメニュー。

 表面(阿佐ヶ谷側)が、生本まぐろ刺690、白子ポン酢550、赤魚開き焼き480、チキンカツ500、イカ丸干し焼き450。

 裏面(鷺ノ宮側)が、天然ぶり刺500、赤イカ刺500、しゅうまい蒸し・揚げ400、スモーク豚レバ500、さばへしこ400。

 とまあ、こんなラインナップ。

 特に裏面の最後の2品。「スモーク豚レバ」と「さばへしこ」に引かれたね!

 吸い寄せられるように店内へと入る。

 ここは地元のグループ客や、ファミリーで来るお客さんが多い店。

 店内のほとんどを占めるテーブル席は、そういうお客さんたちでいっぱいだ。

 入口を入って、すぐ左側には4人が座れる小さなカウンター席があって、ひとりで入った場合は、ここに座ることが多い。

 今夜のカウンター席は、いちばん奥の席に先客が一人。あとはすべて空いていた。

 いちばん手前の席に座り、さっそく「ホッピー」(400円)と「さばへしこ」(400円)を注文すると、すぐにホッピーとお通し(200円)の「もやしナムル」がやってきた。

 ここのホッピーは、生ビールサーバーで注がれる樽ホッピー。レモンスライスが入っているのもポイントで、すっきりと飲みやすい。

 ほとんど待つこともなく、「さばへしこ」も出される。

「大根と一緒に食べてみてください」

 とのこと。

 「さばへしこ」は、サバを塩漬けにして、ぬか漬けにした、若狭地方や丹後半島の郷土料理。言ってみれば、サバの漬物だ。

 添えられている大根は、生の大根を薄くスライスし、さらに半分に切って、半月状にしたもの。

 その上に、へしこを1切れのせて、端っこのほうをポリっとかじる。

 あぁ。サバ漬物の濃厚さがいいね。大根との相性も抜群だ。

 そして、ホッピーをグイッっと!

 ん~~~~っ。うまいっ。

 こりゃ、日本酒だって、焼酎だって、なんだって合うね。

 1杯めのホッピーで、さばへしこをいただいたあと、ホッピーをおかわりして、今度は「スモーク豚レバ」(500円)である。

 なるほどなあ。豚レバの冷製なんだけど、表面が燻蒸されてるので、ふわんと燻製の匂いがする。

 これもいいねえ。

 添えられているレモンスライスとマヨネーズは使ったほうがいい。スモーク豚レバの味わいをより広げてくれる。

 ゆっくりと1時間半ほど飲む間に、すっかり日付けが変わっていた。

 お勘定は1,900円なり。どうもごちそうさま。

Img_7153c Img_7163cImg_7156c
店頭の電灯看板 / 居酒屋「丸山」 / 樽生ホッピー

Img_7158c Img_7160c Img_7161c
もやしナムル(お通し) / ホッピーおかわり / スモーク豚レバ

店情報前回

《平成30(2018)年3月2日(金)の記録》

|

« 卵と玉ねぎのピクルス … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) | トップページ | 焼き台上はシロばかり … やきとん「たつや」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66500693

この記事へのトラックバック一覧です: さばへしこでホッピー … 居酒屋「丸山(まるやま)」(阿佐ヶ谷):

« 卵と玉ねぎのピクルス … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) | トップページ | 焼き台上はシロばかり … やきとん「たつや」(沼袋) »