« カツオ生を塩タタキで … ろばた焼「仙樹(せんじゅ)」(高知) | トップページ | 尾瀬の雪どけ桃にごり … スタンディングルーム「鈴傳(すずでん)」(四ツ谷) »

スープが旨い鳥煮込み … 炭火焼「鳥久(とりきゅう)」(阿佐ヶ谷)

鳥の煮込み


 久しぶりに阿佐ヶ谷の人気焼鳥店「鳥久」にやって来た。

 午後9時過ぎに到着したら、カウンターの奥側に2席分の空きがあって、そこに座ることができた。

 とにかくいつも大人気で、入ることがむずかしいこのお店。9時過ぎでも、まだこんなに混んでるんだなあ。さすがである。

 まずは瓶ビール(サッポロ黒ラベル中瓶、520円、以下すべて税別表記)をもらって、のどを潤すと、今日のお通し(150円)は、もやしポン酢。

 さっそく、「つくね」「れば」「しんぞう」(各120円)を1本ずつ注文すると、

「塩・タレはどうしますか?」

 という確認が入ったので、「しんぞう」だけ塩で、あとはタレで焼いてもらった。

 いつもは「もつ焼き」「やきとん」の店に行くことが多いんだけれど、ここ「鳥久」は本格的な焼鳥屋。メニューに並ぶのは鶏肉や鶏内臓ばかり。

 それ以外には、おひたしや、菜の花の辛子和え、きゅうりみそなどの野菜系の一品料理がある程度。

 2ラウンドめには、壁の短冊メニューにある「鳥の煮込み」(480円)を注文。

 さぁ、どんなタイプの「鳥の煮込み」が出てくるか。

 前回、同じように壁の短冊メニューだった「鳥とうふ」をもらったら、関東ならではの煮奴にやっこ風の「鳥とうふ」が出てきて、これが美味しかったんだ。

 今日はどうかな。楽しみ楽しみ。

 待つことしばし。出てきた「鳥の煮込み」は、鶏皮を根菜類と一緒に煮込んだもので、そのスープはすっきりと透き通るタイプ。

 ほぉ。

煮込みのスープで燗酒 さっそくそのスープをひと口いただくと、すばらしい旨みである。すばらしいスープだ。

 「鳥の煮込み」の具材をつまみに、瓶ビールを飲み干した後、「菊正宗」の燗酒を大徳利(650円)を注文し、残ったスープを肴に燗酒をいただく。

 鶏の内臓と言えば、砂肝も好きなんだけど、この店には串焼きの砂肝はなくて、その代わりに「砂ぎも」(一皿350円)というのがあるので、そちらを注文。

 大ぶりの砂肝が、お皿に盛られて出されるんだけれど、食べにくい硬い筋の部分は上手に処理されていて、すばらしい食感が楽しめる。

 午後10時を回って、焼きものを終えた親父さんが裏手にさがり、焼き台の前には息子さんが立った。

 お腹はもう足りてるんだけれど、せっかくの機会なので、その息子さんに「やき鳥」(120円)を1本焼いてもらって、今夜の〆とした。

 1時間20分ほど楽しんで、今夜のお勘定は2,840円(2,630円+税)でした。どうもごちそうさま。

Img_7096a Img_7097a Img_7098a
「鳥久」 / 入口ののれん / 中瓶ビールとお通し

Img_7104a Img_7106a Img_7108a
しんぞう / つくね(手前)、れば / 鳥の煮込み

Img_7111a Img_7114a Img_7116a
「菊正宗」燗酒(大) / 砂ぎも / やき鳥

店情報前回

《平成30(2018)年2月28日(水)の記録》

|

« カツオ生を塩タタキで … ろばた焼「仙樹(せんじゅ)」(高知) | トップページ | 尾瀬の雪どけ桃にごり … スタンディングルーム「鈴傳(すずでん)」(四ツ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66485559

この記事へのトラックバック一覧です: スープが旨い鳥煮込み … 炭火焼「鳥久(とりきゅう)」(阿佐ヶ谷):

« カツオ生を塩タタキで … ろばた焼「仙樹(せんじゅ)」(高知) | トップページ | 尾瀬の雪どけ桃にごり … スタンディングルーム「鈴傳(すずでん)」(四ツ谷) »