« 今夜も冷製盛り合わせ … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | 初めてのレモンサワー … 立呑み「やきや」(荻窪) »

日付けをまたいで呑む … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政)

ひとくちめんたいで焼酎


 沼袋「たつや」を後に、最後は鷺ノ宮の「満月」(午前2時ごろ閉店)で飲んで帰ろうかと、トコトコと歩いていると、博多ラーメン「ばりこて」(都立家政店)がまだ開いていた。

 そうか。「ばりこて」も午前0時半までのだったね!

 「こんばんは」と店内に入ると、「ばりこて」のカウンター席には、ちくちゃんもいる。

 閉店時刻まであと45分ほどだけど、やっぱりまずは焼酎(400円)から。

 黒糖焼酎「里の曙」をロックでもらって、つまみは軽く「ひとくちめんたい」(160円)にする。

 この「ひとくちめんたい」が、この店で最も軽いつまみで、最後にちょっとだけ飲みたいときにはちょうどいいのだ。

 他には、味噌ずり、鳥皮ポン酢、がめ煮、もつ煮込み、めんたいポテト、レンコンつくね、めんたいだし巻などのおつまみが、それぞれ300円で用意されている。

 焼酎は、芋、麦、黒糖の3種類。「お茶ハイ」(380円)も人気が高い。

 もちろんビール(生・瓶)や日本酒もそろっている。

 12時を回り、日付けが変わったところで、まだ焼酎も「ひとくちめんたい」も残ってるけど、先に「博多ラーメン」(650円)を、麺の硬さ「ばりかた」で注文する。

 前にも書いたとおり、ここのラーメンのスープは、焼酎のつまみにもなるスープなので、残りの焼酎は、それ用に取っておかなくっちゃね。

 ラーメンが出てきたところで、ばりかたの麺がのびないうちに、大急ぎで麺をすすりこむ。

 あぁ、うまいっ。

 日付けが変わったこんな時間に、ラーメンを食べることは明らかに身体には良くないのだろうが、そうと分かっていても食べちゃうんだよなあ。

 そして、麺がなくなったところで、スープと、これまた残しておいた「ひとくちめんたい」をつまみに、残りの焼酎をチビリチビリ。

 まさに至福の時間である。

 午前0時半の閉店に合わせてのお勘定は1,210円なり。どうもごちそうさま。

 そして今夜も、満足、満腹! 「満月」はまた次の機会にしましょうね。

Img_7976c Img_7977c Img_7979c
「ばりこて」が開いていた! / 「ばりこて」 / 博多ラーメン(ばりかた)

店情報前回

《平成30(2018)年4月7日(土)の記録》

|

« 今夜も冷製盛り合わせ … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | 初めてのレモンサワー … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66614283

この記事へのトラックバック一覧です: 日付けをまたいで呑む … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政):

» 替玉せずに焼酎ロック … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 「竹よし」を出ると、そのまま吸い込まれるように博多ラーメンの「ばりこて」へ。  この「竹よし」から「ばりこて」という一連の流れは、いつの頃からか自分の中ですっかり定番化されている。  『飲んだあとのラーメン』を食べなくなって久しいんだけれど、「ばりこて」だけは別枠なんだよなぁ。  しょっちゅう来るわけではなくて、数ケ月に1度ぐらいの頻度なので、『まぁ、いいだろう!』と自分にも言い聞かせているので... [続きを読む]

受信: 2018.08.01 07:35

« 今夜も冷製盛り合わせ … やきとん「たつや」(沼袋) | トップページ | 初めてのレモンサワー … 立呑み「やきや」(荻窪) »