« 店情報: ホルモン「まさる」(三田) | トップページ | 店情報: 台湾小皿料理「荘園(そうえん)」(新宿三丁目) »

港区ホルモン恐るべし … ホルモン「まさる」(三田)

切り落としカルビ


 もつ焼き、もつ煮込みと言えばすぐに、立石、浅草などを中心とする下町エリアが思い浮かぶ。

 だが実は、古来より「秋田屋」(浜松町)、「鈴木屋」(白金高輪)、「マーちゃん」(品川)、「鹿島屋」(田町)などなどと、もつ焼き、もつ煮込みの名店が多いのが東京都港区なのだ。

 なにしろ品川にある東京食肉市場だって、その住所は東京都港区港南2丁目なんだから!

 そんな港区の中にあって、先日からさらに、やきとん「鶴松」(新橋)とか、大衆酒舎「美味ぇ津゛」(新橋)といった、もつ焼き、もつ煮込みの名店に出会うんだから、まさに港区ホルモン恐るべし、なのである。

 が、しかし!

 それだけでは済まないのが今の港区。

「三田に、安くて美味しいホルモン焼きの店があるので、ぜひ行きましょう!」

 とお誘いいただいて、1ヶ月前から予約してやってきたのは、「ホルモンまさる」だ。

 ここもとにかく大人気で、予約もなかなか取れないらしい。

 午後6時ジャストに、予約で満席の店内へと入る。

Img_4418a Img_4416a Img_4354a
ホルモン「まさる」 / 店内は予約で満席 / テーブルには七輪がスタンバイ

 これから2時間。午後8時までには店を出ないといけないんだって。なんちゅう人気店なんだ。

 ここは炭火の七輪を使って、自分たちで焼くタイプのホルモン屋。

 メニューには、シロコロ、カシラなどの290円(以下すべて税別表記)のものから、高いものでも790円のカルビや、990円のタン塩ぐらいまでと、値段もリーズナブルだ。

 メニューの中には『売れ筋ランキング』なんてのも書かれている。

  1. シマチョウ(590円)
  2. 名物まさるホルモン(590円)
  3. カシラ(290円)
  4. 白レバ(390円)
  5. コプチャン(490円)
  6. 岩中豚(490円)
  7. 切り落としカルビ(790円)
  8. エンガワ(490円)

 というのが現在のランキングだ。

 まずは中ジョッキが390円という生ビールをもらって乾杯し、次々と肉を注文する。

Img_4355a Img_4357a Img_4359a
酢もつ(390円) / コブクロ湯引き(390円) / 生キャベツ(190円)

 壁に貼られた『ホルモン焼きを美味しく食べるコツ』には、

  • タレのついたお肉は、タレをつけて食べる。
  • 塩のついたお肉は、付属のタレ(ポン酢・しょうが醤油・にんにく醤油・わさび醤油 か塩をつけて食べる。
  • お肉は焼き過ぎない。

 と書かれている。

 それじゃ、いよいよ始めますか!

Img_4358a Img_4361a Img_4366a
カシラ(290円)には / 辛みそをつけて / トマトサワー(290円)

Img_4360a Img_4367a Img_4376a
シマチョウ(590円)は / 脂たっぷり / 特製トマト割(390円)

Img_4362a Img_4364a Img_4365a
白レバ(390円)は / 焼き過ぎないこと! / ネギ塩油でいただく

Img_4370a Img_4374a Img_4375a
名物まさるホルモン(590円) / しっかり焼いて / 唐辛子をつけていただく

Img_4371a Img_4380a Img_4382a
本日のお楽しみ(990円)はヒレミミ / 焼いて / ワサビをのせて

Img_4383a Img_4385a Img_4379a
6秒シャブシャブロース(790円) / 生卵をからめて / ホッピーセット(390円)

Img_4384a Img_4388a Img_4389a
タン塩(990円)を / レモン汁に / たっぷりからめて

Img_4386a Img_4387a Img_4390a
辛みそ脂付きハツモト(590円) / もやしナムル(190円) / 中焼酎(240円)

Img_4391a Img_4393a Img_4402a
乳酸菌ハイ(390円)2杯 / 切り落としカルビ(790円) / 煙もうもう

 入店して1時間半になるころ、ラストオーダーとなって、お勘定のレシートがやって来た。

 そのお勘定は4人で15,703円(14,540円+消費税)、ひとり当たり3,926円でした。なるほど、これは安いねえ!

 残る30分で、ラストオーダーで注文した品物を平らげる。

Img_4404a Img_4410a Img_4408a
シロコロ(290円) / ころりと焼いて / ポン酢醤油で

Img_4403a Img_4406a Img_4411a
エンガワ(490円) / 焼けるのが待ち遠しい / 本日のメンバー

 いやあ、今夜もまた大満足、大満腹。

 改めて『港区ホルモン恐るべし』ですねえ。どうもごちそうさま!

店情報

《平成29(2017)年9月22日(金)の記録》

|

« 店情報: ホルモン「まさる」(三田) | トップページ | 店情報: 台湾小皿料理「荘園(そうえん)」(新宿三丁目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66596799

この記事へのトラックバック一覧です: 港区ホルモン恐るべし … ホルモン「まさる」(三田):

« 店情報: ホルモン「まさる」(三田) | トップページ | 店情報: 台湾小皿料理「荘園(そうえん)」(新宿三丁目) »