« ステーキの盛り合わせ … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) | トップページ | 今夜も冷製盛り合わせ … やきとん「たつや」(沼袋) »

チョイ焼きはなぜ高い … もつ焼き「ホルモン」(沼袋)

串を抜いたチョイ焼き


 もつ焼き「ホルモン」の焼きものは、「はつ(心臓)」、「がつ(胃袋)」、「たん(舌)」、「たま(睾丸)」、「かしら(頬肉)」、「なんこつ(喉骨)」、「こぶくろ(子宮)」、「ひも(腸)」、「れば(肝臓)」、「てっぽう(直腸)」、「まめ(腎臓)」、「オッパイ(乳房)」、「あぶら(脂)」、「チレ(脾臓)」、「ヒラ(腸と直腸の中間)」という、もつ焼き15種類に、「ピーマン」、「ハンペン」、「シイタケ」、「ネギ」、「生揚げ」、「うずら」の6種類を加えた、21種類。

 すべて1本120円で、1本から注文することができる。

 それとは別に、「チョイ焼き」というのがあって、こちらは「こぶくろ」と「れば」が選べて1本130円。

 かつては本当に、サッと炙っただけの「チョイ焼き」だったが、豚の生食が禁止されてからは、他のもつ焼きと同じように、しっかりと焼かれるようになった。

 じゃ、なぜ「チョイ焼き」は、他のもつ焼きよりも1本あたり10円高いのか。

 となりに座っている常連さんが、一緒に連れてきた後輩に、そのことを尋ねられて、

「チョイ焼きには、刻みネギと、おろし生姜がたっぷりと付くから、そのぶん高いんじゃないか」

 と答えていた。

 確かにそれもあるかもしれない。

 でも、チョイ焼きの注文を受けたときの大将(マスター)の動きを見ていると、チョイ焼き用の「れば」と「こぶくろ」は、通常のもつ焼き用の「れば」と「こぶくろ」とは違うところから持ってきているみたいなのだ。

 おそらく、本当にチョイ焼きしていた昔から、「れば」と「こぶくろ」の中から、チョイ焼きで食べてもよさそうな部分を選り分けて、通常のものとは別の保存をしていたに違いない。

 だからこそ、素焼きで仕上げて、生姜醤油をちょっとつけていただくだけで美味しいんだろうな。

 土曜日の今日は、「ビール大」(520円)をラガー(赤星)でもらうところからスタートして、最初のつまみは「おしんこ」(120円)と「煮込み」(350円)。

 大瓶ビールを飲み干したところで、「焼酎」(250円)の梅割りに切り替えて、くだんの「れば」と「こぶくろ」のチョイ焼きを、それぞれ1本ずつ焼いてもらったのだった。

 続いては「かしら」、「ちれ」、「オッパイ」を、それぞれ1本ずつ、塩焼きで注文する。

 そして焼酎をおかわりして、「うずら」、「生揚げ」、「はんぺん」を注文。もつ焼き外の焼きものも、人気が高いのだ。

 ゆっくりと2時間半ほどの酒場浴。今夜のお勘定は2,470円でした。どうもごちそうさま。

(注: もつ焼き「ホルモン」は、4月16日(月)~30日(月)の間、臨時休業しています。)

Img_7967a Img_7950a Img_7952a
もつ焼き「ホルモン」 / ビール大 / おしんこ

Img_7953a Img_7956a Img_7958a
煮込み / 焼酎(梅割り) / コブクロとレバーのチョイ焼き

Img_7960a Img_7962a Img_7964a
たんもと、はつもと、こぶくろ卵 / かしら、ちれ、オッパイ / うずら、生揚げ、はんぺん

店情報前回

《平成30(2018)年4月7日(土)の記録》

|

« ステーキの盛り合わせ … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) | トップページ | 今夜も冷製盛り合わせ … やきとん「たつや」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66613862

この記事へのトラックバック一覧です: チョイ焼きはなぜ高い … もつ焼き「ホルモン」(沼袋):

» 臨時休業前に食いだめ … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 四ツ谷の「鈴傳」をさっくりと切り上げて、2軒めは、ひとりで沼袋の「ホルモン」にやってきた。  もつ焼き「ホルモン」は、4月15日(日)から30日(月祝)まで、16日間の臨時休業。  その臨時休業の前に、この店の料理を食いだめしておこうという常連さんたちで、店内はすでにいっぱいである。  かろうじて空いていた1席に座り、まずはサッポロ黒ラベル大瓶とサッポロラガー大瓶とが選べる「ビール大」(520円... [続きを読む]

受信: 2018.04.22 09:38

« ステーキの盛り合わせ … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) | トップページ | 今夜も冷製盛り合わせ … やきとん「たつや」(沼袋) »