« ハッピーアワーに飲む … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) | トップページ | 臨時休業前に食いだめ … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »

金曜は『十四代』の日 … スタンディングルーム「鈴傳(すずでん)」(四ツ谷)

十四代


 この店のお酒は、正一合(180ml)のコップで出される。

 ところが!

 改めて立ち飲みカウンターの一番手前にある注文場の下の段を見ると、そこに小さなグラスが、た~くさん置かれている。

 そして複数人で「鈴傳」に行ったときには、このグラスを一人に1個、貸してもらうことができるのだ。

 この小さなグラスは、ちょうど60ml入るようで、コップ1杯の酒を3人で分けるとちょうどいい。

 今日は3人でやって来たんだけど、私以外の二人は、前回もこの小さいグラスを借りて、二人で分けて飲んだんだそうな。

 こんなことができるということを、初めて知ったなあ。

 そんな「鈴傳」。

 いつものように、まずはひとり2千円ずつの軍資金を集めて、注文場へ。

 今日は、山形県の「十四代」(純米吟醸・山田錦、900円)とお新香(つまみはすべて400円ほど)からスタートした。

 ちなみに「十四代」が飲めるのは金曜日だけ。しかも『ひとり1杯のみ』という制限付きである。

 今日はこのお酒を目指してやって来たのだ。

 前に来たときは、1杯800円だったのに、今日は900円に上がってるなあ。

 2杯めは長崎県の「横山50」(純米大吟醸、900円)。

 小さいグラスは、ひとりに1個なので、これを使いまわして飲む。

 お酒はコップになみなみと注がれているので、小さいグラスに注ぎ分けるにはコツがいる。

 コップを、小さいグラスの直上に置いて、すこ~しだけコップを傾ける。

 すると、コップの中のお酒が、コップの外側の側面をつたって、コップの底のところからツツゥ~ッと小さいグラスに入っていくのだ。

 180mlが900円ということは、1mlあたり5円。ほんの少しでもおろそかにできないですね!

 つまみには筑前煮とマカロニサラダを追加。

 すべてのつまみは、カウンター上に置かれた陳列ケースの中に、バットに盛られた状態で並んでいるので、物を見て選ぶことができる。

 注文を受けて、1人前を小皿に取り分けてくれるので、料理の出も速いのだ。

 3杯めは山形県の「くどき上手」(純米大吟醸、800円)。

 つまみには串カツを選択。通常は2本が1人前らしいが、「3人だから3本にしとく?」と3本(1.5人前)を取り分けてくれた。

 ちなみに、この串カツも金曜日にだけ登場する。

 他にも、火曜日の牛すじ、水曜日のレバー、金曜日の煮玉子など、特定の曜日にだけ登場する料理もあって、それを目指してやってくる常連さんもいる。

 最後にもう1杯、「十四代」をもらって〆とする。

 さっくりと1時間ほど立ち飲んで、みんなの軍資金の残りは700円。

 ということは3人で5,300円(酒:4杯で3,500円、つまみ:4.5品で1,800円、ひとり当たり1,770円ほど)だったということですね。

 どうもごちそうさま。

Img_8040a Img_8035a Img_8033a
「鈴傳」 / 注文場 / 小さなグラスとお新香

Img_8036a Img_8037a Img_8038a
筑前煮 / マカロニサラダ / 串カツ3本

店情報前回

《平成30(2018)年4月13日(金)の記録》

|

« ハッピーアワーに飲む … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) | トップページ | 臨時休業前に食いだめ … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66634380

この記事へのトラックバック一覧です: 金曜は『十四代』の日 … スタンディングルーム「鈴傳(すずでん)」(四ツ谷):

« ハッピーアワーに飲む … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) | トップページ | 臨時休業前に食いだめ … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »