« 料理が順々に作られる … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | 店情報: 立呑み「晩杯屋(ばんぱいや)本店」(武蔵小山) »

武蔵小山の酒場巡り1 … 「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山)

ガツ酢


本日のメンバー 武蔵小山で大人気の働く人の酒場、「牛太郎」の常連さんでもあるラコちゃんから、「武蔵小山駅に正午に集合」というお誘いをいただいて、ラコちゃん、宇ち中さん、私の3人で「牛太郎」へと向かう。

 武蔵小山の「牛太郎」は、今はなき浅草の「牛太郎」からのれん分けする形で、昭和30(1955年)に創業した。

 厨房を囲む大きなコの字カウンターは、すでに半分ほどの入り。みなさん出足がいいですねえ。

 我われ3人は、カウンターの角を挟むように着席し、まずは「ビール(大)」(アサヒスーパードライ大びん、500円)をもらって乾杯する。

 常連のラコちゃんが、「とんちゃん」(120円)、「ガツ酢」(120円)、「煮込」(120円)、そして「おしんこ」(90円)の合計4品を、サラサラッと注文してくれた。

 どうですか、この値段!

 4品を合わせても450円にしかならない。あり得んでしょう!

 すぐに出てきた「おしんこ」は、キュウリの漬物。

 そしてこの店いちばんの人気の品、「とんちゃん」も出てきた。これはガツにニンニク、ショウガ、ニラ、味噌などを混ぜ合わせて蒸し焼きにした、この店の名物だ。

 さらにすぐに売り切れる「ガツ酢」にも、今日はありつけた。これも美味いねえ!

 そして煮込みは、食べやすいように、1人前を3つの小鉢に分けて出してくれた。ありがとうございます。

 瓶ビールに続いては、『わるなら♪ハイサワー』でおなじみの博水社のビアテイスト割り材、ハイッピー(セットで390円)をもらってみる。これは博水社版のホッピーみたいなもんですね。

 焼きものは、厚あげ(200円)に、もつ焼き(1本100円)はガツ、シロ、コブクロを1本ずつ塩で。

 プレーン、大葉、めんたい、辛口という4タイプが選べる「つくね」(200円)は、辛口を1本、焼いてもらった。

 ナカなどをおかわりしつつ、2時間半ほど楽しんで、お勘定は3人で3,780円(ひとり1,260円)なり。どうもごちそうさま。

 この後、1軒ごとに割り勘にするのが面倒だから、ということで、ここでひとり5千円ずつを集めて、これからのハシゴ酒をやりくりしていくことになった。

 1軒目を終えた時点で、残金11,280円(74.8%残)である。

Img_4925a Img_4933a Img_4926a
「牛太郎」 / ビール(大) / 壁のメニュー

Img_4928a Img_4930a Img_4934a
おしんこ / とんちゃん / 煮込(3分の1)

Img_4936a Img_4940a Img_4942a
ハイッピー / 厚揚げ / つくね、もつ焼

店情報前回、同じ時の「宇ち中」ブログ

《平成29(2017)年10月28日(土)の記録》

|

« 料理が順々に作られる … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | 店情報: 立呑み「晩杯屋(ばんぱいや)本店」(武蔵小山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66691595

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵小山の酒場巡り1 … 「牛太郎(ぎゅうたろう)」(武蔵小山):

« 料理が順々に作られる … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | 店情報: 立呑み「晩杯屋(ばんぱいや)本店」(武蔵小山) »