« 武蔵小山の酒場巡り4 … もつ焼き「豚星(ぶたほし)」(武蔵小山) | トップページ | 玉ねぎ火曜サプライズ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

地元に戻ってもう1軒 … 立呑み「やきや」(荻窪)

いか棒&ウイスキー


 武蔵小山から荻窪までは40分ほど。午後8時前には荻窪に到着した。

 この時間だと、まだ飲むよねえ。

 ここに首都圏の呑兵衛たちが、「職場の近く」と「自宅の近く」の両方に行きつけの酒場を持っている理由がある。

 40分ほど間が空いただけでも、「もう1軒飲んで帰ろうかな」と思うくらいなのに、首都圏の平均通勤時間は1時間。1時間半ぐらいかかる人もざらにいる。

 会社の近くで同僚たちと飲んで、「じゃあ!」と別れてから、家に着くまでに1時間以上もかかると、なんだか酔いもさめた気持ちになってしまうのだ。(実際には思っているほどさめてはいないんだけれど……。)

 しかも、ここまで帰ってきてしまえば、もう終電の心配もする必要がない。はってでも帰れるもんね。

 で、自宅の近くに着いたところで、ついついもう1軒、さらにもう1軒とハシゴしてしまったりするのであ~る。

 そんなわけで、やってきたのは荻窪駅南口の商店街にある立呑み「やきや」だ。

 武蔵小山でたくさん飲んできた後なので、飲みものは「ウイスキー水割り」(ブラックニッカ クリア&ウォーター300ml瓶、380円)をもらう。

 この1本で、氷入りのサワーグラスに、軽く2杯分のウイスキー水割りになる。

 つまみは「いかしょうが棒」(200円)。

 これは、イカの身が練りこまれた棒天を軽くあぶり、おろし生姜を添えたもの。

 このおろし生姜に醤油をかけて、それをちょっとずつ付けながら棒天をいただきます。

 ちなみにこの「いかしょうが棒」のために「おろし生姜」が用意されているから、「いか刺身」や「いかみみ刺身」を、『ワサビのかわりに生姜で』という注文ができるわけです。

 同じ「やきや」でも、中野店には「いかしょうが棒」を置いていないため、刺身類を『生姜で』と注文できるオプションもありません。

 この「いかしょうが棒」でウイスキー水割りの最初の1杯を飲み干して、2杯めに合わせるつまみには、「しめさば」(270円)を選択。

 この「しめさば」は、八戸の水産加工会社「マルヌシ」で作られたものなんだけど、なんと! 「やきや」専用に作られた特別商品。一般には(これとまったく同じものは)売られてません。

 そんな「しめさば」は、270円という値段ながら、たっぷりとサバ半身分だ。こんなに安いシメサバは、他では見たことがない。しかも、うまいっ!

 ゆっくりと1時間半ほど立ち飲んで、今夜のお勘定は850円でした。どうもごちそうさま。

Img_4991e Img_4996e Img_4997e
ウイスキー水割り / いかしょうが棒(2つに割った状態) / しめさば

店情報前回

《平成29(2017)年10月28日(土)の記録》

|

« 武蔵小山の酒場巡り4 … もつ焼き「豚星(ぶたほし)」(武蔵小山) | トップページ | 玉ねぎ火曜サプライズ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66725800

この記事へのトラックバック一覧です: 地元に戻ってもう1軒 … 立呑み「やきや」(荻窪):

» 今夜も満員、大人気! … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 最終日の銀座「ロックフィッシュ」をさっくりと切り上げた後は、荻窪に戻って「やきや」である。  木曜日ながら、午後8時の店内はほぼ満員。わずかな隙間があった、入り口すぐの角の部分に、なんとか立つことができ、女将さんにもごあいさつ。  さて飲みもの。  「ロックフィッシュ」で、『サントリー角瓶』の濃い目のハイボールを2杯いただいてきたので、ここでは『ブラックニッカクリア』の水割りにする。  この店で... [続きを読む]

受信: 2018.06.07 07:19

« 武蔵小山の酒場巡り4 … もつ焼き「豚星(ぶたほし)」(武蔵小山) | トップページ | 玉ねぎ火曜サプライズ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »