« 小山の帰りに途中下車 … 鯉とうなぎ「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | 呑兵衛仲間が集まって … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

地元に戻ってホッピー … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

黒ホッピーとお通し


 赤羽駅東口の、5番バス乗り場から、「赤31:高円寺北口」行きのバスに乗ると、30分ちょっとで野方駅北口のバス停に着く。

 なにしろ赤羽駅始発なので必ず座れて、乗り換えなしに野方や高円寺まで行けるのがいい。

 唯一の欠点は、バスの本数が1時間に4本程度(15分おきぐらい)と、ちょっと本数が少ないことぐらいだろうか。

 野方駅北口バス停から、「秋元屋」、「第三秋元屋」、「すっぴん酒場」などは徒歩4~5分ほど。

 今日は「すっぴん酒場」で飲んで帰ることにした。

 東京に戻ってくると、やっぱりホッピーだよねえ。

 さっそく黒ホッピー(450円)をもらうと、お通し(100円)は定番のお新香だ。

 ホッピーは、黒ホッピーしか置いていない。

 ちなみに店主が修業した神田の焼鳥「三政」には、ビール、日本酒、米焼酎しか置いていない。

 だから、この店に黒ホッピーだけを置いたのは店主の判断なんだろうが、理由を尋ねても、店主はあまり多くを語らない。

 もともと店主は「うんちく」を語ったりすることが、ほとんどなくて、黙って仕事をするタイプの人なのだ。

 この店のもつ焼きには、黒ホッピーがよく合うと思ったからなんだろうな。

 焼きものは、いつものように「れば(肝臓)」「しろ(腸)」「ちれ(脾臓)」(各100円)からスタートする。この3種3本は絶対に外せない。

 特に「しろ」は絶品だ。ぜひ食べてみてください。

 ナカ(ホッピーのおかわり焼酎、250円)をもらって、今度は「がつ(胃)」と「あぶらにんにく」(各100円)を注文した。

 このところ、はまっているのが「あぶらにんにく」だ。

 これは豚の脂身と、それと同じくらいの大きさにカットしたニンニクを、交互に串に刺して焼き上げたもの。

 カリッ、ジュワッと旨味のある脂身に、パンチを効かせるホクホクのニンニク。この組み合わせがいいのだ。

 もう1杯、ナカをもらって、最後は「チーズつくね」(150円)で締めくくる。

 ゆっくりと3時間ほど立ち飲んで、品物と引換払いの総額は1,700円でした。どうもごちそうさま。

 ところで「すっぴん酒場」は、来る5月8日(火)に日テレ系で放送予定の「火曜サプライズ」(19:00~19:56)に登場する予定です。

『竹内結子&小澤征悦が、中野区野方でアポなしグルメ旅。人情味あふれる酒場街で、初めての立ち飲み&子育て秘話も披露!』

 というのがその概要。楽しみですね。

Img_8451b Img_8454b Img_8456b
「すっぴん酒場」 / れば / しろ

Img_8459b Img_8453b Img_8460b
ちれ / 店内の短冊メニュー / がつ

Img_8462b Img_8463b Img_8464b
あぶらにんにく / チーズつくね / ごちそうさまでした

店情報前回

《平成30(2018)年4月27日(金)の記録》

|

« 小山の帰りに途中下車 … 鯉とうなぎ「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | 呑兵衛仲間が集まって … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66682331

この記事へのトラックバック一覧です: 地元に戻ってホッピー … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 独自ピータンピーマン … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 「ピータンピーマン」(200円)は、この店独自の逸品のひとつ。  縦に半分に切ったピーマンの中に、小さく刻んだピータンとチーズを入れて、豚バラ肉で巻いたもの二つ(つまりピーマン1個分)に、平行に串を打って焼き上げる。  豚肉にきっちりと焦げ目がつき、中のチーズがトロトロになるように焼き上がると、それを縦に二つに切り分けて、2本の串焼きとして出してくれる。  串2本で200円なので、1本あたりだと... [続きを読む]

受信: 2018.05.11 07:00

« 小山の帰りに途中下車 … 鯉とうなぎ「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | 呑兵衛仲間が集まって … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »