« 店情報: おばんざいと酒処「夕凪(ゆうなぎ)」(小山) | トップページ | 店情報: 大衆割烹「だるま」(小山) »

おばんざいの盛り合せ … おばんざいと酒処「夕凪(ゆうなぎ)」(小山)

おばんざいの盛り合せ


 栃木県小山市への出張。夕食にやって来たのは、JR小山駅東口の近くにある、おばんざいと酒処「夕凪」だ。

 ビルの2階の入口を入ると、店のおねえさんから「ご予約ですか?」と聞かれた。

「予約してません。二人なんですけど」

 と答えると、カウンター席の奥の4人用のテーブルに案内された。

 各テーブルは、壁で仕切られていて、簡易個室風になっている。

「まずは生ビールでよろしいでしょうか?」

 おしぼりを持ってきてくれた店のおねえさんが、そう聞いてくれる。

 「はい」と返事すると、すぐに出される「パーフェクト樽生中ジョッキ」(550円)とお通し(300円)の「なめ茸とエノキの和えもの」。

「こちら、本日のおばんざいです」

 と、筆で書かれた日替りの『夕凪のおばんざい』を手渡してくれた。

 そこに載っている料理はざっと30品弱。

 そのほとんどは380~580円ほどで、刺身系の7~8品が620~890円。もっとも高いのが「牛たん」の1,280円だ。

 これとは別に、カウンター上に、見開き8ページのグランドメニューが置かれていて、ここに飲みもの約60品、食べもの約45品が載っている。

 看板メニューの「おばんざい」をどれにするか、迷いに迷ったけど決めきれないので、店におまかせの「おばんざい3てん盛り」(1,280円)を2人前注文して、それぞれ別の3点にしてもらうことにした。

 それを待つ間用のつまみとして、すぐに出そうな「枝豆」(420円)と「パリパリチーズ」(380円)も注文すると、予想どおり、その2品はあっという間にやって来た。

 しばらくして出された「おばんざい」の盛り合わせは、「茄子の揚げびたし」(単品480円)、「和風とまとのおひたし」(単品380円)、「ごぼうと木の芽みそ煮」(単品480円)、「たけのこのきんぴら」(単品560円)、「だいこんのさっと煮」(単品480円)、「ほうれん草のおひたし」(単品380円)、「小ふぐの唐揚げ」(単品520円)の7品。プラス1品はサービスで付けてくれた。

 店のメニューには、『おばんざいとは……四季折々の素材を使って作る京都の家庭料理のことをいいます。お惣菜といった意味でっす。(原文のまま)』と書かれている。

 この「おばんざい」とつまみに、日本酒をいただくことにする。

 小山の地酒は「鳳凰美田ほうおうびでん」。この店には、その純米吟醸生酒(1合900円)が置かれており、まずはそれからいただくことにした。

 一品一品の「おばんざい」は少量なんだけど、7品そろうとボリュームもあって、とてもいいつまみだ。

 メニューには「おばんざい5てん盛り」(1,980円)というのもあって、最初はそれを2人前もらおうかと話してたんだけど、店のおねえさんに「二人で10品はちょっと多いかも」というアドバイスをもらって、3点盛り×2人前にした次第。この選択で正解でした。

 「鳳凰美田」1合はあっという間に飲みきって、続いて山形の「上喜元」(1合700円)をもらうと、新しい徳利とくり、新しい猪口ちょこで出してくれた。ちょっとしたことだけど、うれしいよね。

 3本め、石巻の「日高見」(1合700円)もまた、新しい徳利、新しい猪口で。

 こうやって徳利と猪口で出してくれる店は、分け合いながらいろんな種類のお酒が飲めるのがいい。

 ここらでやっと7品の「おばんざい」もなくなってきて、「おつまみいか天ぷら」(480円)と、グランドメニューの中で『名物』と書かれている「海鮮メンチカツ」(340円)を注文。「海鮮メンチカツ」は1個なんだけど、二つに切り分けて出してくれた。

 この店は若い店員さんが多くて、「すみません」と声をかけると、「はいっ!」という返事とともに、あっという間に飛んできてくれるのが、とっても心地よい。

 4本めの冷酒として、会津若松の「寫樂(写楽)」(1合650円)を注文したところ、これは売り切れ。ここが潮時と、ウイスキーの「ハイボール」(420円)に切り替える。

 つまみと〆の食事を兼ねて「焼きそばソース」(630円)を注文すると、出てきたのは、しっかりとコシのある中太麺に、スパムも入った、思いっきりつまみになるソース焼きそばだ!

 このソース焼きそばが〆のはずだったのに、さらにお酒が進んで、ハイボールをおかわり。つまみには「塩ゆでそら豆」(480円)を追加した。

 たっぷりと3時間半も長居して、今夜のお勘定は11,810円(ひとり5,905円)でした。どうもごちそうさま。

Img_8367a Img_8319a Img_8329a
「夕凪」 / 生ビールで乾杯 / お通し

Img_8330a Img_8338a Img_8331a
パリパリチーズ / 鳳凰美田 / 枝豆

Img_8340a Img_8345a Img_8342a
上喜元 / おつまみいか天ぷら / 日高見

Img_8347a Img_8348a Img_8351a
海鮮メンチカツ / 焼きそばソース / ハイボール

Img_8352a Img_8362a Img_8365a
塩ゆでそら豆 / 同行のAさん&店のおねえさん / 最後にお茶を出してくれた

店情報

《平成30(2018)年4月24日(火)の記録》

|

« 店情報: おばんざいと酒処「夕凪(ゆうなぎ)」(小山) | トップページ | 店情報: 大衆割烹「だるま」(小山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66673076

この記事へのトラックバック一覧です: おばんざいの盛り合せ … おばんざいと酒処「夕凪(ゆうなぎ)」(小山):

» 小山出張の〆はこの店 … おばんざいと酒処「夕凪(ゆうなぎ)」(小山) [居酒屋礼賛]
 小山の夜も今日まで。明日の午後には東京に戻る予定なので、今夜はもう1軒、初日にやって来た「夕凪」にも顔を出しておくことにした。  「二人です」と入ると、今日は入口すぐのカウンター席に通された。  さっそくハイボール(420円)をもらって乾杯すると、店のおねえさんたちから、「ナイス・カンパ~イ!」と声がかかる。これがお決まりの掛け声のようである。  そして日替りで手書きされている「夕凪のおばんざい... [続きを読む]

受信: 2018.05.04 10:39

« 店情報: おばんざいと酒処「夕凪(ゆうなぎ)」(小山) | トップページ | 店情報: 大衆割烹「だるま」(小山) »