« くじら刺身で靴を待つ … 大衆割烹「だるま」(小山) | トップページ | 小山の帰りに途中下車 … 鯉とうなぎ「まるます家(まるますや)」(赤羽) »

小山出張の〆はこの店 … おばんざいと酒処「夕凪(ゆうなぎ)」(小山)

鶏皮ねぎ塩


 小山の夜も今日まで。明日の午後には東京に戻る予定なので、今夜はもう1軒、初日にやって来た「夕凪」にも顔を出しておくことにした。

 「二人です」と入ると、今日は入口すぐのカウンター席に通された。

 さっそくハイボール(420円)をもらって乾杯すると、店のおねえさんたちから、「ナイス・カンパ~イ!」と声がかかる。これがお決まりの掛け声のようである。

 そして日替りで手書きされている「夕凪のおばんざい」メニューを確認する。

 テーブル席にいるときは、このメニューで確認するしかなかったんだけど、カウンター席に座っていると、その上段の大皿に、ずらりと各種「おばんざい」がスタンバイされているので、自分の目で見て料理を選ぶことができる。

 そんな「おばんざい」の中から、今日は「鶏皮ねぎ塩」(メニューにはないが380円ぐらい)、「蓮根の肉みそ炒め」(480円)。グランドメニューから「冷しトマト」(420円)を注文した。

 カウンターの中で調理を担当している若い男性店員。胸に「トミー」という名札が付いている。

 なんとはなしにトミーさんと話し始めた。

 トミーさんは原宿のクレープ屋などで働いた後、25歳で地元に戻り、調理師免許を活かそうとこの店に入ったそうだ。苗字が福富なので、みんなからトミーと呼ばれるようになったんだって。

 とにかくこのトミーさんが、くるくるとよく働く。なにしろ調理のすべてを一人で担当しているから大忙しだ。

 それでも笑顔を絶やさず、こちらが話しかけるとニコニコと返してくれるのが素晴らしい。

 カウンターの端っこのレジのところには、ハンバーガーが山積みされていて、お勘定を済ませたお客さんが、それを何個か購入したりしている。

 今夜の「夕凪のおばんざい」メニューにも、「ままのミニバーガー」(3種3個で680円)というのが載っている。

 このハンバーガーは、もともと店員さんたちのまかない用に用意されていたものらしい。それがお客さんたちの間にも知られるようになり、メニューにも加わるようになったんだそうな。

 3杯めのハイボールを飲み終えたころに、ちょうど料理も食べ終えた。

 引き上げるならこのタイミングなんだけど、まだもうちょっと飲み足りない。

 最後にもう1杯ずつハイボールをもらって、つまみには「さっぱり浅漬け」(480円)を注文して〆とした。

 ゆっくりと3時間近く楽しんで、今夜のお勘定は二人で5,720円(ひとり当たり2,860円)でした。どうもごちそうさま。

Img_8417b Img_8419b Img_8418b
「夕凪」 / ハイボールとお通し / 今日のおばんざいメニュー

Img_8421b Img_8423b Img_8427b
蓮根の肉みそ炒め / 冷しトマト / さっぱり浅漬け

店情報前回

《平成30(2018)年4月26日(木)の記録》

|

« くじら刺身で靴を待つ … 大衆割烹「だるま」(小山) | トップページ | 小山の帰りに途中下車 … 鯉とうなぎ「まるます家(まるますや)」(赤羽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66678599

この記事へのトラックバック一覧です: 小山出張の〆はこの店 … おばんざいと酒処「夕凪(ゆうなぎ)」(小山):

« くじら刺身で靴を待つ … 大衆割烹「だるま」(小山) | トップページ | 小山の帰りに途中下車 … 鯉とうなぎ「まるます家(まるますや)」(赤羽) »