« 地元に戻ってもう1軒 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 焼酎2合瓶でホッピー … 大衆立呑酒場「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷) »

玉ねぎ火曜サプライズ … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

たまねぎ


 前にも書いたことがあるけれど、「もつ焼き屋」や「焼き鳥屋」で焼いてくれる「玉ねぎ」が爆発的にうまい。

 なんでもなく炭火で焼いてくれるだけなんだけど、『玉ねぎって、こんなに美味しかったっけ?』と見直すこと間違いなしなのだ。

 ここ「すっぴん酒場」で「たまねぎ」(150円)を注文したのは今回が初めて。

 「もち」、「たまねぎ」、「ししとう」、「ねぎ」の4品(それぞれ1本150円)は、「コ」の字のカウンターの一番奥、トイレに近いところに短冊メニューが出ていて、ほとんどの人はその存在にすら気付きにくいのだ。

 今日はとなりのお客さんが「たまねぎ」を食べていたのを見て、私も思わず「たまねぎ」を注文したのだった。

 そしてやっぱり「すっぴん酒場」でも、「たまねぎ」はハズレなし!

 ホワンとした、玉ねぎ本来の甘みがとても心地よい。

 「すっぴん酒場」には「Pトロ」(150円)というメニューもある。

 これは豚トロと玉ねぎを交互に串に刺して焼いたもので、玉ねぎの形状は、今回いただいた「たまねぎ」と同じ。これもまたうまいんだなぁ。(→過去記事「玉ネギも美味いPトロ」

 さて今日は、日テレ「火曜サプライズ」で野方を取材した回の放送日。

 ここ「すっぴん酒場」にも、竹内結子さん、小澤征悦さん、ウエンツ瑛士さん、DAIGOさんの4人が、まさにアポなしで取材にやって来たんだそうな。

 そのシーンを、この店のテレビで見ようとやって来たら、同じ思いの常連さんたちも多かったようで、店内は大にぎわいの状態。

 さっそくいつものように「黒ホッピー」(セット450円)と、「れば」「しろ」「ちれ」を1本ずつ(各100円)注文すると、すぐにお通し(100円)の「もろきゅう&生キャベツ」が出された。

 「火曜サプライズ」が始まる午後7時までは、いつものように野球中継を見ながら過ごす。

 ちょうど「ちれ」を食べ終わるころに、「火曜サプライズ」が始まり、店内のお客たちはもちろん、店主もママも働く手を休めてテレビに注目だ。

 一行が注文したのは「しろ」(100円)、「ちゃんと炙りレバー」(350円)、そして「しょうがみょうが」(200円)。

 なかでも面白かったのは「しょうがみょうが」だ。(→「しょうがみょうが」の写真がある過去記事

 「しょうがみょうが」は、生姜しょうが茗荷みょうがを豚バラ肉で巻いたもの6個を1串に刺して焼いたもの。

 これが、串の先のほうから(1)生姜、(2)生姜、(3)生姜、(4)茗荷、(5)生姜、(6)生姜と並び方が決まってるんだそうな。

 6個中、なんと茗荷は、先っぽから4番めの1個だけ!

「えぇ~っ! そうなの!?」

 店内に居並ぶ常連さんたちからも、思わずそんな声が漏れたほどの新発見。

「何度も言ったことがあるんだけどなあ。みんな覚えてないの?」

 店主とママも、そう言って苦笑いをするほどの出来事だった。

 その後、冒頭でご紹介した「たまねぎ」や「れんこん」(150円)などをいただきながら、黒ホッピーをソト1・ナカ4で飲み切った。

 ちょうど番組も終わったので、そろそろ切り上げようかな、というタイミングで「煮込み」(400円)がスタンバイOKとなった。

 入店したころには、「煮込み」はまだ仕込みの途中で、短冊メニューも裏返っていたのだ。

 できたての「煮込み」は、ぜひ食べて帰らないとねえ。

 その「煮込み」用に、飲みものは「つぶオレハイ」(400円)を追加した。

 今夜もまた、たっぷりと2時間半ほど立ち飲んで、品物と交換払いの総支払い額は2,700円なり。どうもごちそうさま。

Img_8582a Img_8583a Img_8602a
黒ホッピーセット / お通し / 5月のお休み

Img_8585a Img_8586a Img_8589a
れば / しろ / ちれ

Img_8591a Img_8595a Img_8597a
番組が始まった / れんこん / 黒ホッピー4杯め

Img_8599a Img_8600a Img_8601a
煮込みには / 七味をかけてかき混ぜて / つぶオレハイ

店情報前回

《平成30(2018)年5月8日(火)の記録》

|

« 地元に戻ってもう1軒 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 焼酎2合瓶でホッピー … 大衆立呑酒場「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66730900

この記事へのトラックバック一覧です: 玉ねぎ火曜サプライズ … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 『野方の女神』同窓会 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 土曜日の今日は、野方の「すっぴん酒場」で、『野方の女神』を囲んでの同窓会。  集まったのは、『野方の女神』こと、「おぽんちNote♪」のponsukeさん(女性)と、その『野方の女神』という呼称の名付け親である、「寄り道Blog」の寄り道さん、そして私の3人だ。  『野方の女神』と出会ったのは、今から14年前。「秋元屋」がオープンした平成16(2004年)のことだった。  場所は、今はなき野方の... [続きを読む]

受信: 2018.05.26 12:40

« 地元に戻ってもう1軒 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 焼酎2合瓶でホッピー … 大衆立呑酒場「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷) »