« ラーメンサラダいいね … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | 料理が順々に作られる … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »

独自ピータンピーマン … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

ピータンピーマン


 「ピータンピーマン」(200円)は、この店独自の逸品のひとつ。

 縦に半分に切ったピーマンの中に、小さく刻んだピータンとチーズを入れて、豚バラ肉で巻いたもの二つ(つまりピーマン1個分)に、平行に串を打って焼き上げる。

 豚肉にきっちりと焦げ目がつき、中のチーズがトロトロになるように焼き上がると、それを縦に二つに切り分けて、2本の串焼きとして出してくれる。

 串2本で200円なので、1本あたりだと100円。とってもリーズナブルな一品でもあるのだ。

 ピータンとピーマンの組み合わせ。

 他では食べたことがないけれど、実は中国四川料理に「青椒皮蛋ちんじゃおぴぃだん」という「り焼きピーマンと皮蛋ピータンの和えもの」というのがあるそうだ。

 これとて、その材料はピータン+ピーマン+長ネギ+唐辛子+オイスターソース+ゴマ油ぐらいらしいので、チーズは入っていない。

 「すっぴん酒場」の店主は、どこでどうやってこの料理を思いついたんだろう。

 他の店では食べることができない逸品であることは確かである。

 GW連休中の今日も、いつものように「黒ホッピー」(450円)と「お通し」(100円)のお新香に続いて、「れば」、「しろ」、「ちれ」の串焼き(各100円)からスタートした。

 この3本は、どうしても避けて通れない。

 そしてこの3本を食べてる間に、2杯めとなるナカ(250円)をおかわりするのも、いつものとおり。

 ここまでは、ほとんど考えることなく過ぎていく。

 最初の3本が残り少なくなってきたところで、『今日は何を食べようかなあ?』と考え始める。

 そこへ新しいお客さんが入ってきて、何本かの串焼きを注文する中で、ピータンピーマンも注文したのだった。

『おぉ、ピータンピーマン。しばらく食べてないなあ。私もピータンピーマンにしよう!』

 ということで、冒頭でご紹介した「ピータンピーマン」を便乗注文したのだった。

 次に、つくね系をいただこうと、「れんこん」(150円)を注文したところ、これが売り切れ。「たたきつくね」(150円)はあるということで、そっちを注文し、ナカ(3杯め)をおかわりした。

 「れんこん」は、レンコンの穴につくねを詰めて焼いたもの。今日もそうだけど、たいてい早めに売り切れてしまう一品だ。

 「たたきつくね」は、つくねの中に刻んだ(=叩いた)軟骨が練りこまれている。やわらかいつくねの中に、コリッとした食感が感じられるのがいいんですね。

 さらに「はつみみ」(100円)、「はらみなんこつ」(100円)という、これまたこの店独自のもつ焼きメニューを追加注文し、ナカ(4杯め)ももらう。

 「はつみみ」は、ハツ(心臓)のフチ(みみ)のあたりを、白ネギやピーマンと一緒に串に刺して塩焼きにしたもの。

 「はらみなんこつ」は、その名のとおりハラミ(横隔膜)とナンコツ(喉笛)、そしてハツモト(大動脈)を串に刺して塩焼きにしたものだ。

 最後にこれまた、この店の定番メニューの一つ、「しょうがみょうが」(200円)をもらって〆とした。

 2時間ちょっとの立ち飲みタイム、今夜の総支払額は2,650円なり。どうもごちそうさま。

Img_8511a Img_8512a Img_8513a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピー / お新香(お通し)

Img_8515a Img_8517a Img_8520a
れば / しろ / ちれ

Img_8522a Img_8523a Img_8524a
ピータンピーマン / たたきつくね / はつみみ

Img_8525a Img_8528a Img_8529a
はらみなんこつ / しょうがみょうが / 完飲完食ごちそうさま

店情報前回

《平成30(2018)年5月3日(木)の記録》

|

« ラーメンサラダいいね … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | 料理が順々に作られる … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66690486

この記事へのトラックバック一覧です: 独自ピータンピーマン … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 玉ねぎ火曜サプライズ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 前にも書いたことがあるけれど、「もつ焼き屋」や「焼き鳥屋」で焼いてくれる「玉ねぎ」が爆発的にうまい。  なんでもなく炭火で焼いてくれるだけなんだけど、『玉ねぎって、こんなに美味しかったっけ?』と見直すこと間違いなしなのだ。  ここ「すっぴん酒場」で「たまねぎ」(150円)を注文したのは今回が初めて。  「もち」、「たまねぎ」、「ししとう」、「ねぎ」の4品(それぞれ1本150円)は、「コ」の字のカ... [続きを読む]

受信: 2018.05.18 07:00

« ラーメンサラダいいね … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | 料理が順々に作られる … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »