« しばらくお休みします … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | 日付けをまたいで飲む … 炭火焼き「うみばたけ」(鷺ノ宮) »

『野方の女神』同窓会 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

がつ刺


 土曜日の今日は、野方の「すっぴん酒場」で、『野方の女神』を囲んでの同窓会。

 集まったのは、『野方の女神』こと、「おぽんちNote♪」のponsukeさん(女性)と、その『野方の女神』という呼称の名付け親である、「寄り道Blog」の寄り道さん、そして私の3人だ。

 『野方の女神』と出会ったのは、今から14年前。「秋元屋」がオープンした平成16(2004年)のことだった。

 場所は、今はなき野方のバー「ピュア(PURE)」。ここが『野方の女神』の行きつけの酒場で、彼女はいつもシェリーを飲んでいた。

 とにかく明るくて楽しくて、寄り道さんが、彼のブログに『野方の女神。』という文章を載せて以来、我われの間では『野方の女神』と呼ぶようになったのでした。

 バー「ピュア」が2008年末に閉店して以来、『野方の女神』と寄り道さん、寄り道さんと私、私と『野方の女神』は、それぞれどこかの酒場でも会ったりしていたのですが、3人がそろって会うのは10年ぶりじゃないかなあ。

 なんだかとても懐かしいんだけど、中学時代・高校時代の同級生と何十年かぶりに会ったときと同じように、すぐに当時の気持ちに戻って、なごんでいくのがすごくうれしい。

 ここ「すっぴん酒場」は、キャッシュ・オン・デリバリーの立ち飲み酒場なので、それぞれが好きなものを飲み、好きなものを食べて、各人払い。

 でも、つまみは分け合ったりするところが面白い。

 たぁ~~~っぷりと4時間ほど立ち飲んで、私の分の総支払い額は3,050円。ほかの二人も同じぐらいだと思います。どうもごちそうさま。

 それにしても、4時間といえば、東京駅を出発した新幹線が広島駅に到着するぐらいの時間。電車だと疲れるのに、立ち飲みだとまったく疲れないのが不思議なり。

 ぜひまた一緒に飲みましょうね!>野方の女神、寄り道さん

Img_8656a Img_8657a Img_8658a
黒ホッピー(450円、中身250円) / お通し(100円)のサラダ / れば(100円)

Img_8659a Img_8662a Img_8663a
しろ(手前)、ちれ(各100円) / ネギおやじ(150円) / おっかあつくね(150円)

Img_8664a Img_8665a Img_8666a
おやじつくね(150円) / カマンベール(250円) / こぶくろ刺(400円)

Img_8667a Img_8669a Img_8670a
がつ刺(400円) / 中島メンチ(250円) / つぶオレハイ(400円)

店情報前回

《平成30(2018)年5月12日(土)の記録》

|

« しばらくお休みします … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | 日付けをまたいで飲む … 炭火焼き「うみばたけ」(鷺ノ宮) »

コメント

寄り道さんもお久し振りですね。
いつか大勢で飲まれて以来ですか。
またお会いしたいです。
機会があればお誘いください。

投稿: しんちゃん | 2018.05.26 17:55

懐かしいですね~、pureがなくなってから何年でしょうか。寄り道さん、ponちゃん、お元気でしたか?そういえば浜田さんと初めて接点を持ったのもpureでした。そのうち、私もすっぴんに顔をだしますね。

投稿: 黒ジャージです。 | 2018.05.26 19:26

しんちゃんさん、黒ジャージさん
すっかりご無沙汰いたしております。
コメントをいただき、ありがとうございます。
寄り道さんも、ponちゃんも、変わりなくお元気で、とても楽しい時間を過ごすことができました。
ぜひまたご一緒させてくださいね!

投稿: 浜田信郎 | 2018.06.23 16:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66760879

この記事へのトラックバック一覧です: 『野方の女神』同窓会 … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 玉ネギを使った串2本 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 少し前に「すっぴん酒場」での玉ネギの話を書きましたが、今回はその「たまねぎ」(150円)と「Pトロ」(150円)を一緒に注文した。  この店で玉ネギを使った串は、この2種類だけ。  ここ「すっぴん酒場」では、各串の味付けや、焼き加減は店にお任せするのが基本。だから常連さんたちは、串を注文するときに品名しか言わない。(もちろん自分の強い好みがある場合には、味付けなどを指定することも可能です。)  ... [続きを読む]

受信: 2018.06.24 10:18

« しばらくお休みします … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | 日付けをまたいで飲む … 炭火焼き「うみばたけ」(鷺ノ宮) »