« 店情報: もつ焼き「豚星(ぶたほし)」(武蔵小山) | トップページ | 地元に戻ってもう1軒 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

武蔵小山の酒場巡り4 … もつ焼き「豚星(ぶたほし)」(武蔵小山)

秋刀魚のリエット


 ラコちゃん、宇ち中さんと巡る武蔵小山の酒場。

 4軒目は、ラコちゃんの義理の弟さんも合流し、4人で、もつ焼き「豚星」である。

 2011年に創業した後、この酒場もまた武蔵小山駅前再開発のため、2016年3月に現在の場所に移転した。

 武蔵小山駅周辺の雰囲気をガラリと変えてしまうほどの大再開発だったんですねえ。

 ここでは私は黒ホッピー(400円)をもらう。今日、初めてのホッピーだ。

 そしてつまみ。

 もつ焼き屋なので、もちろん「もつ焼き」(豚もつ各種は1本130円)や「煮込み」(390円)はあるんだけれど、むしろメニューに並ぶ「もつ焼き」以外の料理が面白い。

 「カナディアンベーコンとキャラメルエッグ」(700円)、「羊飼風ミートパイ」(650円)、「エビぱん」(350円)、「国産牛シンシンのタリアータ」(900円)などなど、『ここは本当にもつ焼き屋?』という料理のオンパレードだ。

 そんな中から、パクチー、ミント、ハチノスが入っているという「豚星サラダ」(800円)と「秋刀魚さんまのリエット」(450円)、そして「牛蒡ごぼうのゴルゴンゾーラソース」(500円)を注文した。

 結局、この店でもつ焼きは注文することなく1時間半ほどを過ごし、お勘定は4人で6千円(ひとりあたり1,500円)ほど。

 ひとり5千円ずつ集めていた軍資金も、ちょうどここで底をつき、ラコちゃんの義弟(おとうと)さんにも千円の出資をいただいて、支払いとしたのでした。どうもごちそうさま。

 さらにもう1軒(5軒目)と、近くの大衆酒場「豚太郎」に向かったが、店の看板に灯りはともっているんだけど、店は開いていない。

 あきらめて、ここで今日の武蔵小山での酒場巡りを終了したのでした。

 ちなみにこのとき、時刻は午後7時。「豚太郎」の営業時間は、午後7時半から深夜0時までということで、あと30分ほどしたら開店するところだったんですね。残念!

 武蔵小山には、他にもいい酒場がいっぱいあるそうなので、ぜひまたご紹介をお願いします!>ラコちゃん&武蔵小山方面の呑兵衛のみなさん

Img_4979d Img_4981d Img_4983d
もつ焼き「豚星」 / 食べものメニュー / 黒ホッピー

Img_4984d Img_4987d Img_4989d
豚星サラダ / 牛蒡のゴルゴンゾーラソース /大衆酒場「豚太郎」

店情報 (同じ時の「宇ち中」ブログ

《平成29(2017)年10月28日(土)の記録》

|

« 店情報: もつ焼き「豚星(ぶたほし)」(武蔵小山) | トップページ | 地元に戻ってもう1軒 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66722269

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵小山の酒場巡り4 … もつ焼き「豚星(ぶたほし)」(武蔵小山):

« 店情報: もつ焼き「豚星(ぶたほし)」(武蔵小山) | トップページ | 地元に戻ってもう1軒 … 立呑み「やきや」(荻窪) »