« 店情報: 大衆割烹「だるま」(小山) | トップページ | くじら刺身で靴を待つ … 大衆割烹「だるま」(小山) »

たっぷり刺身盛り合せ … 大衆割烹「だるま」(小山)

刺身盛り合せ


 小山(栃木県)での二晩め。昨夜は、同行のAさんから「昨年も行った」とご紹介いただいた、おばんざいと酒処「夕凪」に行って、ゆっくりと過ごしたわけだが、今宵はどこへ行こう。

「今日は駅の反対側に行ってみましょうか」

 というAさんの提案で、駅の西側へとやって来た。

 駅前ロータリーから続く大通りを西へと進むと、すぐ左手にホッピーの提灯が見えてきた。

 おぉ。栃木でもホッピーが飲めるんだね。

 大衆酒場「いごっそ」か。高知の人が開いたお店なのかな?

 なにやら良さげな感じがするので、さっそく入ってみた。

「すみません。二人です」

「お二人。ごめんなさい、今日は予約でいっぱいなんです。またいらしてください」

 ん~、それは仕方がない。次に向かいますか。

 さらに西へと進んだものの、酒場らしき店がほとんどない。

「大通りから1本外れた通りに、酒場街があることが多いんだよね」

 ということで、大通りの1本南側の通りに入って、駅方向に戻ってみる。

 おぉ、予想通り、「ととまる」、「日本海庄や」、「穴蔵酒房おおつか」、「割烹あきた」などの酒場が並んでいるものの、すべて同じビルの1階で、なんだかそそられないなぁ。

 線路と並行する通りに出て少し南下すると、大衆レトロ酒場「串之家」小山店があって、そこを左折すると、小山駅南口だ。

「ガード下にいい酒場があることが多いんだよね」

 と言いながら、南口まで進み、ガード下方面に右折すると……。

 ビンゴッ!

 右手に大衆割烹「だるま」、左手には「野楽炉 大関」と、渋めの2軒が向かいあって営業中。これだ!

 我われは、ぐるっと遠回りしてきたからけっこうかかったけれど、小山駅の南口を出たら、「だるま」と「野楽炉 大関」はすぐ目の前だ。駅から1分もかからない。

 どっちに入ろうかとちょっとだけ迷って、より先客が多そうな「だるま」に決めた。

「こんばんは、二人です」

 と店内に入ると、座敷席の1卓(すべて4人用の座卓)の両側に、座布団を2枚重ねる形で用意してくれて、そこに通された。

 座布団2枚のうち、上側の座布団は半分に折って置いているので、低めのイスに座るような感じになる。

 掘りごたつ式ほどではないにせよ、このほうが、長時間座ってても疲れにくいかもね。

 すぐにお通しの「大根の酒粕煮」が出され、さらに「もろきゅう」も出てきた。

「あらっ? まだ飲みものを持ってきてないの?」

 と女将さん。ビールなどの飲みものは、冷蔵庫から自分で持ってくるのが、この店の流儀だそうな。

 なるほど、それで卓上に栓抜きが置いてあるのか。

 でも今日は女将さんがビールを持ってきてくれた。

 料理は毎日ホワイトボードに手書きされていて、その数およそ15品。

「お二人なら、刺身の盛り合せを1人前に、なにか単品の刺身を1品注文するぐらいでちょうどいいわよ」

 という女将さんの言葉に従って、「刺身盛り合せ」(1,500円)に「初かつお」(800円)の刺身を加えてもらうことにした。

 さらに「魚肉メンチ」(3枚500円)も注文すると、「二人だから2枚にしとこうね」って。こんな風に、融通がきくのがいですねえ。

 注文を終えて、ゆっくりと飲み始める。

 お通し第2弾の「もろきゅう」がいいですねえ。ピリッと辛い味噌がいい。

 魚肉メンチは、一人ずつ、小さな金属ボールに、ざっくりと千切りにしたキャベツが盛られ、その上にメンチカツ。

 そして、ドンと卓上に置いてくれたのは、ブルドック中濃ソースの食堂用ペットボトル。1.8リットル入りだ! こりゃまた豪快だね。

 追いかけるように出てきた刺身盛り合せ。これもすごいっ。

 マグロ赤身、中トロ、タイ、焼きダコ、そして初カツオの5点盛りなんだけど、一切れずつの厚みが1.5~2センチほどもある。

「二人で刺身盛り合せ1人前だけでも十分だったかもね!」

 と、うならせられるほどのボリュームだ。

 飲みものは焼酎の緑茶割り(グラス2~3杯分ほどが650円)に切り替える。

 この緑茶割りを何度もおかわりしながら、今夜もまた4時間近く楽しんで、お勘定は二人で8,800円なり。どうもごちそうさま。

Img_8368a Img_8379a Img_8380a
大衆酒場「いごっそ」 / 「野楽炉 大関」 / 大衆割烹「だるま」

Img_8382a Img_8384a Img_8385a
本日のお品書き / 大根の酒粕煮(お通し) / もろきゅう(お通し)

Img_8386a Img_8387a Img_8388a
サッポロラガービール大瓶 / 刺盛り用の薬味 / で~んと食堂用の中濃ソース

Img_8389a Img_8395a Img_8397a
魚肉メンチ /焼酎の緑茶割り / 2杯注いでもまだ残っている

店情報

《平成30(2018)年4月25日(水)の記録》

|

« 店情報: 大衆割烹「だるま」(小山) | トップページ | くじら刺身で靴を待つ … 大衆割烹「だるま」(小山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66674431

この記事へのトラックバック一覧です: たっぷり刺身盛り合せ … 大衆割烹「だるま」(小山):

» くじら刺身で靴を待つ … 大衆割烹「だるま」(小山) [居酒屋礼賛]
 夕方4時。「だるま」の女将さんから携帯電話に着信。 「もしもし。『だるま』です。靴を間違えた人からの連絡はまだないんだけど、他人(ひと)の靴を履いてるのは気分がよくないでしょ? 新しい靴を買っといたから、取りに来てね。絶対よ!」  昨夜、「だるま」で飲んだ後、さあ帰ろうとしたら、なんと自分の靴が見当たらない。  おそらく誰かが間違えて履いて帰ったんだろう。  出張中なので他の靴は持っていないし、... [続きを読む]

受信: 2018.05.03 10:28

« 店情報: 大衆割烹「だるま」(小山) | トップページ | くじら刺身で靴を待つ … 大衆割烹「だるま」(小山) »