« ここも絶対はずせない … 屋台「一二三(いちにっさん)」(呉) | トップページ | 呉で目覚めた土曜日は … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »

パッション・カクテル … 「BAR ANCHOR(バー アンカー)」(呉)

パッション・カクテル


 「ほらふき」、「一二三」と飲み歩き、呉での3軒め。

 ホテルへの帰り道に、ひとりで「BAR ANCHOR」へと向かう。

 呉に単身赴任していたとき(2010~12年)、借上げの単身赴任社宅が「BAR ANCHOR」から5分もかからないところだったので、このバーにはよく通った。

 とにかく季節ごとのフルーツのカクテルと、いろんなウイスキーをこの店で勉強させてもらった。

 今夜もきっと、美味しいフルーツカクテルと珍しいウイスキーに出会えることだろう。

 店は小さいビルの2階にある。

 2008年創業のこのバーを、お一人で切り盛りされているのは、オーナーバーテンダーの森貞慶章(もりさだ・よしあき)さん。

 1980年生まれと、まだまだお若いのですが、お酒に関する知識や、料理の腕、バーテンダーとしてバー空間を切り盛りされる力は、すでにベテランの域に達している。

「今日のフルーツカクテルは何でしょう?」

 と尋ねると、パッションフルーツのカクテル(フルーツカクテルは1,000~1,100円ほど)を勧めてくれた。

 パッションフルーツとは懐かしいなぁ。ブラジルにいるときに、そのジュースやカクテルをよく飲んだ。

 ブラジル(ポルトガル語)では、パッションフルーツのことをマラクージャと呼んでたことを思い出した。

 ここ「BAR ANCHOR」では、パッションフルーツのカクテルに加えて、そのパッションフルーツを半分にカットした実も添えて出してくれた。

 酸っぱさと香り、種のポリポリとした食感も楽しいねえ!

 2杯めはウイスキーをいただきましょう。

「アイラ島の、新しい蒸留所で造られたウイスキーがありますが、どうでしょう?」

 メニューのアイラモルトのところを見ると、「カリラ12年」(900円)、「アードベッグ10年」(900円)、「ラガヴーリン16年」(1,100円)、「ラフロイグ10年」(900円)、「ボウモア12年」(900円)という見知ったウイスキーと並んで、「キルホーマン サナイグ(Kilchoman Sanaig)」(1,000円)という、初めてみる名前が並んでいる。これか。

 さっそく1杯、いただくことにした。

 このキルホーマン蒸留所。創業は2005年というから、まだ13年しか経っていない。アイラ島では124年ぶりにできた新しい蒸留所なんだそうな。

 同じ島の中で、同じような材料を使って造ってるはずなのに、蒸留所ごとに味も香りも違うのが面白いよねぇ。

 この「キルホーマン サナイグ」も、他にはない個性的な味わいだ。

 ゆっくりと2時間弱の酒場浴。席を立ったのは日付が変わった午前1時ごろ。

 今夜のお勘定は、チャージ(チャーム付き500円)も加わって2,600円なり。どうもごちそうさま。

Img_9666c Img_9667c Img_9669c
ビルの電灯看板 / 1階(階段下)の店名表示 / 2階の入口

Img_9672c Img_9675c Img_9680c
パッションフルーツのカクテル / チャーム(お通し) / キルホーマン サナイグ

店情報前回

《平成30(2018)年6月1日(金)の記録》

|

« ここも絶対はずせない … 屋台「一二三(いちにっさん)」(呉) | トップページ | 呉で目覚めた土曜日は … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66869856

この記事へのトラックバック一覧です: パッション・カクテル … 「BAR ANCHOR(バー アンカー)」(呉):

« ここも絶対はずせない … 屋台「一二三(いちにっさん)」(呉) | トップページ | 呉で目覚めた土曜日は … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »