« 宮崎本店見学ツアー4 … 伊勢神宮参拝(伊勢) | トップページ | 宮崎本店見学ツアー6 … 「白鷹 三宅商店」(伊勢) »

宮崎本店見学ツアー5 … 伊勢女衆の味「すし久(すしきゅう)」(伊勢)

てこね寿し


 伊勢神宮おかげ横丁での昼食は、伊勢女衆びとの味「すしきゅう」である。(おかげ横丁の「すし久」ページ

 伊勢名物「てこね寿し」で有名なお店で、その創業は天保年間(1831~1845年)というから相当なもんだ。

 戦後、一時休業し、平成元年(1989年)4月に現在の形で営業を再開した。

 名物「てこね寿し」は、酢飯すめしの上に、醤油漬けにしたカツオの切り身をのせたもの。

 昔、カツオ漁に出た漁師さんたちが、釣ったカツオの身を船上で醤油漬けにし、持ってきた酢飯にのせ、豪快に手で混ぜ合わせて食べたことから「てこね寿し」という名前になった。

 この店の「てこね寿し」は、他のおかずと組み合わせて定食風のセットメニューになっている。

 「てこね寿し 平膳(松)」(2,330円)は、「てこね寿し」に、とろろ芋陶板焼き、魚貝の焼物、茶碗蒸し、赤だし、デザートが付く。

 一番人気という「てこね寿し 平膳(竹)」(1,860円)は、「てこね寿し」に、天ぷら、卯の花(おから)、茶碗蒸し、赤出しが付いている。私もこれを注文した。

 そしてもっともシンプルな「てこね寿し(梅)」(1,250円)には「てこね寿し」の他に、小鉢2品と赤出しが付く。

 「てこね寿し」ができてくるのを待つ間に、ビール(中瓶600円)をもらって喉を潤す。

 つまみは、伊藤さんがオススメの「伊勢たくあん」(110円)と「板さわ」(310円)を注文してくれた。

 「伊勢たくあん」もまた、この地の名物料理なんだそうな。ふんわりと感じる酸味が心地よく、添えられているゴマやおろし生姜との相性もすばらしい。さすが、漬物好きな伊藤さんの選択である!

 そして「てこね寿し 平膳(竹)」がやって来た。

 これがまた、美味しいんだけど、ボリュームがすごくて、お酒の力を借りながら、やっと完食した。

 うぅ~っ。満腹じゃ。どうもごちそうさま。

 そういえば、今回の「てこね寿し」。手でこねることなく、海鮮丼と同じようなスタイルでいただいたんだけど、混ぜ合わせてからいただくのが本来の食べ方なのかなあ?

Img_9145c Img_9177c Img_9146c
「すし久」に到着し、外でしばらく待つ

Img_9148c Img_9150c Img_9153c
店頭のメニュー / 店内でも少し待つ / 店内にはおくどさんも

Img_9176c Img_9158c Img_9154c
2階の大部屋に通され / お茶を飲みつつ / メニューを確認

Img_9159c Img_9161c Img_9162c
やっぱりビール / 伊勢たくあん / 板わさ

Img_9167c Img_9168c Img_9174c
順に料理が出てきた / てこね寿し平膳(竹) / 窓の下には五十鈴川

|

« 宮崎本店見学ツアー4 … 伊勢神宮参拝(伊勢) | トップページ | 宮崎本店見学ツアー6 … 「白鷹 三宅商店」(伊勢) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66832526

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎本店見学ツアー5 … 伊勢女衆の味「すし久(すしきゅう)」(伊勢):

« 宮崎本店見学ツアー4 … 伊勢神宮参拝(伊勢) | トップページ | 宮崎本店見学ツアー6 … 「白鷹 三宅商店」(伊勢) »