« 店情報: 力士居酒屋「大忍(だいにん)」(鷺ノ宮) | トップページ | 初めてのホッケの刺身 … 「土風炉(とふろ)」(品川) »

住宅街の密かな人気店 … 力士居酒屋「大忍(だいにん)」(鷺ノ宮)

生ビール&かつお刺身


 昨年の11月。野方「すっぴん酒場」からの帰り道に、普段は通らない道を歩いていると、住宅街の中に力士居酒屋「大忍」という酒場を発見した。

 「すっぴん酒場」でけっこう飲んだ後だったが、ついふらりと立ち寄って、「黒霧島」(400円)をロックでもらって、「あつあげキムチ」(価格表記なし)と「タコのからあげ」(400円)をいただいたのだった。

 家族連れもやって来るような店なんだけど、店内はほぼ満席。地域の人気店のようだ。

『今度は1軒めとして、じっくりと来ることにしよう!』

 と思いながら、お勘定1,300円(ということは「あつあげキムチ」は500円だったのかな?)を支払って、1時間ほどで店を後にしたのだった。

 あれから6ヶ月。やっと今日、1軒め酒場として、「大忍」にやって来た。

 店内は入口の左手に厨房があり、その厨房前に5席ほどのカウンター席。そこを通過した店の奥側には、テーブル席が3卓12人分。全部で17人という、比較的小さめの空間である。

 そんなカウンター席の一角に座り、まずは生ビール(400円)と、「本日のおすすめ」メニュー(日替りの手書きメニュー)から「かつお刺身」(価格表記なし)を注文した。

 この店のメニューは、カウンター上に立っている「おしながき」(こちらも手書き)にあるものには値段が明記されているが、日替りの「本日のおすすめ」には値段は書かれていないのだ。

 しかし、値段明記の「おしながき」に、350~500円ぐらいのものが多いので、「本日のおすすめ」も、びっくりするほど高くはないに違いない。

 『力士居酒屋』という店の肩書からもわかるとおり、この店の店主・安藤誠(あんどう・まこと)さんは元力士。力士時代の四股名(しこな)が「大忍(だいにん)」だった。

 そんな安藤さんは、昭和58(1983)年、福岡市早良区の出身。15歳で故郷を後にして、朝日山部屋に入り、2014年に引退。翌年2月に、奥さまのアキさんと二人で、この店を開いた。現在、創業3年を過ぎたところである。

 生ビールに続く2杯めは「黒霧島」をロックでもらって、つまみは「砂肝のからあげ」(価格表記なし)を注文。

 このころ(午後8時頃)になると、カウンター席は満席で、奥のテーブル席も4卓中3卓にお客さんが入っている状態になった。平日(火曜日)なのに、すごいね。

 3杯めに「地ウイスキー」(400円)をロックでもらう。一升瓶のこの焼酎は、信州マルス蒸留所(本坊酒造株式会社@鹿児島市)で造られた限定品、「こだわりモルトの地ウイスキー」だ。レトロな外観もいいね。

 つまみは、カウンター席に座っている大常連の女性、ミミさんが持参された大きいラッキョウ。これまた、いいつまみになりますねぇ!

 ビール→焼酎→ウイスキーと飲み進んできたので、4杯めは日本酒をもらうことにする。

 日替りの日本酒は、1杯350円のものと、1杯700円のものの2種類があるとのこと。

 350円のほうを選ぶと、清酒「姫街道ひめかいどう」の一升瓶で出してくれたんだけど、今、この文章を書きながら調べてみると、このお酒を造っていた愛知の白井醸造株式会社は、『2004年廃業』となっている。

 瓶の中身はなんだったんだろうなあ?

 たぶん奥さまが説明してくれたんだろうけど、酔ってて覚えていない……。

 お酒に合わせて出してもらったつまみは、「珍味3点盛り」(価格表記なし)。

 出てきたのは、タコわさ、イカ塩辛、チャンジャ(タラ内臓)、カツオ酒盗(柚子風味)という、3点ならぬ4点盛り。こういうつまみ、大好きです。

 たっぷりと3時間ほど楽しんで、今夜のお勘定は4,100円なり。どうもごちそうさま。

 『力士居酒屋』だけに、メニューには「ちゃんこ」(1人前900円)もあって、店頭の張り紙には『力士の味。栄養満点。夏でも冬でもお一人ちゃんこOK!!』と書かれています。

 今度はこれも食べてみなきゃね。

Img_8704a Img_8709a Img_8708a
かつお刺身 / 「黒霧島」ロック / 砂肝のからあげ

Img_8714a Img_8713a Img_8711a
ウイスキーロックは / 「こだわりモルトの地ウイスキー」 / ミミさんのラッキョ

Img_8719a Img_8718a Img_8716a
日替り日本酒は / 「姫街道」なのか? / 珍味4点盛り

Img_5102b Img_5110b Img_5112b
昨年11月に初訪問 / あつあげキムチ / タコのからあげ

店情報

《平成30(2018)年5月15日(火)の記録》

|

« 店情報: 力士居酒屋「大忍(だいにん)」(鷺ノ宮) | トップページ | 初めてのホッケの刺身 … 「土風炉(とふろ)」(品川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66790520

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅街の密かな人気店 … 力士居酒屋「大忍(だいにん)」(鷺ノ宮):

» トウモロコシの唐揚げ … 力士居酒屋「大忍(だいにん)」(鷺ノ宮) [居酒屋礼賛]
 水曜日の今夜は、住宅街の中にある人気居酒屋「大忍」。  街なかの居酒屋と違って、女性客や家族連れなどが多いのが大きな特徴だ。  カウンター席に座って、生ビール(400円)からスタートする。  すぐに店主が手渡してくれるのは、おすすめメニュー。  いつもある定番メニューの他に、その時季のおすすめメニューが手書きされているのだ。 「ここに書いている以外に、牛スジとコンニャクの煮込み、トウモロコシの唐... [続きを読む]

受信: 2018.07.23 08:31

« 店情報: 力士居酒屋「大忍(だいにん)」(鷺ノ宮) | トップページ | 初めてのホッケの刺身 … 「土風炉(とふろ)」(品川) »