« 宮崎本店見学ツアー3 … 炭焼ホルモン「金城屋(かねしろや)」(松阪) | トップページ | 宮崎本店見学ツアー5 … 伊勢女衆の味「すし久(すしきゅう)」(伊勢) »

宮崎本店見学ツアー4 … 伊勢神宮参拝(伊勢)

ガイドの黄瀬鴻さん


 宮崎本店見学ツアーの2日目。松阪駅近くのホテルで目覚めた参加者たちは、松阪駅から近鉄急行・五十鈴川行に乗車して約15分。伊勢市駅に到着した。

 この駅を降りると、すぐ目の前が伊勢神宮の外宮げくうへと続く長~い表参道である。

 この外宮への参拝に向けて、伊藤さんが、伊勢神宮のボランティアガイドを申し込んでくれていた。

 我われについてくださったガイドは、黄瀬鴻(きせ・ひろし)さん(冒頭の写真)。

 定年退職後にボランティアガイドになり、今年で91歳という大ベテランである。

 私自身、伊勢神宮にやってきたのは今回が2度目。(1度目の関連記事は→こちらこちら

 自分ひとりでブラブラ回るのと、ボランティアガイドさんが付いてくださるのとでは大違い。

 伊勢神宮内のあちこちで、『へぇ~っ、そうだったのか!』と感心することしきりである。

 黄瀬さんは、ガイドとして毎日のように神宮内を歩き回っているからか、91歳とは思えないほど軽快な足取りで、別宮「多賀宮」へと続く階段もスイスイと上っていかれる。

 その黄瀬さんによると、神様へのお供え物として、古来より米が供えられるんだけど、その米を供える形態としては、『酒』が第1番目で、次が『もち』、そして『ごはん』の順。

 そして、伊勢神宮のお供え物は、自給自足が基本なので、昔はお酒も自前で造ってたんだそうです。

 ところが、酒税法などの関係で、アルコール飲料を勝手に作ることができなくなったため、お酒だけは自給自足をやめて、灘の「白鷹」を御料酒として選んだんだそうな。

 そんなわけで、ずいぶんと勉強になる伊勢神宮参拝となったのでした。

 この後もちろん、天照大御神あまてらすおおみかみをお祀りしている内宮ないくうにもお参りした。

 これもまた、ガイドの黄瀬さんから教えていただいたことなんだけど、外宮と内宮では、屋根の両端に角のように突き出している千木ちぎの形が違うんだそうだ。

 外宮では千木の先端は、地面に対して垂直にカットされ、風穴は2つ空いている。

 ところが内宮では、先端は地面に対して水平にカットされ、風穴は2つ半なのだ。

 これもまた知らなかったなぁ。

 内宮への参拝を終えたところで、ちょうど正午過ぎ。お楽しみの昼食だ!

Img_9049a Img_9059a Img_9062a
伊勢市駅の前が表参道 / まずは外宮から / ここが外宮の入口

Img_9068a Img_9075a Img_9101a
外宮の隣にある大庭(おおば) / 豊受大神宮(外宮) / 外宮の千木

Img_9220b Img_9219b Img_9112b
続いて内宮へ / 大鳥居をくぐって橋を渡る / 五十鈴川

Img_9119b Img_9120b Img_9127b
御手洗場(みたらし) / 水が美しい / 皇大神宮(内宮)

Img_9132b Img_9139b Img_9144b
内宮の千木 / 白鷹が供えられている / おかげ横丁

|

« 宮崎本店見学ツアー3 … 炭焼ホルモン「金城屋(かねしろや)」(松阪) | トップページ | 宮崎本店見学ツアー5 … 伊勢女衆の味「すし久(すしきゅう)」(伊勢) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66830783

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎本店見学ツアー4 … 伊勢神宮参拝(伊勢):

« 宮崎本店見学ツアー3 … 炭焼ホルモン「金城屋(かねしろや)」(松阪) | トップページ | 宮崎本店見学ツアー5 … 伊勢女衆の味「すし久(すしきゅう)」(伊勢) »