« 開店1周年おめでとう … 昭和酒場「ALWAYS(オールウェイズ)」(高円寺) | トップページ | 伝統のフィッシュパイ … パブ「The Rising Sun(ザ・ライジング・サン)」(四ツ谷) »

ワタ+ワタでゲソワサ … 立呑み「やきや」(荻窪)

ワタ+ワタでゲソワサ


 水曜日の今日は、午後7時ごろに荻窪「やきや」に到着。

 この時間になると、「珍味わたあえ」(200円)はもちろんのこと、「いかみみ刺身」(200円)も「げそ揚げ」(200円)も売り切れている。

 人気の品は、売り切れるのが早いのだ。

 そんなわけで、いつものように「ホッピー」(320円)をもらって、1品めのつまみには「自家製塩辛」(200円)を注文した。

 旨みたっぷりの塩辛は、1品めのつまみとしても、ちょうどいい。

 ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、160円)をもらって、料理の2品めは「いかなんこつ焼」(200円)を『タレかけ』のオプション付きで注文する。

 『タレかけ』は、「珍味わたあえ」が売り切れていないと注文できない品。「珍味わたあえ」の器に残っているタレ(=味がついたイカワタ)を、焼き上がったナンコツにかけでくれるのだ。

 「いかなんこつ焼」はもちろんのこと、このタレ(イカワタ)がうまいっ!

 「いかなんこつ焼」を食べ終えたところで、「自家製塩辛」の器には、塩辛の残りのイカワタが、そして「いかなんこつ焼」の皿には、ワタ和えの残りイカワタが残っている。

 ここからが最大のお楽しみだ。

 どの刺身と合わせようか?

 「いかみみ刺身」は売り切れてるので、選択肢は「いか刺身」(200円)か、「げそわさ」(200円)。

 ちょっと考えて、今夜は「げそわさ」にした。

 この「げそわさ」を、普通にワサビ醤油でいただくのではなくて、塩辛のワタや、ワタ和えのワタでいただくわけですね。

 これが旨くてたまらん。

 特に、ワタ和えのワタにワサビを混ぜるのがいいんだな。

 1時間ちょっとの立ち飲みタイム。

 ホッピーがソト1・ナカ3に、つまみが3品で、今夜のお勘定は1,240円でした。どうもごちそうさま。

Img_9413a Img_9406a Img_9407a
立呑み「やきや」 / ホッピー / 自家製塩辛

Img_9408a Img_9409a Img_9412a
いかなんこつ焼(タレかけ) / げそわさ / 塩辛やワタ和えのイカワタでいただく

店情報前回

《平成30(2018)年5月23日(水)の記録》

|

« 開店1周年おめでとう … 昭和酒場「ALWAYS(オールウェイズ)」(高円寺) | トップページ | 伝統のフィッシュパイ … パブ「The Rising Sun(ザ・ライジング・サン)」(四ツ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66848344

この記事へのトラックバック一覧です: ワタ+ワタでゲソワサ … 立呑み「やきや」(荻窪):

» ワタ+ワサビでミミ刺 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 ワタ+ワサビでミミ刺。  この食べ方が美味しくて、すっかりはまっている。  まず「珍味わたあえ」(200円)を注文して、これは普通につまみとしていただく。  ちょっと甘めの「珍味わたあえ」には、七味唐辛子を振りかけるとうまいんだな。  これでホッピー(320円)の1杯めを飲み干して、ナカ(おかわり焼酎160円)をもらうと共に、「いかみみ刺身」(200円)を注文する。  この店の刺身用の皿は長方形... [続きを読む]

受信: 2018.07.14 12:56

« 開店1周年おめでとう … 昭和酒場「ALWAYS(オールウェイズ)」(高円寺) | トップページ | 伝統のフィッシュパイ … パブ「The Rising Sun(ザ・ライジング・サン)」(四ツ谷) »