« ワタ+ワタでゲソワサ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 玉ネギを使った串2本 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

伝統のフィッシュパイ … パブ「The Rising Sun(ザ・ライジング・サン)」(四ツ谷)

フィッシャーマンズパイ


 1974年(昭和49年)創業。東京で最も歴史のある純英国パブ「ザ・ライジング・サン」にやってきた。

 今日の「ザ・サン」(「ザ・ライジング・サン」の略称)でのトピックは、なんといっても初めていただいた「フィッシャーマンズパイ」(1,500円)だ。

 「フィッシャーマンズパイ」は、伝統的な英国の家庭料理で、シーフードをソースであえたものにマッシュポテトをかけて焼いた料理。

 これにトーストと、ブロッコリーを添えて出してくれた。

 この料理自体がもともと美味しいのか、ジョーさん(マレーシア出身の女性店長)の調理が上手なのか。ほんわりと魚介の風味が感じられるパイがすごく美味しい。

 これはギネス生(ハッピーアワーには800円)も進むってもんだ。

 実は今日は、職場の飲み仲間たちと、四ツ谷駅近くの南米料理の店、「ロミーナ」に向かったのだが、なんと予約で満席。残念ながら入ることができなかった。

 そこで、方針変更して、ここ「ザ・サン」にやってきたのでした。

 バスペールエール(ハッピーアワーは800円)をもらって乾杯し、料理は「チーズの盛り合わせ(チェダー、スモーク、ブリー)」(950円)、モルトビネガーをたっぷりとかけていただく「ポテトフライ(Chips)」(750円)、トーストにベイクドビーンズを乗せたスナック「ベイクドビーンズ・オン・トースト」(650円)、さらには「自家製ソーセージ」(950円)をいただいた。

 なにしろ英国パブなので、料理をたのむ、たのまないは客の自由。

 外国人客が多い店内は英語であふれていて、外国人客の多くはビールを片手におしゃべりを楽しんでいる。

 つまみなしで、ゆっくりとビールを飲んでいる人が多いのだ。

 我われのテーブルだけが料理であふれている感じ。

 バスペールエールを2杯いただいた後、飲みものをギネス生に切り替えて、「フィッシャーマンズパイ」を追加注文したのだった。

 ハッピーアワー(午後7時半まで)が終わった後も、ギネス生(950円)をいただいて、「ビーフジャーキー&サラミ」(700円)も追加。

 午後11時まで、たっぷりと4時間半も楽しんで、今夜のお勘定は3人で16,100円(一人当たり5,367円)でした。どうもごちそうさま。

Img_9430a Img_9431a Img_9432a
南米料理「ロミーナ」 / 入口は2階 / なんと本日は予約で満席!

Img_9443a Img_9444a Img_9445a
「ザ・ライジング・サン」 / この店も2階にある / バスペールエール

Img_9449a Img_9451a Img_9452a
モルトビネガーなどの調味料 / チーズの盛り合わせ / ポテトフライ

Img_9454a Img_9455a Img_9457a
バスペールエールおかわり / ベイクドビーンズ・オン・トースト / 自家製ソーセージ

Img_9461a Img_9462a Img_9465a
ギネス生に切り替え / フィッシャーマンズパイ / 小皿に取り分けていただく

Img_9466a Img_9469a Img_9468a
ギネス生おかわり / ビーフジャーキー&サラミ / 今宵のメンバー

店情報前回

|

« ワタ+ワタでゲソワサ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 玉ネギを使った串2本 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66861026

この記事へのトラックバック一覧です: 伝統のフィッシュパイ … パブ「The Rising Sun(ザ・ライジング・サン)」(四ツ谷):

« ワタ+ワタでゲソワサ … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 玉ネギを使った串2本 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »