« 腹いっぱい北京ダック … 「中国茶房8(チャイニーズカフェ・エイト)」(赤坂見附) | トップページ | 目の位置から短望遠で … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »

ワタ+ワサビでミミ刺 … 立呑み「やきや」(荻窪)

ワタ+ワサビでミミ刺


 ワタ+ワサビでミミ刺。

 この食べ方が美味しくて、すっかりはまっている。

 まず「珍味わたあえ」(200円)を注文して、これは普通につまみとしていただく。

 ちょっと甘めの「珍味わたあえ」には、七味唐辛子を振りかけるとうまいんだな。

 これでホッピー(320円)の1杯めを飲み干して、ナカ(おかわり焼酎160円)をもらうと共に、「いかみみ刺身」(200円)を注文する。

 この店の刺身用の皿は長方形。その角のひとつが弧状に仕切られて醤油が入れられるようになっていて、そこに練りわさびも添えらえている。

 この練りわさびのすべてを、「珍味わたあえ」の小皿に残っている、甘~いワタダレの中に投入して、よ~くかき混ぜる。(醤油は入れません。)

 そして、「いかみみ刺身」をひと切れずつとって、このワサビ入りワタダレにからめながらいただくのです。

 ワタダレだけだと甘いんだけど、これにワサビが加わることで、絶妙なピリ甘(ぴりあま)感になる。ここがポイント。これがいいんだな。

 もちろん「いか刺身」(200円)や「げそわさ」(200円)を、このワサビ入りワタダレにからめて食べても十分に美味しいんだけれど、「いかみみ刺身」のしっかりとした弾力感と、ワサビ入りワタダレのピリ甘感とのバランスが、他にも増していいのである。

 できることなら毎回食べたいこの組み合わせなんだけど、最大の問題点は「珍味わたあえ」も「いかみみ刺身」も、『超』が付くほど人気の品であること。

 かなり早い時間帯に売り切れてしまうのだ。

 今日は午後6時半ごろに店に着くことができたので、なんとかこの両者に間に合ってラッキーだった。

 しかし、私が注文した少し後に、「珍味わたあえ」も「いかみみ刺身」も売り切れた。

 3杯めとなるナカには、「げそ揚げ」(200円)を『タレかけ』でもらう。

 『タレかけ』というのは、「珍味わたあえ」が入っていた器に残っているワタダレをかけてもらうオプションのこと。

 このオプションは、「珍味わたあえ」が売り切れた後でないと使えない。

 もともとコクのある「げそ揚げ」に、ワタダレが加わることで、さらにぐんとコクがアップするのである。

 4杯め(ソト1・ナカ4)には「自家製塩辛」(200円)。私が知っているイカ塩辛の中では、この店のイカ塩辛が一番うまい!

 そんなわけで、珍味わたあえ、いかみみ刺身をワタダレで、げそ揚げをタレかけで、最後に自家製塩辛と、すべてにイカワタが入ったつまみが堪能できた一夜となりました。

 1時間半ほど立ち飲んで、4品と4杯でのお勘定は1,600円。どうもごちそうさま。

Img_0280a Img_0281a Img_0284a
ホッピー / 珍味わたあえ / いかみみ刺身

Img_0286a Img_0287a Img_0289a
ワタダレにワサビを投入 / げそ揚げ+タレかけ / 自家製塩辛

店情報前回

《平成30(2018)年6月14日(木)の記録》

|

« 腹いっぱい北京ダック … 「中国茶房8(チャイニーズカフェ・エイト)」(赤坂見附) | トップページ | 目の位置から短望遠で … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66939122

この記事へのトラックバック一覧です: ワタ+ワサビでミミ刺 … 立呑み「やきや」(荻窪):

» 粘りの中にコリコリ感 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 土曜日の今日は、夕方、涼しくなってから家を出発し、軽いウォーキング(散歩?)を兼ねて荻窪へ。  わが家から荻窪までは約3キロ。普通に歩いて40分ぐらいかかる。  朝からずっと家の中にいたので、これくらいの運動をするのがちょうどいい。  そんなウォーキングの終点としてやって来たのは「やきや」である。  午後6時半の店内は、いつものように満員状態だったけど、店に着いたときに、ちょうど店を出るお客さん... [続きを読む]

受信: 2018.07.18 07:31

« 腹いっぱい北京ダック … 「中国茶房8(チャイニーズカフェ・エイト)」(赤坂見附) | トップページ | 目の位置から短望遠で … 「カフェ・ド・セントロ(CAFE do CENTRO)」(日比谷) »