« エロうま豆腐にならず … 立飲「やきや」(中野) | トップページ | いか納豆で締めくくる … 立呑み「やきや」(荻窪) »

トウモロコシの唐揚げ … 力士居酒屋「大忍(だいにん)」(鷺ノ宮)

トウモロコシの唐揚げ


 水曜日の今夜は、住宅街の中にある人気居酒屋「大忍」。

 街なかの居酒屋と違って、女性客や家族連れなどが多いのが大きな特徴だ。

 カウンター席に座って、生ビール(400円)からスタートする。

 すぐに店主が手渡してくれるのは、おすすめメニュー。

 いつもある定番メニューの他に、その時季のおすすめメニューが手書きされているのだ。

「ここに書いている以外に、牛スジとコンニャクの煮込み、トウモロコシの唐揚げ、冷やしトマト、パクチーメンマ、北海道産のブリ、島根産のマグロ大トロもあります」

 と店主。毎日の仕入れによって、急に加わるメニューもあるのだ。

「じゃ、まずは牛スジとコンニャクの煮込みをお願いします」

 この店のメニュー、定番ものには値段が付いているが、おすすめメニューなどには値段は書かれていない。

 でも、女性客や家族連れが多いことからもわかるとおり、決して高くはない。

 しかも本格的な常連さんの場合は、飲みものだけ注文して飲んでると、料理のほうは1品、また1品と、店主おすすめの料理が、ほぼお任せ状態で出されたりしている。

 そういうお客さんが、毎日やって来ても飽きないように、幅広い食材を仕入れたりしてるんだろうな。

 生ビールに続いては、焼酎をもらうことにする。

 カウンターの上段に並んでいる一升瓶の中に、芋焼酎「くじら」があるんだけど、メニューには載ってない。

「カウンター上にある焼酎は、1杯で注文できますか?」

「はい、いいですよ」

「じゃ、『くじら』をロックでお願いします」

 でてきた「くじら」は、ロックグラスのふちまでたっぷり!

 さらにはチェイサーの水も出してくれた。

 この「くじら」ロックが、「牛スジとコンニャクの煮込み」によく合うのぉ。

 牛スジはもちろんのこと、一緒に煮込まれているコンニャクのプリプリ感がすばらしい。

 奥のテーブルのお客さん(家族連れ)から「トウモロコシの唐揚げ」の注文が入ったので、私もそれを便乗注文した。

 そしてその「トウモロコシの唐揚げ」ができあがってきたところで、前回いただいて美味しかった「地ウイスキー」(400円)をロックでもらった。

 この地ウイスキーは、信州マルス蒸留所で造られた「こだわりモルトの地ウイスキー」という限定品。一升瓶のウイスキーである。

 あぁ、このトウモロコシがうまいっ! 甘みがいいね。

「表面に九州の醤油をぬってるんですよ」と店主。

 なるほどなぁ。九州の醤油の甘みと、トウモロコシ本来の甘みとの相乗効果でこの味が出てるのか。

 さっくりと1時間半ほど楽しんで、今夜のお勘定は2,400円でした。どうもごちそうさま。

Img_0436a Img_0422a Img_0432a
「大忍」 / 生ビール / 飲みものメニュー

Img_0423a Img_0425a Img_0424a
本日のおすすめ / 食べものメニューその(1) / その(2)

Img_0427a Img_0428a Img_0434a
牛スジとコンニャクの煮込み / 「くじら」ロック / トウモロコシの唐揚げ

Img_0431a Img_0430a Img_0435a
地ウイスキーを / ロックで / トウモロコシ完食

店情報前回

《平成30(2018)年6月20日(水)の記録》

|

« エロうま豆腐にならず … 立飲「やきや」(中野) | トップページ | いか納豆で締めくくる … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トウモロコシの唐揚げ … 力士居酒屋「大忍(だいにん)」(鷺ノ宮):

« エロうま豆腐にならず … 立飲「やきや」(中野) | トップページ | いか納豆で締めくくる … 立呑み「やきや」(荻窪) »