« いか納豆で締めくくる … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 刺身をワタにからめて … 立呑み「やきや」(荻窪) »

4番目がミョウガなり … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

しょうがみょうが


 1串に6つの肉巻きが刺さっている「しょうがみょうが」(200円)。

 肉巻きの中身は、順番と内容は決まってるんだそうで、串の先っぽから「しょうが」「しょうが」「しょうが」と3つ続いて、4つめが「みょうが」。そして5つめ、6つめがまた「しょうが」。

 つまり6つの肉巻きのうち、「みょうが巻き」が1個しかないのでした。

 この「しょうがみょうが」もまた、「すっぴん酒場」で人気の焼きものの1つです。

 月、火、水、木と、それぞれ1軒ずつ、「横に倒したハシゴ酒」(=1日1軒ずつだけど、毎日、酒場に寄り道)を楽しんで、金曜日の今日は野方の「すっぴん酒場」である。

 私の場合は、行き当たりばったりの「横に倒したハシゴ酒」だけど、近所にお住いの荒木マタエモンさんなんかは、月曜日はここ、火曜日はここ、……と、曜日ごとに行くお店が決まっている。

 しかも、神田、神保町、神楽坂、野方とそのエリアがぐんと広いし、1日1軒では終わらない。縦向きのハシゴ酒が、横向きにも続くという大酒豪なのでした。

 さて「すっぴん酒場」。

 いつものように「黒ホッピー」(450円、ホッピーは黒のみ)を注文し、お通し(100円)のお新香をつまみながら、これまたいつものように、レバ、シロ、チレ(各100円)を注文しようとしたら、なんとレバが売り切れている。

 しかたなくシロ、チレでスタートして、2杯めとなるナカ(250円)をもらうと同時にガツ(100円)を、3杯めとともにカシラ(100円)を追加した。

 ここは立ち飲みの、もつ焼き屋なので、本来は「サッと飲んでスッと帰る」というスタイルが望ましいんだろうが、常連さんたちはみんな長っちりだ。2時間ぐらいは平気で立ち飲んでいる。

 もつ焼きの美味しさもさることながら、常連さんたち同士の会話がまた楽しいのだ。

 4杯めとなるナカをもらうと共に、冒頭でご紹介した「しょうがみょうが」を焼いてもらって〆とした。

 たっぷりと2時間半の立ち飲みタイム。キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払額は1,900円でした。どうもごちそうさま。

Img_0463a Img_0464a Img_0465a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピー / お通しのお新香

Img_0466a Img_0468a Img_0472a
しろ(手前)、ちれ / がつ / かしら

店情報前回

《平成30(2018)年6月22日(金)の記録》

|

« いか納豆で締めくくる … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 刺身をワタにからめて … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66977242

この記事へのトラックバック一覧です: 4番目がミョウガなり … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 久々のピーマン肉詰め … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 久々の「ピーマン肉詰め」(200円)である。  どれくらい久しぶりかというと、前にいただいたのが昨年末なので、ちょうど6ヶ月ぶりだ。  ピーマンの中に、つくねを詰めて、タレ焼きに仕上げたこの一品。  けっこう好物で、あれば割りとよく注文しているんだけれど、なにしろない(売り切れてる?)ことのほうが多いのだ。  半年ぶりに食べることができて良かったなぁ。  土曜日の今日は、夕方になってから散歩もか... [続きを読む]

受信: 2018.07.30 07:53

« いか納豆で締めくくる … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 刺身をワタにからめて … 立呑み「やきや」(荻窪) »