« トウモロコシの唐揚げ … 力士居酒屋「大忍(だいにん)」(鷺ノ宮) | トップページ | 4番目がミョウガなり … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

いか納豆で締めくくる … 立呑み「やきや」(荻窪)

いか納豆


 14年間の単身赴任生活を終えた今は、横に倒したハシゴ酒。

 1日のうちに何軒もハシゴするのではなくて、1日は1軒だけだけど、ほぼ毎日のように、会社帰りに立ち寄り酒だ。

 こうして1軒だけ飲んで、午後9時前には自宅に帰り着くと、身体にダメージも残らず、明日の仕事にも支障をきたさない。

 これを『横に倒したハシゴ酒』と呼んでいるのでした。

 今週は、月曜日に荻窪「やきや」、火曜日に中野「やきや」、水曜日に鷺ノ宮「大忍」とハシゴして、木曜日の今日はまた荻窪「やきや」にやってきた。

 このJR線なら中野~荻窪、西武線なら野方~鷺ノ宮ぐらいのエリアであれば、自宅に近いので、飲み終えたあとが楽(らく)。

 せっかく気持ちよく飲んだのに、そこからまた満員電車に揺られて帰るというのは疲れるからねぇ。できれば自宅近くで飲みたいのだ。

 さて荻窪「やきや」。

 今日はまだ「いかみみ刺身」(200円)が残っていたので、ホッピー(320円)とともに、その「いかみみ刺身」を注文する。

 「いかみみ刺身」というと、このところ「珍味わたあえ」のタレで食べたり、「自家製塩辛」のあとのワタに醤油を足して、ワタ醤油にして食べたり、ワサビの代わりにおろし生姜しょうがを付けてもらって、生姜醤油で食べたりということが多くて、標準的な食べ方(=ワサビ醤油)でいただくことは少なかった。

 改めてワサビ醤油で食べてみると、これもやっぱり美味しいねえ。ときどき原点回帰してみないといかんね。

 今日の立ち位置は、入口を入ってすぐ右側の焼き台前。

 その焼き台上で次々に焼かれていく「いかげそ焼」(200円)が、いかにも美味しそうなので、2杯めとなるナカ(160円)をもらうと同時に、その「いかげそ焼」を注文した。

 ここのイカは鮮度が抜群なので、タレ焼きにした「いかげそ焼」も素晴らしくうまい。『ゆっくりと食べよう』と思ってるのに、つい熱々の間にパクパクっと食べてしまうのでした。

 3杯めには「げそ揚げ」(200円)を『タレかけ』でもらう。

 『タレかけ』は、「珍味わたあえ」が売り切れた後、そのタレをかけてもらうオプション。

 先日、大常連のだいちゃんのとなりになった時に、

「わたあえの器に箸が立ってるときは、まだわたあえが残ってるってこと。売り切れると、タレかけにするために、箸の代わりにスプーンが入るんです」

 と教えてくれた。なるほど、常連さんたちはそうやって、わたあえが売り切れてるかどうかを見極めてたんですね。

 最後の1杯となる4杯めには、「いか納豆」(200円)を合わせる。

 前にも書いたとおり、「いか納豆」に使っているのは、イカの頭頂部(イカミミあたり)に近い部分の身の刺身。その切り方も、「いか納豆」用に工夫されている。

 この部位でないと、そしてこの切り方でないと、納豆に合う食感にならないんだそうだ。

 1品200円の料理に、ここまでのこだわりが織り込まれているところに、多くの呑兵衛たちが引かれるんだろうな。

 1時間半ほど立ち飲んで、4杯と4品でのお勘定は1,600円。どうもごちそうさま。

 店を出ると、外はやっと暗くなり始めたところ。今日は夏至でした。

Img_0439a Img_0440a Img_0441a
「やきや」 / ホッピー / いかみみ刺身

Img_0442a Img_0445a Img_0451a
いかげそ焼 / げそ揚げ(タレかけ) / いか納豆(かき混ぜた後)

店情報前回

《平成30(2018)年6月21日(木)の記録》

|

« トウモロコシの唐揚げ … 力士居酒屋「大忍(だいにん)」(鷺ノ宮) | トップページ | 4番目がミョウガなり … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いか納豆で締めくくる … 立呑み「やきや」(荻窪):

» 刺身をワタにからめて … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 土日の休肝日をはさんで、月曜日の今日は、またまた荻窪「やきや」にやってきた。  このところ、「やきや」率がものすごく上がっている。  うまい、安い、心地よく酔える、という3点において、ここをしのぐ酒場はないというのがその理由。  だから毎日やってくる常連さんも多い。  ここ「やきや」に限らず、多くの大衆酒場が、そんな状況なのではないだろうか。客単価は安くても、毎日のようにやってくる多くの常連さん... [続きを読む]

受信: 2018.07.26 11:52

« トウモロコシの唐揚げ … 力士居酒屋「大忍(だいにん)」(鷺ノ宮) | トップページ | 4番目がミョウガなり … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »