« できた煮込みを即注文 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 粘りの中にコリコリ感 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

つくね・目玉焼き付き … 焼とり「よね田」(西荻窪)

つくね・目玉焼き付き


 久しぶりに西荻窪にやって来た。

 「古典酒場編集長酔いどれブログ」にもしばしば登場する、台湾料理の「珍味亭」を目指してやって来たんだけれど、その「珍味亭」の狭い店内は、すでにお客さんでいっぱい!

 とても入れそうにない。

 あきらめて路地の両側に並ぶ店々を見学しながら歩いていると、なんと! 「よね田」の店内に空席があるのが見える!

 大急ぎでその店内へと滑り込んだ。

 まずは白ホッピー(セット400円)をもらって、ひと口分だけ喉を潤したら、料理の注文だ。

 注文するものはもう決まっている。

「すみません。マグロ小(80g、380円)と、つくね(250円)を目玉焼き付き(+100円)でお願いします」

 これだ。すると、

「今日はマグロの小はなくなって、120gの大だけなんですけど、それでいいですか?」

 と店のおねえさん。

 なるほどそうなのか。それは仕方がないね。そのマグロ大(120g、480円)をもらうことにした。

 そして出てきた120gのマグロは、分厚い刺身がたっぷりと5切れ分。

『うわっ。大丈夫かなぁ!』

 何を心配しているかというと、この料理のボリュームだ。

 私はそんなにたくさんは食べられないので、この店の巨大なつくねだけでも「食べられるかどうか」といった感じなのだ。それに加えて、この量のマグロ刺身だからなぁ。

 でもこれが、食べ始めるとやっぱり美味いんだ。つるんと入ってくる。

 ナカ(おかわり焼酎、280円)ももらって、入店から20分ほど経ったところで「つくね+目玉焼き」がやってきた。

 なにしろ巨大なハンバーグぐらいあるつくねだから、焼くのにも時間がかかるのである。

 その巨大つくねを、崩しては玉子の黄身にからめて食べ、崩しては食べと、じわじわと攻略しながら、3杯めとなるナカももらう。

 無事につくねも食べ終えて、4杯めとなるナカをもらって、つまみは何か軽いものをということで「韓国産キムチ」(100g、220円)を注文すると、なんと売り切れ。

 「豚ガツ刺し」(280円)を、ゆず胡椒ポン酢でもらうことにした。

 最後に軽くの気持ちで注文した「豚ガツ刺し」だったが、さすが「よね田」、これもまた結構なボリュームだ。

 入店して1時間20分が経ったころ、店のおねえさんから「ラストオーダーです」という声がかかる。

 いつも満席のこの店は、滞在時間を2時間に制限していて、お客さんそれぞれが何時に入店して、いつまで居ることができるのか、ということをきっちりと管理しているようだ。

 しかし、私もこれ以上はもう食べられない。

 4杯めのホッピーを飲み干して、「豚ガツ刺し」も完食し、お勘定は2,070円。

 店を出たのは入店から1時間45分後だった。

 もう何も入らない状態なんだけど、念のため帰り道にも「珍味亭」を覗いてみたら、まだ満席状態が続いていた。ここもまたすごい人気店なんですね。

Img_0320a Img_0301a Img_0303a
焼とり「よね田」 / ホッピー / マグロ

Img_0306a Img_0305a Img_0302a
お飲みものメニュー / お食事メニュー / 今日の手書きメニュー

Img_0307a Img_0312a Img_0318a
つくね・目玉焼き付き / ボリュームたっぷり / 豚ガツ刺し(ゆず胡椒ポン酢)

店情報前回

《平成30(2018)年6月15日(金)の記録》

|

« できた煮込みを即注文 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 粘りの中にコリコリ感 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66943594

この記事へのトラックバック一覧です: つくね・目玉焼き付き … 焼とり「よね田」(西荻窪):

« できた煮込みを即注文 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 粘りの中にコリコリ感 … 立呑み「やきや」(荻窪) »