« 店情報: 割烹「ゆず」(荻窪) | トップページ | 腹いっぱい北京ダック … 「中国茶房8(チャイニーズカフェ・エイト)」(赤坂見附) »

はまや食堂を偲びつつ … 割烹「ゆず」(荻窪)

組合せ自由定食


 呉への3年ほどの単身赴任を挟んで、呉の前に8年半、呉の後に1年半、単身赴任した横浜。

 その後期の横浜単身赴任時代に通い詰めたのが、単身赴任社宅のすぐ近くにあった「はまや食堂」だった。

 各種定食が並ぶなか、ほぼいつも注文していたのが日替りの「特別定食」(980円)だった。

 これはその日の主菜1品に加えて、3品の候補から2品をチョイスする副菜。それにライスセット(ごはん、みそ汁、お新香)とフルーツが付く。

「特別定食を、副菜は全部。ライスは小で後からお願いします」

 と注文して、おかずをつまみに、まずはビール(大瓶480円)、そして日本酒(大徳利500円)をいただく。

 『副菜は全部』というのは、本来、3品から2品をチョイスしなければならないところを、3品とももらうというオプションだ。この場合、3品の中で、もっとも単品価格が安いもの(200円ほど)が追加料金になる。ライス小は20円引き。

 最後の〆に、「そろそろごはんを」とお願いしてライスセットをもらい、軽いフルーツをいただく。

 これには、はまった。

 ところが!

 とっても残念なことに、その横浜の後、1年半ほどブラジルに単身赴任している間に、なんとその「はまや食堂」が、店主のご高齢を理由に閉店してしまったのである。

 さらに言えば、ほぼ同時期に野毛の名店「武蔵屋」もまた、店主ご高齢のため閉店。

 ブラジルで大ショックを受けたのでした。

 その後、いまだに「はまや食堂」に代わる店は見つけられずにいる状況。(「武蔵屋」に代わる店ももちろん、見つけることはできません。)

 そんな中、荻窪に面白い定食屋があるという情報を得た。

 ずらりと並ぶ15品ほどのおかずから、2品を選んで定食にすると980円、3品を選んで定食にすると1,350円という統一価格。その名も「組合せ自由定食」だ。

 今日のメニューに並んでいるおかずは、あじ刺身、まぐろ刺身、さばみそ煮、まぐろ納豆、あじフライ、キスフライ、ヒレかつ、メンチかつ、チキンかつ、鳥唐揚、山芋とろろ、野菜サラダ、ブタサラダ、肉豆腐、煮込ハンバーグ、山芋千切という16品。

 う~む。迷うのぉ。

 すべてが主菜だから、ちょっと選びにくい。

 「はまや食堂」のように、主菜1品+副菜2品みたいなほうが、呑兵衛向けなんだけどなぁ。

 そう思いながら他のお客さんたちを見てみると、お酒はもとより、ビールの飲んでいるお客さんもいない。みんな黙々と定食に対峙している。

 といって、酒類がないわけではない、カウンター上部のメニューには、ビール中瓶(580円)、酒(450円)、冷酒(750円)、焼酎(400円)、焼酎ボトル(2,800円)とある。

「定食を、まぐろ納豆と、さば味噌煮の2品でお願いします。あとビールをください」

 と注文。すぐに出てきたビールを飲みながら、定食の出を待つ。

 出てきた定食は、まぐろ納豆、さば味噌煮という主菜2品に、ごはん、みそ汁、お新香、そして煮豆(大豆の醤油煮)が付いている。

 本当は、「ごはん、みそ汁、お新香は後で」というオプションが選べればいいんだけど、そんなことできるのかなぁ?

 さっくりと1時間弱。お勘定は1,560円でした

Img_0045a Img_0038a Img_0039a
割烹ゆず / 組合せ自由定食 / ビールを飲みながら待つ

Img_0043a Img_0041a Img_0044a
さば味噌煮/ まぐろ納豆/ よーくかき混ぜていただく

店情報

《平成30(2018)年6月5日(火)の記録》

|

« 店情報: 割烹「ゆず」(荻窪) | トップページ | 腹いっぱい北京ダック … 「中国茶房8(チャイニーズカフェ・エイト)」(赤坂見附) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66907585

この記事へのトラックバック一覧です: はまや食堂を偲びつつ … 割烹「ゆず」(荻窪):

« 店情報: 割烹「ゆず」(荻窪) | トップページ | 腹いっぱい北京ダック … 「中国茶房8(チャイニーズカフェ・エイト)」(赤坂見附) »