« 下町よりも下町らしい … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) | トップページ | これぞ横須賀ホッピー … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »

カリッとカワがうまい … うなぎ串焼き「くりから」(中井)

カワ


 うなぎ串焼きの「くりから」にやってきた。

今宵の面々 店の奥のテーブル席を、なおちゃん、ここちきさんと3人で囲む。

 まずはそれぞれ好みの飲みものをもらって乾杯だ。私は「ホッピー白セット」(400円)にした。

 料理は「くりから」(1本280円)を3本、「レバー」(1本250円)と「ヒレ」(1本250円)を2本ずつ注文し、その焼き上がりを待つ間の、すぐに出てくるつまみとして「ホネ」(300円)と「キャベツ」(250円)も注文した。

 今日は残念ながら「キモ刺」(650円)は売り切れているそうだ。

 「くりから」が開店したのは平成25(2013)年11月25日。

 現在、創業4年半といったところだが、いろんなメディアにも登場している有名店である。

 あぁ、それなのに!

 ここ中井にも、やっぱり都市開発の波はやって来てるんですねぇ。

 その影響を受けて、ここ「くりから」も今年の10月までで閉店することになってしまったのです。

 幸いなことに、その後の移転場所が東中野に決まり、店内の改装準備なども始まっているとのこと。

 もつ焼「丸松」に続いて、ここ「くりから」もまた東中野に進出。

 今後の東中野は、ますます面白い呑兵衛タウンになりそうですねぇ。

 移転に関する詳細などは、店主の公式ブログでご確認ください。

 「中(キンミヤ)」(250円)をどんどんおかわりしながら飲み進み、「カワ」(1本250円)を追加注文する。

 サクッと香ばしくてスパイシーな「カワ」は、この店に来たら必食の一品。

 店主の鈴木規純(すずき・のりよし)さんが、中野「川二郎」の店長をされていたころに、『鶏の皮の焼き鳥のように、カリッとしているんだけど、ジュワッとうま味があるような串を、うなぎでも作れないか』と試行錯誤し、2013年の夏に、うなぎの尾の方の身を使って焼くという、このうなぎの皮焼きにたどりついたんだそうな。

 2時間半ほど大いに飲んで、今夜のお勘定は3人で7,660円(ひとり当たり2,553円)でした。どうもごちそうさま。

Img_0703a Img_0704a Img_0707a
「くりから」 / 奥のテーブル席 / 食メニュー

Img_0708a Img_0710a Img_0711a
飲メニュー / ホッピー白セット / ホネ

Img_0714a Img_0716a Img_0717a
キャベツ / くりから / レバー(奥)とヒレ

店情報前回

《平成30(2018)年7月6日(金)の記録》

|

« 下町よりも下町らしい … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) | トップページ | これぞ横須賀ホッピー … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67024962

この記事へのトラックバック一覧です: カリッとカワがうまい … うなぎ串焼き「くりから」(中井):

» 頭丸ごとしゃれこうべ … うなぎ串焼き「くりから」(中井) [居酒屋礼賛]
 東中野の「丸松」をあとに、本日の2軒めは中井の「くりから」である。  「丸松」から「くりから」までは1.5キロほど。歩いても20分かからない距離なんだけど、今日は伊野さんと一緒なので、タクシーでビュンと移動する。  「くりから」に到着したのは午後8時20分。  こっちもまた「丸松」同様に大人気店なので、店内はほぼ満席状態。  かろうじて空いていた、カウンターの角の所に入れてもらい、伊野さんは角ハ... [続きを読む]

受信: 2018.09.24 08:04

« 下町よりも下町らしい … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) | トップページ | これぞ横須賀ホッピー … 「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »