« 瀬戸内海の穴子天ぷら … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 店情報: 「白頭山(はくとうざん)」(小倉) »

豆腐をショウガ醤油で … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山)

豆腐をショウガ醤油で


 一昨日、福山駅で途中下車して、「自由軒」で『ちょい飲み』をしたあと、四国・松山へと帰省していたのですが、今日また、四国・松山から福山へと移動してきて、ここからまた新幹線に乗り込んで、出張先への続きの移動です。

 でもその前に、やっぱり寄りますよねぇ、「自由軒」。

 現在の時刻は午後1時45分。新幹線の時刻は2時45分なので、「自由軒」から福山駅への移動時間なども考慮すると、40分ほどは『ちょい飲み』することができるかな。

 たまたま一昨日と同じ席が空いていたので、そこに座り、今日も「大ビール」(600円)からスタートするが、今日はキリン(キリンラガービール大瓶)を選択した。

 つまみには、「ハモ湯びき」(400円)。酢味噌か梅肉が選べるところを、梅肉で注文したところ、なんとこれが売り切れ。

 代わりに、前に来たときに、常連さんたちが食べていて気になった「ニラみそ」(300円)と「キムチ納豆」(300円)のうち、「キムチ納豆」をいただくことにした。

 キムチ納豆は、小鉢の三方に、納豆、キムチ、そして刻みネギが盛られてやってくる。これを自分でグリグリとかき混ぜていただくわけですね。

 健康にいいとか、ダイエットにいいとか、いろいろ言われているキムチ納豆ですが、呑兵衛のお伴としてもいいですねぇ。

 そして2品めのつまみは、おでんの「豆腐」(150円)。

 いつもはこれに、自家製の味噌ダレをかけてもらっているのだが、今日は、これまた以前から課題となっていたショウガ醤油でいただいてみることにした。

 豆腐を注文すると、おでん鍋の中で煮込まれている豆腐が1つ、大皿に盛られ、その状態で、豆腐をおさえてお皿を傾け、一緒に入ってきたつゆを、おでん鍋に戻す。

 味噌ダレのときは、ここから味噌ダレをかけて出してくれる。

 ショウガ醤油の場合は、その味噌ダレのとなりにある、あらかじめ調合されているショウガ醤油が、たっぷりとかけられて、さらに刻みネギをトッピングして出してくれる。

 ど~れどれ。

 なるほどなぁ。これはさっぱりとした湯豆腐風だ。『おでんの豆腐』って感じじゃなくなっている。

 これはこれで美味しいけれど、「自由軒」らしいの、おでんらしいのは、やっぱり味噌ダレのほうの豆腐ですね。

 予定どおり40分ほど楽しんで、今日のお勘定は1,050円なり。

 どうもごちそうさま。

Img_1211a Img_1215a Img_1212a
「自由軒」 / 大ビール / メニューの一部

Img_1214a Img_1217a Img_1218a
キムチ納豆は / よくかき混ぜていただく / 豆腐をショウガ醤油で

店情報前回

《平成30(2018)年7月23日(月)の記録》

|

« 瀬戸内海の穴子天ぷら … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 店情報: 「白頭山(はくとうざん)」(小倉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豆腐をショウガ醤油で … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山):

» 新幹線を待つ間に一杯 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) [居酒屋礼賛]
 3度目の正直。今日こそ入れた「自由軒」だ。  なにしろ今日は、福山での仕事の最終日で、午前中に仕事が終わったため、福山駅前まで戻ってきたのは午後2時過ぎ。  ランチも終わった昼下がりで、もっとも空(す)いてる時間帯だからなぁ。それでも半分ぐらいの席が埋まってるのが、大人気の「自由軒」ならではだ。  予定の新幹線まで、1時間ほどしかないので、急げ急げ。  同行のお二人は生ビール(600円)を、私は... [続きを読む]

受信: 2018.11.15 07:00

« 瀬戸内海の穴子天ぷら … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 店情報: 「白頭山(はくとうざん)」(小倉) »