« 塩辛がうまいのなんの … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 瀬戸内海の穴子天ぷら … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »

炭火焼きカマンベール … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

カマンベール


 明日からしばらくの間、もつ焼きのない地域に出かける予定なので、もつ焼きの食いだめにやってきた。

 まずはいつものように「黒ホッピー」(450円)をもらって、「れば」「しろ」「ちれ」(各100円)を、それぞれ1本ずつ注文すると、すぐに出された今日のお通し(100円)は定番のお新香である。

 もともとチレ(脾臓ひぞう)はあまり好きじゃなかったんだけど、2年ほど前に、初めてこの店のチレを食べて、すっかりチレに開眼。

 それ以来、もとから好きだったレバ、シロに、チレも加えた3種3本を最初にいただくことが、この店での自分のパターンとして定着しているのでした。

 ナカ(250円)をもらって、「ねぎおやじ」(150円)。

 これは白ネギと、ニンニクがよく効いた「おやじつくね」(150円)を合体させて焼き上げたもの。

 「おやじつくね」そのものも美味しいのだが、白ネギと合わさることで、また別の味わいになるのが面白い。

 さらにナカをもらって、「カマンベール」(250円)を注文する。

 これはカマンベールチーズを炭火で焼いて、カリカリのパンと一緒に出してくれるもの。

 熱が入ってトロリとなったカマンベールチーズが、とてもいいつまみになる。これまた人気の一品だ。

 ソト1・ナカ4となる、最後のナカをお願いして、焼きものは「あぶらにんにく」(100円)と「ハラミナンコツ」(100円)である。

 「あぶらにんにく」は、その名のとおり、1本の串にあぶらとニンニクを刺して焼き上げたもの。

 カリッとこうばしい脂の食感と、ホッコリとしたニンニクの食感が、口の中で渾然一体となって、旨みを倍増させてくれる。

 仕込める本数が少ない割りに、とっても人気が高いので、「あぶらにんにく」は、『ひとり1本限り』というしばりがある。

 ゆっくりと2時間ほど立ち飲んで、今夜の支払い総額は2,200円でした。どうもごちそうさま。

Img_1154a Img_1156a Img_1157a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピーとお通し(お新香) / れば

Img_1159a Img_1160a Img_1162a
ちれ、しろ / ねぎおやじ / カマンベール

Img_1165a Img_1166a Img_1169a
あぶらにんにく / ハラミナンコツ / ごちそうさま

店情報前回

《平成30(2018)年7月20日(金)の記録》

|

« 塩辛がうまいのなんの … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 瀬戸内海の穴子天ぷら … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67090966

この記事へのトラックバック一覧です: 炭火焼きカマンベール … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 今季初のらっきょう漬 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 土曜日の今日は、運動もかねて散歩を楽しみつつ、「すっぴん酒場」へとやって来た。  店に着いたのは午後4時45分。  午後4時に開店する店内には、すでに何人かのお客さんが入っていて、大常連のS藤さんも奥のほうで立ち飲んでいる。  私もそのS藤さんのとなりに立って「黒ホッピー」(450円)をもらうと、今日のお通し(100円)はポテトサラダだ。  そして1品めのつまみとして「らっきょう」(100円)を... [続きを読む]

受信: 2018.09.09 08:40

« 塩辛がうまいのなんの … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 瀬戸内海の穴子天ぷら … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »