« 混ぜないでタヌキ豆腐 … 鯉とうなぎの「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | メカブをつまみに冷酒 … 立飲「やきや」(中野) »

今宵は豚レバがいいね … 炭火串焼「テング酒場」(麹町)

豚レバー


 前の職場の先輩・Tさんが、7月からうちの職場に移ってこられたので、今日は以前から面識のあるメンバー同士で小さな歓迎会。

 職場からもほど近い「テング酒場」に集まった。

 ビール好きのTさんは「生ビール」(ジョッキ420円、以下価格はすべて税抜)、Aさんと私は「ホッピーセット白」(390円)をもらって乾杯だ。

 「テング酒場」はチェーン居酒屋ながら、ここ麹町店の場合特に、店内の雰囲気や料理が普通の大衆酒場っぽいのが面白い。

 料理のほうは、まずは「自家製もつ煮豆腐」(320円)、「手作りしゅうまい」(1個130円)に、「ポテトと野菜の大盛りサラダ」(390円)や、メニューに新登場した「自家製ソーセージの鉄板焼き」(3本390円)を注文した。

 「手作りしゅうまい」は時間がかかるので、早めに注文しておくのがポイントだ。

 「生ビール」や、ホッピーの「中(焼酎60ml)」(210円)をおかわりしながら、店の肩書きにもなっている『炭火串焼』をもらう。

 今日は『鶏串焼』は「ささみ串わさび」(1本100円)と「砂肝」(1本90円)を、『豚串焼』は「豚レバー」(1本80円)、「かしら」(1本100円)、「はらみ」(1本90円)を、すべて2本ずつ注文し、串からはずして3人で分けることにした。

 店の公式サイトの、『炭火串焼テング酒場のこだわり』によると、この『炭火串焼』の肉は、各店舗でカットして串にうち、炭火で焼き上げたものだそうな。

 焼き手は、アジア系外国人のおにいさんなんだけど、最初に来たころよりも焼くのが上手になってる気がするなぁ。

 特に今日は「豚レバー」が美味しい。

 第2巡めのつまみとして、「手伸ばし! 4種のチーズを使ったトマトソースピザ」(320円)や、ここに来たらいつも注文している「カシューナッツ」(290円)と「ポテトフライ(ガーリックバター付)」(290円)ももらって飲み進む。

 さらに、「オニオンスライス」(190円)や「お新香盛り合わせ」(390円)も追加注文。

 最後は、ひとり1個ずつ「焼きおにぎり」(1個150円)をもらって〆とした。

 2時間ちょっと楽しんで、今夜のお勘定は3人で9,600円(ひとり3,200円)ほどでした。

 どうもごちそうさま。

Img_0966a Img_0940a Img_0945a
「テング酒場」 / ホッピーセット白 / もつ煮豆腐

Img_0941a Img_0946a Img_0948a
ポテトと野菜の大盛りサラダ / ソーセージの鉄板焼き / 手作りしゅうまい

Img_0951a Img_0953a Img_0955a
ささみ串わさび、かしら、はらみ / 砂肝 / 4種のチーズを使ったトマトソースピザ

Img_0956a Img_0958a Img_0961a
カシューナッツ / ポテトフライ / オニオンスライス

Img_0962a Img_0964a Img_0944a
お新香盛り合わせ / 焼きおにぎり / 今宵のメンバー

店情報前回

《平成30(2018)年7月9日(月)の記録》

|

« 混ぜないでタヌキ豆腐 … 鯉とうなぎの「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | メカブをつまみに冷酒 … 立飲「やきや」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今宵は豚レバがいいね … 炭火串焼「テング酒場」(麹町):

» 手作りしゅうまいで〆 … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) [居酒屋礼賛]
 会社を出たところで、同じ職場のAさんと一緒になり、急きょ「テング酒場」に向かうことになった。  かつて工場勤務だったときは、作業服から私服に着替えるロッカールームで、ばったりと一緒になって、「1軒、行く?」なんてことが多かったのだが、ブラジルへの単身赴任から戻ってきてからは、ずっと事務所での仕事。  ロッカールームで着替える、ということがなくなったから、帰りに誰かとばったりと会って、急に一緒に飲... [続きを読む]

受信: 2019.01.18 07:00

« 混ぜないでタヌキ豆腐 … 鯉とうなぎの「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | メカブをつまみに冷酒 … 立飲「やきや」(中野) »