« 塩ラッキョウで酎ハイ … 「丸大ホール(まるだいほうる)本店」(川崎) | トップページ | 今宵は豚レバがいいね … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) »

混ぜないでタヌキ豆腐 … 鯉とうなぎの「まるます家(まるますや)」(赤羽)

たぬき豆腐


 「丸大ホール」を出て、川崎駅からJR上野東京ラインに乗って約35分。赤羽に到着する。

 そして赤羽と言えば、やっぱり「まるます家」ですよねぇ。

 日曜日、午後2時過ぎの「まるます家」は、予想どおり行列ができている。

 でもまぁ、外の行列が6~7人(中に2~3人)といったところなので、それほどの大行列ではない。

 20分ほど待ってカウンター席に座ることができた。

 今日は芋焼酎「黒五代」(350円)をロックでもらう。

 ックゥ~~ッ! ロックが効くねえ。

 店内で待っている間、壁のメニューを見ながら「たぬき豆腐」(500円)にしようか、「ホヤ塩辛」(400円)にしようかと、さんざん悩んだんだけど、席に着いたら、なんだか急に「サバみそ煮」(500円)が食べたくなって、まずはそれを注文した。

 この「サバみそ煮」。ほとんど待つこともなく、あっという間に出てくるのもいいよねぇ。

 考えてみれば、昨日は横須賀~横浜で9軒もハシゴしたのに、魚料理をいただいたのは、1軒めの「中央酒場」だけ。

 今日の1軒め、「丸大ホール」でも魚料理は食べなかったので、この「サバみそ煮」が、26時間ぶりぐらいの魚料理だ。

 急に「サバみそ煮」が食べたくなったのは、身体が魚を欲してたのかもね。あぁ、美味しい。

 「サバみそ煮」をいただいて、落ち着いたところで、芋焼酎ロックをおかわりし、いよいよ「たぬき豆腐」(500円)である。

 この「たぬき豆腐」。いつもグチャグチャにかき混ぜていただいていた。

 ところが、YouTubeで『林家正蔵の今日も四時から飲み』を見ていたところ、若女将の和子さんが、

「サクサク感を残しつつ召し上がっていただきたいので、ちょっとお豆腐をすくって、揚げ玉も食べながら……」

 と正蔵さんに、「たぬき豆腐」のおすすめの食べ方を紹介しているではありませんか。(動画の始めから9分ぐらいのところ)

 そのあと和子さんは「混ぜる方もいます」ともおっしゃってるんですが、今日はぜひそのサクサク感を味わってみようと、混ぜずにいただいてみることにした。

 なにしろ「たぬき豆腐」に入っている揚げ玉とおつゆは、この「たぬき豆腐」のためだけに自家製で作っているものなんですって!

 お汁の中の豆腐を、スプーンでひと口大に切り分けて、揚げ玉や、まわりの具材もちょっと添えながらいただく。

 おぉ。なるほどなぁ。

 以前、「やみつきの天玉そば、その理由わけは!?」というコラム記事にも書いたとおり、しっかりと混ぜて均質にしてしまわずに、不均質な状態にしておくこともまた、コクの要素のひとつなんだそうな。

 成分をわざと均一にしないことで、口の中で、さまざまな味のバリエーションが楽しめることが、コクに拡がりを持たせてくれるんだって。

 この『混ぜないたぬき豆腐』もまた、そんな感じ。

 お汁の旨みの中に、豆腐の味わいがあり、キュウリの食感があり、カニカマの弾力感と美味しさがありと、それぞれのプレイヤーの個性がよくわかる。

 揚げ玉のサクサク感も、いいではありませんか!

 この揚げ玉に、ふっと海老の風味が感じられたりするのも面白い。

 とは言うものの、グチャグチャに混ぜて食べるのも、これまた美味しいので、ぜひ両方の食べ方を試してみてください。

 1時間ほど楽しんで、今日のお勘定は1,700円でした。どうもごちそうさま。

 「まるます家」を出て、「丸健水産」のあるアーケード商店街(シルクロード)を抜け、赤羽駅東口のバス停から、高円寺駅北口行きの路線バス(赤31系統)に乗る。

 このバス、赤羽駅が始発なので、ほぼ座れる。これまで座れなかったことがない。

 そして30分ちょっとで、野方駅北口のバス停に到着するので、ちょうどいい酔い覚ましになるのだ。

 もし寝過ごしたとしても、高円寺駅が終点で、しかも必ず起こしてくれるので、ダメージも少ない。

 そんなわけで、野方に到着したのは午後4時半。

 本当は3軒めとして「秋元屋」に寄って帰ろうと思ってたんだけど、もう飲めないなぁ。

 今日もにぎわう「秋元屋」を横目で見ながら、自宅へと向かったのでした。

Img_0922b Img_0910b Img_0911b
「まるます家」 / 開店時刻変更のお知らせ / うなぎ販売価格訂正のお知らせ

Img_0914b Img_0916b Img_0920b
芋焼酎「黒五代」ロック / サバみそ煮 / 混ぜないで、たぬき豆腐

Img_0924b Img_0926b Img_0930b
「丸健水産」 / 野方「秋元屋」 / 「すっぴん酒場」は定休日

店情報前回

《平成30(2018)年7月8日(日)の記録》

|

« 塩ラッキョウで酎ハイ … 「丸大ホール(まるだいほうる)本店」(川崎) | トップページ | 今宵は豚レバがいいね … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 混ぜないでタヌキ豆腐 … 鯉とうなぎの「まるます家(まるますや)」(赤羽):

» 平成最後の大みそかに … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) [居酒屋礼賛]
 今年最後の、平成最後の大みそかを締めくくる酒場はここ。赤羽の「まるます家」だ。  午前11時半ごろに店に到着すると、カウンターには2席分の空席があり、その1つにスルッと座ることができた。  これはものすごくラッキーなことだったようで、この後、店の表には空きを待つお客さんたちの行列が伸びていった。  まずは「ジャン酎」(1,100円)を「ライム&ミントセット」(100円)と一緒にもらって、この店の... [続きを読む]

受信: 2018.12.31 22:21

« 塩ラッキョウで酎ハイ … 「丸大ホール(まるだいほうる)本店」(川崎) | トップページ | 今宵は豚レバがいいね … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) »