« 炭火焼きカマンベール … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 豆腐をショウガ醤油で … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »

瀬戸内海の穴子天ぷら … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山)

あなご天ぷら


 新幹線で出張先に移動する途中、福山駅で途中下車。

 午前10時過ぎに東京駅を出発し、福山についたのは午後2時前。3時間半ほどの行程である。

 ちょうど昼どきをまたぐ移動だったけど、新幹線の中では食事もとらず、ビールも飲まず。その理由わけは、福山「自由軒」での『ちょい飲み』を楽しみにしてたから。

 午後2時前という時刻であれば、人気の「自由軒」も少しはいてるんじゃないかと思って、この時間帯での移動を計画した次第。

 その読みどおり、「自由軒」の店内には何席かの空席があり、すっと座ることができた。

「大瓶のビールをお願いします」

「アサヒ? キリン?」

「アサヒで」

「はい。(店の奥に向かって)アサヒ、1本!」

 という、店のおねえさんとの、いつものやり取りを経て、アサヒスーパードライの「大ビール」(600円)が目の前にやってきた。

 まずは取り急ぎ、最初の1杯をキューッと飲み干して、ひと息つく。あぁ~、うまいっ!

 そしておもむろに「すじ」(300円)を注文する。

 「すじ」は、おでん鍋で他のおでん種と一緒に煮込まれている牛ズジのこと。

 西日本方面のおでん屋では、牛スジは串に刺した状態で煮込まれていて、その串のまま提供されることが多いが、ここの牛スジは、バラバラに煮込まれているものを小鉢に盛ってくれる。

 その牛スジに、この店独自の味噌ダレをかけて出してくれるのが最大の特徴。

 この味噌ダレは、府中味噌をベースに、ゴマ、チンピ(ミカンの皮)、ケシ、アサ、サンショウなどを加えて作ったもの。

 おでんを注文すると、店のおねえさんが、「味噌?」と聞いてくれるので、「はい」と答えると味噌ダレをかけてくれる。

 牛スジに限って言えば、味噌ダレをかけるのを断っている人は見たことがない。

 続いては、おでんの「豆腐」(150円)。これにも味噌ダレをかけてもらう。

 味噌ダレの中身あ、七味唐辛子の材料としても使われるものであるため、七味唐辛子をの相性もいい。

 だからピリッと辛みを効かせたい時は、味噌ダレの上に七味唐辛子を振りかけて食べるのがいい。

 続いて「あなご天ぷら」(400円)を注文し、その天ぷらが出てきたところで、飲みものを「日本酒」(350円)に切り替える。

 日本酒は、地元・福山の「天寶一てんぽういち」。これを今日は『や』(=常温)でいただいた。

 穴子あなごは、瀬戸内海でよく獲れる魚介類のひとつ。煮ても、焼いても、揚げてもうまい。この天ぷらも素晴らしい味わいだ。

 福山の地酒に合わせて、「ちいちいいか酢味噌」(400円)も追加注文。

 チイチイイカは、地域によってベイカ、ベカ、ベコ、ミミイカなどとも呼ばれている小さなイカで、瀬戸内海や有明海の特産品だ。

 春から初夏が旬なので、今年はもうそろそろ終わりかな。

 最後に、もちが入った「きんちゃく」(150円)をいただいて〆ようと注文すると、

「ごめん。キンチャクはさっき入れたところで、まだ若いんよ」

 と店のおねえさん。ありゃ残念。

「それじゃ、ロールキャベツをお願いします」

 と、これまたこの店の名物のひとつ、おでんの「ロールキャベツ」(250円)で〆とした。

 さっくりと1時間ほど楽しんで、今日のお勘定は2,300円なり。どうもごちそうさま。

 あ、そうだ。今回初めて、店のトイレを使用したんだけど、これが今では懐かしい和式の水洗トイレ。このトイレの掃除そうじが行き届いていて、一点の汚れもなくピッカピカなのに驚いた。ここにも一つ、大人気店である所以ゆえんを感じたのでした。さすがですねぇ。

Img_1191a Img_1190a Img_1171a
福山天満屋裏の路地 / 「自由軒」 / まずは大瓶ビール

Img_1188a Img_1189a Img_1174a
壁のメニュー / 飲みものメニュー / 今日の手書きメニュー

Img_1172a Img_1177a Img_1181a
すじ(おでん) / 豆腐(おでん) / あなご天ぷら

Img_1183a Img_1184a Img_1186a
日本酒(冷や) / ちいちいいか酢味噌 / ロールキャベツ(おでん)

店情報前回

《平成30(2018)年7月21日(土)の記録》

|

« 炭火焼きカマンベール … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 豆腐をショウガ醤油で … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内海の穴子天ぷら … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山):

» 豆腐をショウガ醤油で … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) [居酒屋礼賛]
 一昨日、福山駅で途中下車して、「自由軒」で『ちょい飲み』をしたあと、四国・松山へと帰省していたのですが、今日また、四国・松山から福山へと移動してきて、ここからまた新幹線に乗り込んで、出張先への続きの移動です。  でもその前に、やっぱり寄りますよねぇ、「自由軒」。  現在の時刻は午後1時45分。新幹線の時刻は2時45分なので、「自由軒」から福山駅への移動時間なども考慮すると、40分ほどは『ちょい飲... [続きを読む]

受信: 2018.08.27 07:31

« 炭火焼きカマンベール … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 豆腐をショウガ醤油で … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »