« 食感抜群!コブクロ刺 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 〆は柚子風味の白菜漬 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

パラスパで締めくくる … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮)

ぱらすぱ


 野方のがたの「すっぴん酒場」を出て、トコトコと都立家政とりつかせい方面へと歩く。

 最初は「竹よし」に寄って、「ばりこて」のラーメンで締めて帰ろうかと思っていたのだが、もうそんなに多くは食べられそうにない。

 そこで「竹よし」前もそのまま通過して、さらに鷺ノ宮さぎのみや方面へ。

 今夜の2軒めは、「ペルル」にした。

 いつものようにキープしているボトルを出してもらって、ウイスキー水割りを作る。

 ウイスキーのボトル(4,500円から)をキープしていたら、あとは毎回、「水・氷セット」(500円)をもらうだけで、そのウイスキーのロックや水割りを何杯でも飲むことができるのだ。

 ハイボールを飲みたい場合には、この水・氷セットに加えて、瓶入りの炭酸水(300円)をもらう必要がある。

 今夜の「ペルル」には、海釣りを大趣味としているKさんがいらっしゃってて、いつものように、その釣果をみんなに振る舞ってくれている。

 今日の釣果はイサキ。

 そのイサキの刺身のほか、真子の煮ものや白子も出してくれた。

 なにしろイサキの鮮度がいいから、刺身も煮ものも美味しいねぇ!

 さらに、となりのお客さんがキープしている「パンペロ・アニバサリオ」というラム酒を、ちょっといただいたりしながら過ごすうち、ちょっとお腹もすいてきた。

 最後に久しぶりに「ぱらすぱ」(500円)をいただいて締めることにする。

 「ぱらすぱ」は、「パラパラスパゲッチ」の略称。

 ゆであがったスパゲティに、昆布茶をパラパラ、醤油をパラパラ入れてかき混ぜて皿に盛り、仕上げに刻み海苔をパラパラと振りかけるとできあがり。

 いろんなものをパラパラ入れるから、「ぱらすぱ」という名前になった。

 その昔、お店の常連さんでドイツに赴任していた人が、日本食が恋しくなって作ったのがこのスパゲティだった。その話を聞いて「ペルル」でも出すようになったそうだ。

「言ってみればドイツからの逆輸入品ですね」

 創業店主の故・古川実さんが、笑いながらそう話してくれたことを思い出す。(その時のブログ記事。)

 ものすごくシンプルなスパゲティなのに、スルスルッと食べられるんだよなぁ。逆にこのシンプルさがいいんでしょうね。

 閉店時刻の午後11時半まで楽しんで、今夜のお勘定は1,000円でした。どうもごちそうさま。

Img_1034b Img_1036b Img_1038b
「ペルル」 / ウイスキー水割りとイサキ刺身 / イサキ真子煮

Img_1041b Img_1045b Img_1046b
イサキの白子 / 「パンペロ・アニバサリオ」を / 1杯いただく

店情報前回

《平成30(2018)年7月13日(金)の記録》

|

« 食感抜群!コブクロ刺 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 〆は柚子風味の白菜漬 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67073616

この記事へのトラックバック一覧です: パラスパで締めくくる … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮):

» 街を代表する老舗酒場 … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) [居酒屋礼賛]
 「すっぴん酒場」から「秋元屋」本店という、野方の人気もつ焼き店を2軒ハシゴして、野方駅から電車で2駅。鷺ノ宮の「ペルル」にやってきた。  電車で2駅と言っても、野方~都立家政間が0.9キロ、都立家政~鷺ノ宮間が0.5キロしかないので、2駅でも1.4キロしかない。歩いてでも行ける距離だ。  そして「ペルル」。  カウンター十数席だけの店内は、いつも常連さんたちでにぎわっている。  そんなカウンター... [続きを読む]

受信: 2018.09.11 07:25

« 食感抜群!コブクロ刺 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 〆は柚子風味の白菜漬 … 立呑み「やきや」(荻窪) »