« 替玉せずに焼酎ロック … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) | トップページ | 下町よりも下町らしい … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) »

八戸出張からの帰りに … 立呑み「やきや」(荻窪)

ホッピー

 2泊3日の八戸出張からの帰り道、荻窪「やきや」に立ち寄った。

 女将さんも、4月に亡くなった大将も、お二人とも青森のご出身だ。

 だから「やきや」のイカ(スルメイカ)は、すべて八戸から直送されてきたもの。

 シメサバもまた八戸の水産加工会社「マルヌシ」で、「やきや」専用に加工されたものだ。

 まずはホッピー(320円)をもらって喉を潤すと、東京に帰ってきた感じがするなぁ。

 わずか2泊3日とはいえ、八戸にいる間はずっと日本酒だったからなぁ。


【初日の昼】 (和食処「かん東」本店@本八戸)
イカ刺定食

 午前中に東京から八戸に移動して、八戸に着いたのはちょうど昼どき。

 八戸市内の和食処「かん東」本店で、イカ定食をいただいた。

 この定食には、イカ刺、イカ鍋、ゲソ唐揚が付いている。

 「やきや」の、作り置いた「げそ揚げ」も大好きなんだけど、揚げたて熱々のゲソ唐揚げも美味しいね。

 これから仕事なので、お酒が飲めないのが残念だ。

Img_4496a Img_4497a Img_4498a
イカ刺 / イカ鍋 / ゲソ唐揚


【初日の夜】 (魚や「吟翠」@本八戸)
ホヤ酢物

 初日の仕事を終えて、夜は八戸中心街にある郷土料理の店、魚や「吟翠」にやってきた。

 乾杯の生ビールのあとは、一貫して青森・桃川株式会社の「ねぶた」を燗でいただく。

 つまみはホヤ、カキなどの近海の魚介類を中心に、豚の陶板焼きなんかも出てきて、最後は少量の握りずしで締めくくった。

Img_4505b Img_4510b Img_4513b
前菜、刺盛など / 焼きガキ / 天ぷら

Img_4514b Img_4516b Img_4518b
豚の陶板焼き / ねぶた(燗) / 〆の握り寿司

【二日めの夜】 (お料理「七草」@本八戸)
殻うに

 八戸で二日めの夜は、お料理「七草」

 ここに来たのは、今回で3回め。八戸に来るたびに連れてきていただいている。

 旬の料理が食べられるお店で、その美味しさにはハズレがない。

 今夜の特筆ものは、ジャンボ殻雲丹うにと、房総沖で釣れたというイシナギだ。

 イシナギは、刺身とせいろ蒸しで出してくれた。

 大きいものでは体長2mほどになるそうなんだけど、その身はしっかりと弾力感があって美味しい。

 この店には全国の地酒と、青森の地酒の両方がそろっているが、八戸に来たらやっぱり「陸奥八仙」(季節限定酒、850円)だよねぇ。

 〆の茶そば。そのあとのデザート(さくらんぼのゼリー寄せ)まで、今回もとても美味しくいただきました。

Img_4538a Img_4533a Img_4543a
生ビールで乾杯 / 前菜三点盛り / 刺盛(いしなぎ、本まぐろ、今別サーモン)

Img_4547a Img_4550a Img_4557a
陸奥八仙 / いしなぎのセイロ蒸し / ひらめの昆布〆の握り、自家製カラスミのせ

Img_4560a Img_4565a Img_4566a
えんどう豆の和風スープ、白子入り / 酢の物 / 〆の茶そば

【そして三日めが今】 (立呑み「やきや」@荻窪)
自家製塩辛

 そんな八戸での二夜を終えて、今日は昼過ぎまで八戸で仕事。

 そのあと、東北新幹線で東京まで戻り、中央線で荻窪まで帰ってきて、「やきや」に入ったのでした。

 ホッピーをいただきながら選んだ今日の1品めは「げそ揚げ」(200円)。

 初日の昼の、揚げたての「ゲソ唐揚」も美味しかったけど、やっぱりそれとこれとは別の美味しさなんだなぁ。

 ここの「げそ揚げ」は、冷めてしっとりと湿った衣に、しっかりと味が染み込んでいるのが旨い。

 2杯めとなるナカ(160円)をもらって、つまみは「自家製塩辛」(200円)を注文。

 八戸の塩辛も食べてみたかったんだけど、残念ながら今回も出てこなかったなぁ。

 3杯めには「いか刺身」(200円)。これを「自家製塩辛」の残りダレにちょっと醤油を足していただく。

 こうすることで簡単に肝醤油きもじょうゆになるのだ。

 ラスト4杯めには「きざみ穴子」(200円)を注文すると、カイトくん(男性店員さん)が作ってくれた。できる料理の幅が、だんだん広がってるのが嬉しいなぁ。

 ゆっくりと2時間弱、楽しんで、今夜のお勘定は1,600円でした。どうもごちそうさま。

Img_0682a Img_0673a Img_0676a
立呑み「やきや」 / げそ揚げ / いか刺身

Img_0679a Img_0680a Img_0681a
塩辛のタレで刺身 / ワサビも投入 / きざみ穴子

店情報前回

《平成30(2018)年7月4日(水)の記録》

|

« 替玉せずに焼酎ロック … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) | トップページ | 下町よりも下町らしい … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) »

コメント

>今日の1品めは「げそ焼き」
「げそ揚げ」ですよね?(笑)

投稿: amarift | 2018.08.20 22:37

ありがとうございます!>amariftさん
おっしゃるとおりです。さっそく修正いたしました(^^)
本人が気付いていない誤字、脱字、書き間違え等が多いので、ご指摘いただけるととてもありがたいです。

投稿: 浜田 信郎 | 2018.08.21 07:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67000317

この記事へのトラックバック一覧です: 八戸出張からの帰りに … 立呑み「やきや」(荻窪):

» ホッピーの頻度が高い … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 安くて美味い、八戸直送のイカ料理が自慢の「やきや」。  となると、当然のように『飲みものは日本酒で』と思うんだけど、なぜかホッピーをいただく頻度が高いんだなぁ。  最初に来たとき(17年前)に、ホッピーをいただいて以来、ここに来るとズゥ~ッとホッピーだ。  当時、ホッピーセットが300円、ナカ(焼酎おかわり)は150円だった。  17年経った今でも、セットは320円、ナカは160円だから、ほとん... [続きを読む]

受信: 2018.08.19 09:35

« 替玉せずに焼酎ロック … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) | トップページ | 下町よりも下町らしい … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) »