« ホッピーの頻度が高い … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | パラスパで締めくくる … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

食感抜群!コブクロ刺 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

こぶくろ刺


 1週間の仕事を終えて、「すっぴん酒場」に到着したのは午後7時過ぎ。

 「すっぴん酒場」は、西武新宿線・野方駅の側から見ると、みつわ通商店会の入口のあたりにある立ち飲みのもつ焼き店。

 うなぎの寝床のように奥に向かって長い店内は、「コ」の字を縦に伸ばしたような立ち飲みカウンターのみ。ギュッと詰めれば20人ぐらいは入れそうだけど、今までそんなに詰まった状態は、私は見たことがない。

 今日のそんな立ち飲みカウンターの中央あたりに立って、黒ホッピー(450円)と、「れば」、「しろ」、「ちれ」(各100円)を注文すると、お通し(100円)は定番の、大根、カブ、キュウリのお新香である。

 支払いは、出された品物と引き換え払いの、いわゆるキャッシュ・オン・デリバリー。

 カウンターの前に立つと、すぐに出される小さなかごにお金を入れておくと、そこから取っていってくれる。

 小銭の残量をできるだけ減らしたいので、いつもまず小銭入れの中にある、ありったけの100円玉、50円玉を、かごの中に入れて、その下に千円札を敷くようにしています。

 ちなみに「すっぴん酒場」のメニューの値段は、すべて50で割り切れるようになっているので、50円未満の硬貨は必要ありません。

 「ナカ(ホッピーの焼酎おかわり)」(250円)をもらって、つまみには「こぶくろ刺」(400円)を選択。

 コブクロは、串焼き(100円)も選択できる。

 「こぶくろ刺」のほうは、ゆで冷まして冷蔵しているコブクロを、注文を受けてから食べやすい大きさに切り分けて醤油をかけ、おろし生姜、刻みねぎ、そしてレモンスライスを添えて出してくれる。

 コブクロというと子宮のことなんだけど、実際に出されるこの部位は、子宮と卵巣を結んでいる卵管である。

 コリッとした弾力感が美味しいね。

 3杯めとなるナカをもらい、次なるつまみは「トマとん」(200円)だ。

 これはくし切りにしたトマトを、豚バラ肉で巻いて串に刺し焼いたもの。

 炭火の威力で、トマトの芯まで熱々になってるのがいい。

 ソト1・ナカ4の4杯めには、「はつみみ」と「かしら」(各100円)を焼いてもらう。

 2時間ちょっとの立ち飲みタイム。総支払額は2,400円でした。どうもごちそうさま。

Img_1010a Img_1011a Img_1012a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピー / お通しのお新香

Img_1013a Img_1016a Img_1017a
れば / ちれ / しろ

Img_1023a Img_1028a Img_1029a
トマとん / はつみみ / かしら

店情報前回

《平成30(2018)年7月13日(金)の記録》

|

« ホッピーの頻度が高い … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | パラスパで締めくくる … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食感抜群!コブクロ刺 … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» 炭火焼きカマンベール … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 明日からしばらくの間、もつ焼きのない地域に出かける予定なので、もつ焼きの食いだめにやってきた。  まずはいつものように「黒ホッピー」(450円)をもらって、「れば」「しろ」「ちれ」(各100円)を、それぞれ1本ずつ注文すると、すぐに出された今日のお通し(100円)は定番のお新香である。  もともとチレ(脾臓(ひぞう))はあまり好きじゃなかったんだけど、2年ほど前に、初めてこの店のチレを食べて、す... [続きを読む]

受信: 2018.08.25 10:08

« ホッピーの頻度が高い … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | パラスパで締めくくる … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »