« 東北のホヤで広島の酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 八戸出張からの帰りに … 立呑み「やきや」(荻窪) »

替玉せずに焼酎ロック … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政)

スープで焼酎


 「竹よし」を出ると、そのまま吸い込まれるように博多ラーメンの「ばりこて」へ。

 この「竹よし」から「ばりこて」という一連の流れは、いつの頃からか自分の中ですっかり定番化されている。

 『飲んだあとのラーメン』を食べなくなって久しいんだけれど、「ばりこて」だけは別枠なんだよなぁ。

 しょっちゅう来るわけではなくて、数ケ月に1度ぐらいの頻度なので、『まぁ、いいだろう!』と自分にも言い聞かせているのでした。

 でも本当に、ラーメンは「ばりこて」でしか食べなくなっちゃったなぁ。

 そして今夜もまた、黒糖焼酎「里の曙」(400円)のロックと、つまみには「ひとくちめんたい」(160円)を注文。

 この店では、一品300円の「おつまみメニュー」が7品ほどそろっていて、飲みものも麦、芋、黒糖の焼酎(各400円)の他、お茶ハイ(350円)、中瓶ビール(500円)、生ビール(500円)、冷酒(600円)と、ラーメン屋さんにしては充実している。

 だからこそ、『軽く飲んで〆にラーメン』という楽しみ方ができるのだ。

 1杯めの焼酎ロックを飲み干したところで、「博多ラーメン」(650円)を「ばりかた」で注文する。

 「ばりかた」というのは麺の硬さ。ここでは「なま」「ばりかた」「かた」「ふつう」「やわ」の5段階が選べるのだ。

 ラーメンは、あっという間にできてくるので、大急ぎで写真を撮ったら、間髪入れずに麺をすすり込む。

 せっかく「ばりかた」に仕上げてくれているのに、ゆっくりしていると麺が軟らかくなってしまうからだ。

 三口ほどはそのまますすってから、卓上の「おろしニンニク」を投入して、さらに食べ進む。このニンニクで、味がビシッと締まるのだ。

 5分も経たずに麺を食べ終えて、若いころなら「替玉」(120円)をもらっていたタイミングで、「替玉」はしないで、黒糖焼酎のロックをおかわりする。

 残っているスープやチャーシューは、焼酎のつまみにするのだ。

 スープをすすって焼酎を飲み、チャーシューをかじって焼酎を飲み、「すりごま」を入れて味を変え、しばらくしたら「紅しょうが」も投入しと、徐々にスープの味を変えていきながら、焼酎ロックをチビリチビリ。

 そして時々、残しておいた「ひとくちめんたい」に箸を伸ばす。

 スープが残り少なくなってきたところで、『激辛注意』と書かれた「からし高菜」も投入。これは効きますよぉ~っ。

 焼酎ロックを飲み終えるのと同時に、ラーメンスープも飲み終えた。完璧なペース配分じゃ!

 店の閉店時刻(午前0時半)まで楽しんで、今夜のお勘定は1,610円なり。どうもごちそうさま。

Img_0649c Img_0650c Img_0652c
博多ラーメン「ばりこて」 / 営業時間 / おつまみメニュー

Img_0651c Img_0654c Img_0659c
一口明太と黒糖焼酎ロック / 博多ラーメン(ばりかた) / 卓上の薬味

Img_0656c Img_0657c Img_0658c
すりごま投入 / 紅しょうが投入 / からし高菜投入

店情報前回

《平成30(2018)年6月30日(土)の記録》

|

« 東北のホヤで広島の酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 八戸出張からの帰りに … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66998411

この記事へのトラックバック一覧です: 替玉せずに焼酎ロック … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政):

« 東北のホヤで広島の酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 八戸出張からの帰りに … 立呑み「やきや」(荻窪) »