« 二夜連続でフク唐揚げ … 鮮魚「おかもと」(下関) | トップページ | 夏だけのお楽しみ枝豆 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

〔コラム〕下関駅の「ふく天うどん」、小倉駅の「かしわうどん」

ふく天うどん


 下関での仕事を終えて、朝から東京に向かって移動である。

 でもその前に、お待ちかねの朝食だ。

 こちらの会社の人たちから「下関駅の『ふく天うどん』がうまい!」という話を聞いて、帰りにぜひ食べなきゃと思っていたのだ。

 店の名は「味一」。JR下関駅のコンコースにあるうどん店だ。

 朝7時の開店時刻と同時に店内へと入り、食券の販売機で、「ふく天うどん」(580円)の券を買い、カウンターで「ふく天うどん」を受け取った。

 店内は入口側の立ち食いの間と、奥側のテーブルの間に分かれているが、両者の間に仕切りなどはない。奥に向かって進んでいくとテーブル席がある。

 「ふく天うどん」にのっているのは、小さいながらも丸1尾分のフクの天ぷらと、フクの形をしたカマボコ。そして刻みネギである。

 うどんは、呉の細うどんにも似た細い麺。ゆで時間(温め時間)が短くて済むのと、ダシがよく絡むのが細うどんのいいところだ。

 ここのうどんも、ダシも美味しいねぇ。

Img_1296b Img_1297b
「味一」 / 店頭のサンプルケース

◇ ◇ ◇

かしわうどん


 下関から電車で13分。小倉に到着する。

 ここから新幹線で東京に向かうのだ。

 せっかく本州にいるのに、ちょっと遠ざかって九州まで行くわけだけど、小倉にはすべての新幹線が停車するので、結果的には早く東京に着くことができることが多い。

 しかしながら、せっかくの小倉。そのままスッと新幹線に乗ってしまってはもったいない。

 さっきの下関「味一」での「ふく天うどん」に続く、第2弾の朝食は、小倉駅在来線ホーム上にある立ち食いうどん屋でいただく、小倉名物「かしわうどん」だ。

 在来線ホーム上の立ち食いコーナーは、各ホームごとにあるんだけど、うどんの店と、ラーメンの店があるので注意が必要だ。

 今日は3・4番ホームの「小倉ホームうどん」の「かしわうどん」(360円)をいただいだ。

 他のホームの立ち食いうどん店がオープンエアなのに対して、「小倉ホームうどん」はしっかりと閉空間になっていて、エアコンが効いているからだ。

 下関で「ふく天うどん」を食べてから、まだそんなに時間がたってないけれど、2杯めのうどんも、なんの問題もなくスルスルッとお腹におさまった。

 これまたうまいのぉ!

 さぁ、いよいよ新幹線に乗り込みますか。

Img_1303b Img_1304b
「小倉ホームうどん」 / 店内のメニューの一部

《平成30(2018)年7月26日(木)の記録》

|

« 二夜連続でフク唐揚げ … 鮮魚「おかもと」(下関) | トップページ | 夏だけのお楽しみ枝豆 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67124748

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム〕下関駅の「ふく天うどん」、小倉駅の「かしわうどん」:

« 二夜連続でフク唐揚げ … 鮮魚「おかもと」(下関) | トップページ | 夏だけのお楽しみ枝豆 … 立呑み「やきや」(荻窪) »