« 各国の料理をコースで … 南米料理「ROMINA(ロミーナ)」(四ツ谷) | トップページ | 頭丸ごとしゃれこうべ … うなぎ串焼き「くりから」(中井) »

いつも満席の大人気店 … もつ焼「丸松(まるまつ)」(東中野)

生ピーマンとつくね


 料理研究家でワインアドバイザーの伊野由有子いの・ゆうこさんと、東中野の「もつ焼 丸松」にやって来た。

 店に着いたのは午後6時前。超人気店だけあって、店内は満席。

 しかしちょうどお勘定をしている方がいて、その人たちと入れ替わるように店内に入ることができた。

 伊野さんは生ビール中(530円、以下すべて税別表記)、私はホッピー(400円)をもらって乾杯し、まずは「れば」(1本120円)を塩焼きで2本、「しろ」(1本120円)を味噌焼きで2本、それらの焼き上がりを待つ間用に、日替りのホワイトボードに書き出されている「みょうがきゅうり」(250円)を、渡された紙に書き込んで、カウンター内のおにいさんに手渡す。

 この店の「れば塩」と「しろ味噌」は、必ず食べたほうがいい。一押しでオススメしたい逸品なのだ。

 ナカ(おかわり焼酎、270円)をもらって、続いての注文は「せんまい刺」(400円)と「みの串」(250円)だ。豚のもつ焼きのみならず、牛もつも置いてるのがいいね。

 伊野さんが「IWハーパーハイボール」(450円)をもらい、私も3杯めとなるナカをもらって、つまみには「焼メンチ(みそ)」(350円)を追加注文。「焼メンチ」の味付けは「みそ」か「ソース」を選ぶことができる。

 メニューには「焼コロッケ」(280円)もあって、こちらはオプションで「カレーがけ」(+50円)にもできる。

 さらに「焼とうもろこし」(150円)と、「生ピーマンとつくね」(300円)も注文。

 「生ピーマンとつくね」は、ピーマンの中につくねを詰めて、両者を一緒にいただくのが美味しいのだ。

 ソト1・ナカ4となる4杯めのナカをもらうと、伊野さんは「特製焼酎ハイボール」(320円)にシフト。つまみは「ゆでたん」(350円)と「焼味噌こんにゃく」(120円)をもらう。

 「ゆでたん」の薬味には、「ゆずこしょう」、「からし」、「わさび」が選べるので、「ゆずこしょう」にしてもらった。

 メニューの幅がとっても広くて、どれをいただいても美味しいのがいいね。だからいつ来ても満員状態なんだ。

 2時間ちょっと楽しんで、お勘定(席料100円/人に消費税が加算される)は二人で5,780円(ひとり当たり2,890円)でした。どうもごちそうさま。

Img_1786a Img_1757a Img_1758a
もつ焼「丸松」 / ホッピー / 生ビール

Img_1765a Img_1766a Img_1767a
みょうがきゅうり / れば(塩) / しろ(味噌)

Img_1780a Img_1769a Img_1770a
日替りメニュー / せんまい刺 / みの串

Img_1773a Img_1774a Img_1775a
焼メンチ(みそ) / 焼とうもろこし / 生ピーマンとつくね

Img_1777a Img_1782a Img_1784a
ピーマンにつくねを詰めて / ゆでたん(ゆずこしょう) / 焼味噌こんにゃく

店情報前回

《平成30(2018)年8月23日(木)の記録》

|

« 各国の料理をコースで … 南米料理「ROMINA(ロミーナ)」(四ツ谷) | トップページ | 頭丸ごとしゃれこうべ … うなぎ串焼き「くりから」(中井) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつも満席の大人気店 … もつ焼「丸松(まるまつ)」(東中野):

« 各国の料理をコースで … 南米料理「ROMINA(ロミーナ)」(四ツ谷) | トップページ | 頭丸ごとしゃれこうべ … うなぎ串焼き「くりから」(中井) »