« 夏だけのお楽しみ枝豆 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | カイト君のイカゲソ焼 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

今夜も野毛でハシゴ酒 … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町)他

都橋商店街


 横浜での仕事を終えて、樹木希林さんのご実家としても広く知られている野毛の「叶家」で飲んだ後、Y先輩と二人でやって来たのは「第一亭」である。

 現在の時刻は午後8時半。もうラストオーダーを過ぎてるぐらいの時間だ。

「二人ですけど、まだいいですか?」

 と奥の小上がりに入れてもらい、ハイボール(500円)を2杯もらって乾杯である。

 まずは入れて良かった良かった。

 料理のほうも、大急ぎで「チートのしょうが炒め」(600円)と、Y先輩のご希望で「いか炒め」(750円)を注文。

 それと合わせて、「最後にパターン(600円)もいただきたいので、適当なタイミングで作ってください」とお願いし、紹興酒もボトル(2,000円)でもらった。

 Y先輩は、「第一亭」に来たのは今回が初めて。

 そのY先輩が注文した「いか炒め」は、私も初めていただく一品である。

『どんな料理が出てくるのかなぁ』

 と楽しみに待っていると、出てきたのは、とろみのついた、野菜炒め風のもので、刻み目が入ったイカの身が入っている。

 いやぁ、これもうまい。「第一亭」の料理は、ハズレ無しだなぁ。

 そして「チートのしょうが炒め」と「いか炒め」を食べ終えるころあいで、「パターン」もやってきた。

 ほとんどの客が注文する名物料理「パターン」は、実はメニューには載っていない。

 ゆで冷ました中華麺を、ニンニク醤油で和えて、刻みネギとゴマをトッピングするだけという、とてもシンプルなニンニク醤油冷麺が「パターン」。

 もともと、まかない料理としてお店の人が食べていたもので、大量のニンニクを、中華包丁の側面でパターン、パターンと叩いてつぶしていたから、「パターン」という呼び名になったそうだ。

「あまりにシンプル過ぎて申しわけない」

 ということで、数年前からスープも付くようになった。

 このスープがついたことで、もともとの冷麺としても楽しめるし、スープにちょいと浸して、つけ麺としても楽しめるようになった。ありがたいことである。

 今夜も最後は、店主一家のMasa 中山さんの歌で締めくくって、お勘定は二人で4,950円(ひとり当たり2,475円)。

 遅くにやってきて、ごめんなさい。どうもごちそうさま。

 店を出たところで、午後10時少し前。急げば「ホッピー仙人」に間に合うぞ! 急げ急げ!

 まだまだ大勢のお客でにぎわう「ホッピー仙人」に飛び込んで、サーバーの白ホッピー(500円)を2杯出してもらったところで、ちょうど閉店時刻を知らせるアラーム(目覚まし時計の音)が鳴り始めた。

 ホッピーを飲み干したころで「ホッピー仙人」を出て、大船方面に帰るY先輩とは、ここで解散。

 私はさらにもう1軒、「野毛ハイボール」である。

 カウンターに座り、看板メニューのハイボール(800円)をもらってくつろぐ。

 生まれ育った松山、現在自宅がある東京、仕事で10年間暮らしたここ横浜、同じく8年間暮らした呉の4箇所は、それぞれ私にとって「帰ってきたなぁ」と思える土地なのだ。

 最後にもう1杯、これまた「野毛ハイボール」名物のモスコミュール(900円)をいただいて、今宵の〆とした。どうもごちそうさま。

Img_1333a Img_1321a Img_1322a
「第一亭」のメニュー / チートのしょうが炒め / いか炒め

Img_1332a Img_1331a Img_1327a
パターン / パターンのスープ / Masa 中山さんの歌

Img_1335b Img_1337b Img_1340b
「野毛ハイボール」 / ハイボール / モスコミュール

・「第一亭」の店情報前回) / 「ホッピー仙人」の店情報前回)/ 「野毛ハイボール」の店情報前回

《平成30(2018)年7月27日(金)の記録》

|

« 夏だけのお楽しみ枝豆 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | カイト君のイカゲソ焼 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67131684

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜も野毛でハシゴ酒 … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町)他:

« 夏だけのお楽しみ枝豆 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | カイト君のイカゲソ焼 … 立呑み「やきや」(荻窪) »