« 店情報: 「旬楽館(しゅんらくかん)」(下関) | トップページ | 店情報: 鮮魚「おかもと」(下関) »

ふく料理には安岡ねぎ … 「旬楽館(しゅんらくかん)」(下関)

ふく雑炊


 下関と言えば「ふぐ」。ご当地では「ふぐ」のことは、「ふく(=福)」と呼ぶ。

 その「ふく」につきものなのが、下関市安岡地区でとれる小ネギ、「安岡ねぎ」なんだって。

 冒頭の写真で、「ふく雑炊」の上にかけられているネギが、その「安岡ねぎ」である。

 米粒の大きさと比較してみてください。ものすごく小さいでしょう!

 今夜いただいた「ふく」のコース(8,500円)では、「ふく煮こごり」、「とらふく菊盛」、「とらふく唐揚げ」、「ふくみぞれ煮」、「ふくちり鍋」、そのちり鍋のあと「ふく雑炊」、そして最後に季節の果物という7品が出された。

 そして「とらふく菊盛」にも、やっぱり「安岡ねぎ」が付いてくる。

 コースで出てきた料理は、いずれもとっても美味しかったんだけど、中でも「とらふく唐揚げ」が美味しかったなぁ。

 飲みものは、乾杯の「生ビール(中)」(600円)から始まって、すぐに「ふくひれ酒」(850円)に移行。

 この「ふくひれ酒」の、香ばしさと旨み! すばらしいね。

 「ふくひれ酒」を2杯ほどいただいたあと、「せっかくだから、地元・山口の地酒もぜひ」というオススメにしたがって、「山口銘酒・利き酒セット」(1,300円)をいただく。

 出てきたのは、「東洋美人とうようびじん」、「獺祭だっさい」、「たか」の3点セット。そうかぁ。「獺祭」も山口のお酒でしたねぇ。

「我々は『五橋ごきょう』をよく飲むんですよ」

 出張先の会社の、お酒好きの方がそう教えてくれたので、その「五橋」(300ml瓶、1,300円)もいただいた。

 「五橋」は、岩国(山口県)の地酒。魚介類に合う酒として製造されたんだそうな。

 「名物にうまいものなし」なんて言葉もありますが、下関の名物「ふく」はうまいっ! そして日本酒もうまいっ! 値段はちょっと高いけどね……。

 大満足、大満腹の夜となりました。どうもごちそうさま。

Shunraku_010a Shunraku_015a Shunraku_040a
「旬楽館」 / ふくコース(公式写真) / ふく煮こごり(公式写真)

Shunraku_020a Shunraku_030a Img_4625a
とらふく菊盛(公式写真) / とらふく唐揚げ(公式写真) / 山口銘酒「利き酒セット」など

店情報

《平成30(2018)年7月24日(火)の記録》

|

« 店情報: 「旬楽館(しゅんらくかん)」(下関) | トップページ | 店情報: 鮮魚「おかもと」(下関) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/67123470

この記事へのトラックバック一覧です: ふく料理には安岡ねぎ … 「旬楽館(しゅんらくかん)」(下関):

« 店情報: 「旬楽館(しゅんらくかん)」(下関) | トップページ | 店情報: 鮮魚「おかもと」(下関) »